東北電力、風力発電が「30日等出力制御枠」に到達、無補償の出力制御への同意が必要に

2017年02月06日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

東北電力、風力発電が「30日等出力制御枠」に到達、無補償の出力制御への同意が必要にの写真

2月3日、東北電力は風力発電設備が接続可能量(30日等出力制御枠)へ到達したと発表しました。これにより、今後は風力発電の系統連携を申し込む際には、年間720時間を超えた無補償での出力制御に同意することが必要となります。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

風力発電、接続可能量(30日等出力制御枠)へ到達

太陽光発電と風力発電は天候などの不確定要素による出力変動が大きいため、発電電力の全てが利用されると系統に多大な影響を及ぼします。そのため、固定価格買取制度において、電力会社は太陽光の場合は360時間、風力の場合は720時間を上限として、出力制御を無補償で行うことができます。ただ、段々と風力発電の電源規模が大きくなると、720時間以上の出力制御を実施しないと追加的に再エネ等を受入不可能となる分岐点に到達します。

その追加的な受け入れが不可能になると考えられている発電量が「30日等出力制御枠」と呼ばれています。この「30日等出力制御枠」ですが、東北電力の場合は平成27年11月に開催された「新エネルギー小委員会第7回系統ワーキンググループ」において、251万kW(風力発電)と決定しています。

今回の発表は、2月2日時点にて接続申込み量(接続済みを含む)が251万kWに到達したというものです。これにより、平成29年2月3日以降、東北電力への風力発電設備の接続を希望する場合、年間720時間を超えた無補償での出力制御に同意することが必要となります(図1)。固定価格買い取り制度を活用して風力発電を設置する事業者としては、出力制御の上限がなくなるので、採算性を予測することが難しくなると考えられます。

風力発電設備の系統連系申込日に応じた出力制御の適用の考え方

図1 風力発電設備の系統連系申込日に応じた出力制御の適用の考え方 出典:東北電力

揚水運転等の措置を講じても超過する部分が出力制御の対象に

風力発電の出力制御は、火力発電の抑制、揚水発電の揚水運転等の措置を講じても、電力の供給量が需要を超過することが見込まれる場合に行われます。また、電力需要の状況や気候などにより出力制御の必要性は変わるため、無保証による出力制御量は固定値ではなく、変動幅が生まれることとなります。

「30日等出力制御枠」の考えにおいては、可能な限り再エネ利用できる電力量を確保するため、火力電源を最低出力とするほか、あまった電気は揚水運転にまわすといった措置がとられます(図2)。つまり、今回の風力発電における接続申込み量の「30日等出力制御枠」到達は、揚水活用などが実施された上でなお余剰出力を吸収できなくなった状況になったといえます。

「接続可能量」の算定方法に関する考え方

A.太陽光・風力の出力が大きい状況では、火力電源を安定供給に必要な最低出力とする。

B.その上で、電気の供給量が需要量を超過する場合、まずは揚水運転を実施し、できる限り余剰の再エネ電気を吸収。

C.それでもなお、太陽光・風力の余剰電力が発生する場合は、年間30日、年間360時間(太陽光)、年間720時間(風力)を上限とする出力制御を実施。

D.1発電所当たりの再エネ電気の出力制御日数が年間360時間(太陽光)、年間720時間(風力)まで達するまで、太陽光発電・風力発電を受入れることとし、「接続可能量」を算定。

「接続可能量」の算定方法に関する考え方

図2 「接続可能量」の算定方法に関する考え方 出典:資源エネルギー庁

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月28日

新電力ネット運営事務局

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWh

4月28日、ソフトバンクグループのSBエナジーと三菱UFJリースは、大規模太陽光発電所である「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク 2」を設置し、共同で発電事業を行うと発表しました。出力規模は約 64.6MWとなり、蓄電池併設型の太陽光発電としては国内最大級となります。

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月26日

新電力ネット運営事務局

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込

4月21日、経済産業省は改正FIT法に伴う認定失効について、全国で45.6万件が失効する見込みだと発表しました。出力ベースに換算すると2766万kWとなる見込みであり、認定された出力全体の約4分の1にあたる規模となります。

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月20日

新電力ネット運営事務局

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術

4月20日、NEDOと早稲田大学、エネルギー総合工学研究所は、圧縮空気エネルギー貯蔵システムの実証試験を開始したと発表しました。従来、風力発電は天候による出力変動が課題でしたが、電気が余っているときに圧縮空気とすることで蓄電池のような役割を持たせることができます。

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月18日

新電力ネット運営事務局

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高

帝国データバンクによると、福岡のZEN POWER(資本金3000万円、福岡市博多区博多駅前2-3-7)は、2016年12月22日に福岡地裁へ自己破産を申請、4月5日に同地裁より破産手続き開始決定を受けました。FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の太陽光関連の倒産となります。

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクトの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月14日

新電力ネット運営事務局

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクト

4月11日、「再生可能エネルギー・水素等関係府省庁連絡会議」の第1回が開催され、水素・再エネの導入拡大に向けた取り組みが検討されました。このコラムでは、今後5年間程度の再生可能エネルギー導入拡大に向けた、各府省庁の連携プロジェクトについて見ていきます。