蓄電池補助金、補助額が3倍の30万円/kWに、申請期間も1年間延長

2016年04月13日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

蓄電池補助金、補助額が3倍の30万円/kWに、申請期間も1年間延長の写真

本コラムでは、蓄電池と再エネ設備で利用できる「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」について概要を見ていきたいと思います。公募期間が1年間延長され、補助額の計算も申請者にとって有利な改革が実施されました。

再エネ発電に蓄電池を設置、系統の負担軽減で国からの補助

平成28年度も継続して利用できる蓄電池の補助金として、「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」が挙げられます。この補助金は、系統へ与える出力不安定性を調整するために、再生可能エネルギー発電事業者等が蓄電システムを導入する事業に要する経費の一部を補助するものです(図1)。

「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」は、平成26年度の補正予算から継続して続けられている事業です。そのため、平成28年度の予算として組み込まれてはいませんが、本年度も活用することが可能となっております。

補足情報:平成28年度の蓄電池に関する補助金一覧

補助金の申請対象

図1 補助金の申請対象の概要 出典:環境共創イニシアチブ

補助金額が3倍になる可能性、申請期間も1年間延長

「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」は、補助金額と申請期間共に、申請者にとってメリットのある改定が実施されました。以下にて概要を見ていきたいと思います。

申請期間の延長

これまでは、2015年11月30日の17時必着で、申請受け付けをする必要がありました。そのため、本来は申請期間が終了している筈ですが、期間が延長され、2016年11月30日17時必着となり、1年間の延長となりました。

補助金額は最大5億円

中小企業の方が、大企業よりも補助率が高く設定されています。また、補助金額の算定方法も、申請者に有利となり経済メリットが発生しやすくなりました。

補助率
  1. 中小企業等 : 補助対象経費の1/2以内
  2. 大企業   : 補助対象経費の1/3以内
補助金額

「①蓄電池の容量1kWあたり15万円」か、もしくは「②再生可能エネルギー発電設備1kWあたり30万円」の、いずれか金額の低い方が補助額となります。このうち、「②再生可能エネルギー発電設備1kWあたり30万円」は、これまで10万円の設定でしたが、2015年11月19日付で金額が3倍に引き上げられました(図2)。金額の引き上げに伴い、経済的メリットが大きくなりましたが、無制限の補助ではなく上限金額が設定されており、最大で5億円となります。

補助金要件の変更点

図2 補助金要件の変更点 出典:環境共創イニシアチブ

補助金額の計算方法

下記図のように、中小企業が申請した場合を想定し、かつ太陽光発電システム1.5MW、蓄電システムの容量9MWh、蓄電システムの導入コストが9億の場合、4.5億円の補助金額となります(図3)。下記にて4.5億円となった計算の過程を記載したいと思います。

まず、蓄電システムの導入コストが9億円なので、9億円×1/2で、4億5000万円が上限となります。

次に、蓄電システムの容量を見ます。9MWhなので、9000Kwh×15万円の13億5千万円となります。

太陽光発電システムは1.5MWhなので、1500kW×30万円の4億5千万円 となります。

この中で最小の金額が補助金額になるので、4億5000万円となります。従来であれば、太陽光発電システムに関する金額の計算が、kWあたり30万円ではなく10万円だったので、1500kW×10万円の1億5000万円となっていました。それが、現状の計算方法では、1億5000万円の3倍である4億5000万円という金額になります。

補助金申請額の例

図3 補助金申請の例 出典:環境共創イニシアチブ

太陽光発電設備は、概ね10kW以上が申請対象

太陽光発電設備の場合、概ね10kW以上が申請対象の基準となります(東京、中部、関西は除く)。風力発電に関しては、全ての一般電気事業者管内で、出力20kW以上が申請対象となります(図4)。

上記のような申請基準がありますが、、電気事業者より出力制御対象と認定されている場合は、例外的に対象となります。また、これら再エネ設備は、電気の供給が開始されていない事業である必要があります。そのため、既に電気を供給している設備は対象となりません。

補助対象機器の一覧表

図4 補助対象の再エネ設備 出典:環境共創イニシアチブ

対象経費は、蓄電システム機器や工事費などが対象

「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」の対象経費は、蓄電システムの機器本体や、工事費などです。再生可能エネルギー発電の設備費、工事費は対象となりません。

また、システムの蓄電容量が10kWh未満の場合は申請対象となりません。そのため、申請するためには10kW以上の蓄電システムが必要となります。対象経費の詳細につきましては、下記の表をご参考下さい。

対象経費の一覧表

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

東京電力と中部電力が火力発電事業を統合、5年以内に1000億円/年の効果を目指すの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月13日

新電力ネット運営事務局

東京電力と中部電力が火力発電事業を統合、5年以内に1000億円/年の効果を目指す

6月8日、東京電力フュエル&パワー(東京電力ホールディングス株式会社の100%子会社)と中部電力は、JERAへの統合に係る合弁契約書を締結したと発表しました。JERAは「国内発電事業の競争力強化」などの方策を進め、統合後5年以内に1000億円以上/年の効果創出を目指します。

中部電力、北陸電力、関西電力の3社が連携、送配電部門の効率化に向けた検討開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年06月07日

新電力ネット運営事務局

中部電力、北陸電力、関西電力の3社が連携、送配電部門の効率化に向けた検討開始

6月2日、中部電力、北陸電力、関西電力の3社は、送配電部門において相互連携による一層の効率化に向けた検討を行うと発表しました。広域的なインバランスネッティングや広域メリットオーダーを考慮することにより、効率的な調整が推進される予定です。

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月26日

新電力ネット運営事務局

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込

4月21日、経済産業省は改正FIT法に伴う認定失効について、全国で45.6万件が失効する見込みだと発表しました。出力ベースに換算すると2766万kWとなる見込みであり、認定された出力全体の約4分の1にあたる規模となります。

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクトの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月14日

新電力ネット運営事務局

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクト

4月11日、「再生可能エネルギー・水素等関係府省庁連絡会議」の第1回が開催され、水素・再エネの導入拡大に向けた取り組みが検討されました。このコラムでは、今後5年間程度の再生可能エネルギー導入拡大に向けた、各府省庁の連携プロジェクトについて見ていきます。

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月11日

新電力ネット運営事務局

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象

昨今、国際的にもCO2排出抑制に対する意識が高まっており、経済的かつ効果的な対策の重要性が増しています。そうした中、事業者による省エネの取り組みを促進するため、省エネ診断に係る費用を補助する制度が実施されます。5月から受付開始ですが、4月中の予約で上限まで埋まる可能性の高い補助金となっています。