凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化

2016年03月10日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化の写真

3月10日、凸版印刷(本社:東京都千代田区)は、屋内の光だけで稼働する電子ペーパーPOPを開発したと発表しました。スーパーやドラッグストアなどの店頭販促向けPOPとして、2016年度内のサンプル出荷を目指します。

印刷業界2強の一角、電子ペーパーPOPで環境負荷低減、高い顧客訴求力も

凸版印刷が開発した電子ペーパーPOPは、太陽光パネルの発電のみで稼働するため、メンテナンスフリーとなります。

液晶パネル型POPの場合、紙と比較すると訴求力を高めることが可能ですが、電力確保や電池交換が必要です。さらに、定期的なメンテナンス・設置場所の制限・環境負荷の大きさが課題となっていました。凸版印刷の電子ペーパーPOPは、液晶パネルが抱えていた課題を解決する特性を持っています。

環境負荷低減

電子ペーパーは電力消費量が非常に少ないです。そのため、屋内の光さえあれば太陽光パネルの電力のみで稼働可能であり、かつ繰り返し使用することが可能となります。

リユースによる継続利用が可能

POPに表示する内容は表面のフィルムを差し替えるだけで簡単に変更することが可能です。従来の使い捨てPOPとは異なり、リユースによる継続利用を実現しています。

高い顧客訴求力

電子ペーパーの特長を活かした表示情報の強調が可能であり、消費者に向けて高い訴求力を発揮します(図1)。従来POPとの差別化を図ることができます。

電子ペーパーを利用したPOPの写真

図1 電子ペーパーPOPのイメージ 出典:凸版印刷

これまでも高い技術で電子ペーパーの成長を牽引

凸版印刷による電子ペーパの応用は多岐にわたり、例えば2016年2月10日には、電子ペーパー技術を活用したイヤーアクセサリ「VIEWS(ビューズ)」を開発したと発表しました。正三角形のセグメント型カラー電子ペーパーを正四面体の側面に搭載することで、それぞれの絵柄を好みのデザインに書き換えられるイヤーアクセサリとなります(図2)。

「VIEWS(ピアス形状)」(左)と、「VIEWS(イヤリング形状)」の装用イメージ(右)

図2 「VIEWS(ピアス形状)」(左)と、「VIEWS(イヤリング形状)」の装用イメージ(右) 出典:凸版印刷

電子ペーパーに関する国内初の試みとしては、例えば「白黒赤の3色に表示切替が可能なフレキシブル電子ペーパーディスプレイ」の開発が挙げられます。薄くて曲げることができ、白黒赤の3色に表示切替が可能な部分が特徴です。他にも、「バッテリーレスで無線LANによる表示書き換えが可能なタブレットサイズの電子ペーパー表示機」を国内初で開発しており、今後も高い技術力を活かした製品開発が期待されます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

ダイヘン、電気自動車のワイヤレス充電システムを日本で初めて商品化の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月02日

新電力ネット運営事務局

ダイヘン、電気自動車のワイヤレス充電システムを日本で初めて商品化

11月1日、ダイヘンは電気自動車の非接触充電を可能とするワイヤレス充電システムを日本で初めて商品化し、実証試験用として国内外での受注を開始したと発表しました。電力補充の簡便化が期待され、例えば、駐車場に設置することで、充電ケーブル接続の手間もなく、買い物をしている間に充電することが可能となります。

「空気呼吸」バッテリーをMITが開発、硫黄や塩など安価な素材で製造、コスト効率は揚水に匹敵の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月17日

新電力ネット運営事務局

「空気呼吸」バッテリーをMITが開発、硫黄や塩など安価な素材で製造、コスト効率は揚水に匹敵

10月11日、マサチューセッツ工科大学(MIT)が「空気呼吸」をする安価な蓄電池を開発したと発表しました。硫黄、空気、水、塩といった、すべて容易に入手可能な材料から構成されており、化学的コスト(正極、負極、電解質材料)は、リチウムイオン電池といった競合の約10~100分の1です。経済分析によれば、コスト効率はPHSやCAESに匹敵するものになります。

太陽光などの光を蓄え発光する「蓄光」、九州大学が世界初のレアメタル不要なメカニズム実現の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年10月03日

新電力ネット運営事務局

太陽光などの光を蓄え発光する「蓄光」、九州大学が世界初のレアメタル不要なメカニズム実現

10月3日、九州大学はレアメタル不要な新しい蓄光メカニズムを実現したと発表しました。世界初の有機材料を使った蓄光システムとなり、既存の無機蓄光材料には不可欠なレアメタルを一切含みません。塗料や繊維など新しい用途への幅広い展開が可能となり、蓄光材料の普及に広く貢献するものと期待されます。

トイレットペーパーから電気を作る、コストは住宅用太陽光発電設備に匹敵の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月26日

新電力ネット運営事務局

トイレットペーパーから電気を作る、コストは住宅用太陽光発電設備に匹敵

9月12日、アムステルダム大学は廃棄されるトイレットペーパーを電気に変換する技術経済分析について発表しました。トイレットペーパーに多く含まれるセルロースは樹木に由来するため、生産される電気は再生可能であり、発電コストは住宅用太陽光発電に匹敵する結果となりました。

東北大学、透明で曲がる太陽電池を開発 、ディスプレイや窓で発電が可能にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年09月22日

新電力ネット運営事務局

東北大学、透明で曲がる太陽電池を開発 、ディスプレイや窓で発電が可能に

9月21日、東北大学は透明かつフレキシブルな太陽電池の開発に成功したと発表しました。車のフロントガラスやビルの窓、携帯電話ディスプレイの表面、さらには人体の皮膚等あらゆる場所へ太陽電池を設置することが可能となります。