改正FITが始まり生まれる新サービス、太陽光発電の新しい認定基準に対応した看板ビジネス

2017年04月03日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

改正FITが始まり生まれる新サービス、太陽光発電の新しい認定基準に対応した看板ビジネスの写真

3月31日、太陽光発電設備のメンテナンス等を展開するテクノケアが、改正FIT法に対応した標識の取り扱いを開始すると発表しました。改正FITにおいては、20kW以上の太陽光発電に標識を掲示することが義務付けられており、今後広まるニーズをくみ取ったサービスとなります。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

改正FIT、認定に新しい基準、テクノケアが新サービスで対応

固定価格買い取り制度(FIT)の改正法が4月1日に施行され、認定基準に保守強化などが新たに加えられることとなります(図1)。これまで以上に保守・メンテナンスの重要性が高まってくると想定されますが、再エネの保守・管理・メンテナンスに特化した事業を展開するテクノケアが、改正FITに適応するための新サービスを開始すると発表しました。

新認定制度「事業計画認定」の概要

図1 新認定制度「事業計画認定」の概要 出典:資源エネルギー庁

改正FIT、20kW以上の太陽光発電では標識の掲示が必須

改正FITにおいてはこれまでと異なり、20kW以上の太陽光発電設備において、見えやすい場所に以下の項目が記載された標識を掲示することが義務付けられました(屋根に設置されている場合は、所有者が特定できるため省略が可能です)。記載される内容は提出した事業計画の内容と一致することが求められ、大きさは縦25cm以上×横35cm以上と定められています。そうした基準に対応した看板を、テクノケアは提供開始します(図2)。

標識は、土地の開発・造成の工事開始後、速やかに掲示することが必要です。また、強風等で標識が外れないようにする必要があり、加えて風雨により劣化・風化し文字が消えることがないよう、適切な材料を使用することとされています。標識の掲示期間については、FIT法に基づく売電が終了するまでとなります。

なお、平成29年3月31日以前に認定を受けている発電設備については、改正後のFIT法の認定を受けたものとみなされた日から1年以内に(この時点で着工前である場合は着工後速やかに)標識を掲示することが必要です。

記載項目(平成29年3月時点)
  1. 再生可能エネルギー発電設備の区分
  2. 設備名称
  3. 設備ID
  4. 設備所在地
  5. 発電出力
  6. 再生可能エネルギー発電事業者名、住所
  7. 保守点検責任者名
  8. 連絡先
  9. 運転開始年月日
標識のイメージ

図2 標識のイメージ 出典:テクノケア

立ち入り禁止の看板にも対応

FIT独自の基準、そして関係法令に依拠する基準において、50kW未満の低圧の太陽光発電設備を設置する場合であっても、高圧以上と同様に立入防止措置を実施する必要があります(第三者が容易に発電設備に近づくことができないケースは除きます)。具体的には、発電設備と柵塀等との距離を空けるようにした上で、構内に容易に立ち入ることができないような高さの柵塀等の設置が必要です。また、その柵塀等については、第三者が容易に取り除くことができないものとする必要があります(図3)。

ガイドライン記載事項の具体例(全電源共通事項)

図3 ガイドライン記載事項の具体例(全電源共通事項) 出典:資源エネルギー庁

柵塀等の設置の他にも、立ち入り禁止看板の設置が必要であり、それは太陽光発電の事業計画策定ガイドライン上に記載されています。そうした観点から、テクノケアはガイドラインに則した立ち入り禁止看板についてもサービス提供しております(図4)。

テクノケアはこれまで再エネの保守・管理・メンテナンスに特化した事業を展開しておりますが、設備の保守メンテナンスが実質義務化した改正FITにおいて、培ってきたノウハウを生かした事業を展開していくものと思われます。改正FITにより新しい枠組みが形作られましたが、今回の看板サービスのように、様々な企業において新しいビジネスが活発に生まれていくことが期待されます。

立ち入り禁止看板のイメージ

図4 立ち入り禁止看板のイメージ 出典:テクノケア

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月20日

新電力ネット運営事務局

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術

4月20日、NEDOと早稲田大学、エネルギー総合工学研究所は、圧縮空気エネルギー貯蔵システムの実証試験を開始したと発表しました。従来、風力発電は天候による出力変動が課題でしたが、電気が余っているときに圧縮空気とすることで蓄電池のような役割を持たせることができます。

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月18日

新電力ネット運営事務局

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高

帝国データバンクによると、福岡のZEN POWER(資本金3000万円、福岡市博多区博多駅前2-3-7)は、2016年12月22日に福岡地裁へ自己破産を申請、4月5日に同地裁より破産手続き開始決定を受けました。FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の太陽光関連の倒産となります。

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクトの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月14日

新電力ネット運営事務局

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクト

4月11日、「再生可能エネルギー・水素等関係府省庁連絡会議」の第1回が開催され、水素・再エネの導入拡大に向けた取り組みが検討されました。このコラムでは、今後5年間程度の再生可能エネルギー導入拡大に向けた、各府省庁の連携プロジェクトについて見ていきます。

改正FITが始まり生まれる新サービス、太陽光発電の新しい認定基準に対応した看板ビジネスの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月03日

新電力ネット運営事務局

改正FITが始まり生まれる新サービス、太陽光発電の新しい認定基準に対応した看板ビジネス

3月31日、太陽光発電設備のメンテナンス等を展開するテクノケアが、改正FIT法に対応した標識の取り扱いを開始すると発表しました。改正FITにおいては、20kW以上の太陽光発電に標識を掲示することが義務付けられており、今後広まるニーズをくみ取ったサービスとなります。

地熱資源が世界2位のインドネシアで世界最大の地熱発電IPP、出力100MW超えの初号機が運転開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月24日

新電力ネット運営事務局

地熱資源が世界2位のインドネシアで世界最大の地熱発電IPP、出力100MW超えの初号機が運転開始

3月22日、九州電力は「インドネシア・サルーラ地熱IPPプロジェクト」について、初号機の営業運転を開始したと発表しました。単一開発契約としては世界最大規模の地熱発電IPPとなり、30年間にわたってインドネシア国有電力会社に売電するものです。