日本初、排出権などの「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォームが創設予定

2017年03月30日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

日本初、排出権などの「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォームが創設予定の写真

3月27日、楽天はグローバルエンジニアリングと協力し、排出権などの「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォーム創設に向け、共同で取り組むことに合意したと発表しました。国内では初の事例となり、取引活性化や各分野におけるイノベーティブな技術の導入促進を目的としています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

国内初、楽天とグローバルエンジニアリングが「環境価値」と「ネガワット」プラットフォーム創設

楽天とグローバルエンジニアリングは3月27日、「環境価値」と「ネガワット」の私設取引プラットフォーム創設に向けて共同で取り組むことに合意しました。今回の合意に基づき、両社は今秋に私設取引プラットフォームを創設する予定です。

なお、今回のプラットフォームは国内初の事例となり、①J-クレジット、②排出権、③非化石証書といった「環境価値」のほか、「ネガワット」の取引を行うことができます(図1)。

近年、CO2排出オフセットツールとしてJ-クレジットや排出権取引が注目される一方、価格が相対取引等で不透明な部分も多く、活発な取引がなされておりません。また、IoTや太陽光発電などを活用し、節電した電力量を売買できる「ネガワット取引市場」は、取引が活性化されるかは不透明な状況です。

そうした環境の中、今回のプラットフォームの目標の1つは、各取引におけるオープンな価格設定を実現するものです。それにより、取引活性化や各分野におけるイノベーティブな技術導入の促進が見込まれてます。このプラットフォームは、これから創設に向けて検討などが進められますが、「J-クレジット」については、プラットフォーム創設に先行し、3月27日より楽天ウェブサイトにおいて取引仲介サービスが開始されます。

私設取引プラットフォームの概要

図1 私設取引プラットフォームの概要 出典:楽天

なお、今回のプラットフォーム創設に関わる2社は、電力ビジネスに関する蓄積があり、グローバルエンジニアリングは、デマンドレスポンスサービスや発電設備の販売・メンテナンスを事業として展開しています。そのほか、経済産業省の実証事業「バーチャルパワープラント構築事業費補助金(アグリゲーター事業)」に参加する1社として、社会に分散するエネルギーリソースを統合的に制御し、あたかも一つの発電所のように機能する仮想発電所の構築を推進しています。

楽天に関しては2013年6月、電力を中心としたエネルギーソリューションサービスを提供する「楽天エナジー」を立ち上げています。楽天エナジーは2013年より「iシェアリングサービス」を開始、電気の使用状況に応じて電力使用料金やインセンティブなどが変わる「デマンドレスポンス」や、新電力活用のコンサルティングといった様々な手法で、コスト削減を提案しています。

J-クレジットについて

今回のプラットフォームの概要を把握するためにも、まずはプラットフォームで取引されるJ-クレジットの概要を見ていきます。J-クレジット制度とは、CO2などの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度です。省エネルギー機器の導入や再生可能エネルギーの活用、森林経営などの取組が対象となります。本制度は、国内クレジット制度とオフセット・クレジット(J-VER)制度が発展的に統合したものです。

一定基準を満たした「J-クレジット」は売却、購入が可能です。本制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用できます。今回の私設取引プラットフォームでは、クレジットの売買を通じ「楽天の森」をはじめとする環境保全活動が推進される予定です(図2)。

私設取引プラットフォームによるJ-クレジット取引

図2 私設取引プラットフォームによるJ-クレジット取引 出典:楽天

ネガワット取引について

次にJ-クレジットと同様、プラットフォームで取引されるネガワットについて見ていきます。ネガワットとは、需要家が節電したことによって余った電力量を、発電した電力とみなすことにより得られる付加価値です。

つまり、需要側の努力で節電することによって、それは発電した電気と見なされるので、需要側は報奨金を得ることができる新しい取り組みとなります(図3)。欧米等の先進国ではすでに導入されており、例えば仏国の「FRRm」や米国の「Synchronized Reserves」があります。

私設取引プラットフォームとネガワット取引

図3 私設取引プラットフォームとネガワット取引 出典:楽天

環境価値やネガワット、国としても推進

今回のプラットフォームで取引される「環境価値」と「ネガワット」について、近年の動向を簡単に見ていきます。まず、環境価値の動向の1つとして、「非化石価値取引市場」のFIT電源分が2017年(全非化石電源は2019年度)に導入される目安です。

また、ネガワット取引に関しても国として推進しており、「未来投資に向けた官民対話」(2015年11月)における安倍総理の発言から、2017年4月に本格的に開始されます(図4)。

ネガワット取引について

図4 ネガワット取引について 出典:資源エネルギー庁

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

業界初、エネルギーハーベスティングによるIoT技術を活用したスマート農業の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月17日

新電力ネット運営事務局

業界初、エネルギーハーベスティングによるIoT技術を活用したスマート農業

4月25日、ふくしま未来農業協同組合は、NTT東日本の圃場センシングソリューションを導入し、4月より運用を開始したと発表しました。果樹の防霜対策を目的としており、業界初のエネルギーハーベスティングによるスマート農業の推進事例となります。

家庭用の蓄電池を「ブロックチェーン」で統合、再エネの出力制御を抑えるプロジェクト始動の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月08日

新電力ネット運営事務局

家庭用の蓄電池を「ブロックチェーン」で統合、再エネの出力制御を抑えるプロジェクト始動

5月2日、欧州の大手送電事業者TenneT社とドイツの蓄電池開発などを手がけるsonnen社は、再エネの出力変動が及ぼす送電網への影響を抑える実証プロジェクトを共同で開始すると発表しました。複数の家庭用蓄電池を「ブロックチェーン」で制御することで、再エネの出力制御を軽減することが期待されます。

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月24日

新電力ネット運営事務局

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功

4月20日、Liliumはドイツのバイエルン州において、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」の飛行試験が成功したと発表しました。電動のため環境や騒音への影響が少なく、滑走路も必要でないことから、都市部での利用可能性も期待できます。

ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月19日

新電力ネット運営事務局

ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見

3月30日、ケンブリッジ大学はイースト・アングリア大学、東フィンランド大学とのチームにおいて、変換効率がほぼ100%のディスプレイを開発したと発表しました。分子を回転させるこの新技術により、これまでより明るく・省エネでかつ長寿命なポテンシャルを実現します。

電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月17日

新電力ネット運営事務局

電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定

4月4日、シーメンスは電気飛行機「330LE」のプロトタイプにおいて、世界最高記録である340km/hを達成したと発表しました。重量わずか50kgのモーターで260キロワットの出力を実現し、グライダーを76秒で600メートルまで引き上げる牽引力もあります。