ローソンが電気販売、月間約12000円利用で年間約5300円お得に

2016年02月27日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

ローソンが電気販売、月間約12000円利用で年間約5300円お得にの写真

電力自由化に向け、三菱商事とローソンが共同設立した新電力、MCリテールエナジーが「まちエネ」として家庭向け電気料金プランを発表しました。このコラムでは、「まちエネ」が販売する電力の概観を見ていきたいと思います。

ローソンと三菱商事が設立した新電力

ローソンと三菱商事が設立したMCリテールエナジーは、2016年4月の電力小売全面自由化に伴い、電気料金プラン「まちエネ」を発表しました。

東京電力の従量電灯B/Cで月の電力使用量が約12000円の家庭が「まちエネ」に切り替えた際、年間約5300円お得になります。利用量が多い需要家であるほど、料金削減の効果が上がります(図1)。料金削減のほかにも、ローソンなどで利用できるPontaポイントを付与するサービスも展開していきます。

ローソンの電気プラン概要

図1 料金削減のイメージ 出典:MCリテールエナジー

「まちエネ」の電気料金プラン

「まちエネ」の電気料金プランは1種類とシンプルな構成になっています。東京電力の「従量電灯B/C」と同様、アンペアごとの基本料金と3段階制の電力量料金で構成されます。基本料金と300kWhまでの電力量料金は「従量電灯B/C」と全く同じで、300kWh以上(目安:月間8100円以上)の単価のみ、約9%安い27.24円に設定されています(図2)。

まちエネと東京電力プランの比較

図2 まちエネと東京電力「従量電灯B/C」の比較 出典:MCリテールエナジー

ポンタポイント

1000円の電気代利用ごとに、ポンタポイントが10ポイント貯まります。1ポイントは1円として利用することができるほか、ローソンの「お試し引換券」と交換するなどが可能です。お試し引換券は、ローソンの製品と引き換えられる券であり、例えば120ポイント(120円相当)で食品(250円相当)と交換できます。時期により、引き換えできる商品は異なり、お試し引換券のラインナップによっては、よりお得に引き換えることも可能です。

供給エリア

電力供給エリアは、東京電力エリア内の、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、山梨県、静岡県の一部(富士川以東)です。(離島を除きます)

申込方法

「まちエネ」のWebサイト上、もしくは書面にて申込が可能となっています。ただし、ローソン店舗での申込は現在のところ受け付けていない、とのことなので注意が必要です。

まちエネの申し込み方法

出典:MCリテールエナジー

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

国産では初となる「らせん水車」が始動、日本工営が自社開発・製造の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月25日

新電力ネット運営事務局

国産では初となる「らせん水車」が始動、日本工営が自社開発・製造

国産では初となる商用の「らせん水車」が、岩手県一関市において4月10日に運転を開始しました。今回の「らせん水車(八幡沢発電所)」の開発・製造は日本工営が実施、同社は1946年の創業以来、多面的に国内外の水力発電事業に携わってきた歴史があります。

経産省などがドローン活用のガイドライン策定、電力業界への広まりとテラドローン社による取り組みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年04月16日

新電力ネット運営事務局

経産省などがドローン活用のガイドライン策定、電力業界への広まりとテラドローン社による取り組み

2019年3月に公開されたドローン活用のガイドラインにより、ドローンを安全に活用するための指標や方法が提示されました。そのため今後は、より本格的なドローン活用が進んでいくものと考えられます。特に近年は、テラドローン社がエネルギー業界向けのソリューションを次々と開発しており、本記事ではそれら概要を見ていきます。

電力データでビジネス支援、「グリッドデータバンク・ラボ」設立、9電力が参与の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年03月14日

新電力ネット運営事務局

電力データでビジネス支援、「グリッドデータバンク・ラボ」設立、9電力が参与

東京電力パワーグリッドは3月5日、様々なデータを活用し、社会課題の解決や新たな価値の創出を目的とした「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」をNTTデータと協力して設立したと発表しました。

東工大×リコー×産総研、超省エネの原子時計を開発、自動運転などの実現に一歩前進の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年02月26日

新電力ネット運営事務局

東工大×リコー×産総研、超省エネの原子時計を開発、自動運転などの実現に一歩前進

東京工業大学、リコー、産業技術総合研究所の研究グループは、消費電力が極めて低い小型の原子時計を開発したと発表しました。周波数シンセサイザの消費電力を大幅に削減し、温度制御の効率を向上させることで、60mWという低消費電力と15cm3という極小サイズを実現しています。

世界最大の蓄電システム、1年間の稼働で45億円の節約、設置費用は75億円の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年01月09日

新電力ネット運営事務局

世界最大の蓄電システム、1年間の稼働で45億円の節約、設置費用は75億円

世界最大の蓄電池を管理するAureconが、そのパフォーマンスと市場への影響などを記したレポートを発表しました。一年間の運用により、約4000万ドルの節約につながったほか、電力インフラの信頼性の向上にも寄与したとしています。