高圧・特高の販売実績がある新電力、1年間でほぼ倍増の136社に

2016年06月04日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

高圧・特高の販売実績がある新電力、1年間でほぼ倍増の136社にの写真

5月25日に資源エネルギー庁が更新した電力調査統計によると、新電力(高圧・特別高圧)の販売実績がある企業は2月時点で128社であったのに対し、3月では136社と8社増加しました。徐々に販売実績のある新電力は増えており、年間で見ると65社が新規に販売開始しています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

高圧部門で販売実績のある新電力、1ヶ月間で8社増加

2016年3月における高圧部門で販売実績のある企業数は136社でした。2015年の3月時点では71社であっため、1年間で65社増え2倍近くまで伸びています。それに伴い、新電力が占める高圧のシェアは約7%から11%になり、特別高圧も約4.1%から5.5%まで増加しました(図1)。

セグメント別シェアと企業数の推移

図1 セグメント別シェアと企業数の推移 出典:資源エネルギー庁資料より作成

下記の表は、2015年3月以降から2016年3月までの1年間で、新規で高圧・特別高圧の販売を開始した65社の新電力一覧です。電力量は、2016年3月の販売実績を表しています。販売量が大きい順に上から並べてありますが、王子・伊藤忠エネクス電力販売がトップで37389MWhとなっています。次点で、地球クラブ(8759MWh)、アイ・グリッド・ソリューションズ(8582MWh)、アシストワンエナジー(8333Mwh)と続きます(表1)。

特別高圧 高圧 合計(MWh)
王子・伊藤忠エネクス電力販売 9 37380 37389
地球クラブ 0 8759 8759
アイ・グリッド・ソリューションズ 0 8582 8582
アシストワンエナジー 0 8333 8333
東京急行電鉄 0 7506 7506
ウエスト電力 0 5238 5238
Looop 71 4338 4409
北海道瓦斯 1069 2876 3945
伊藤忠商事 749 2999 3748
須賀川瓦斯 0 2670 2670
大一ガス 0 2424 2424
コンシェルジュ 619 1492 2111
S-CORE 2049 0 2049
生活協同組合コープこうべ 0 2047 2047
いちたかガスワン 0 1953 1953
アンフィニ 424 1526 1950
MBエナジー 1947 0 1947
東燃ゼネラル石油 0 1500 1500
緑新電力 0 1494 1494
生活クラブエナジー 0 1411 1411
日立造船 847 443 1290
アップルツリー 0 1084 1084
NFパワーサービス 0 1077 1077
みやまスマートエネルギー 0 1063 1063
タクマエナジー 209 707 915
川重商事 0 837 837
はりま電力 0 833 833
凸版印刷 625 191 816
西部瓦斯 381 392 774
一般財団法人泉佐野電力 0 662 662
アドバンテック 0 546 546
宮崎パワーライン 0 512 512
合同会社北上新電力 0 451 451
イーエムアイ 0 441 441
御所野縄文電力 15 397 412
リミックスポイント 0 406 406
愛知電力 0 397 397
パシフィックパワー 0 379 379
東芝 0 313 313
リレボ 0 301 301
長崎地域電力 0 288 288
和歌山電力 0 268 268
大和エネルギー 0 207 207
バランスハーツ 0 199 199
湘南電力 0 184 184
水戸電力 0 153 153
芝浦電力 0 126 126
エナジードリーム 0 121 121
エネックス 0 113 113
ネクストエナジー・アンド・リソース 0 110 110
エコエンジニアリング 0 98 98
大阪ガス 0 88 88
いこま電力 0 85 85
近畿電力 0 84 84
新電力おおいた 0 80 80
JNCパワー 74 0 74
リコージャパン 0 55 55
太陽ガス 0 42 42
ネオインターナショナル 0 41 41
HTBエナジー 0 40 40
津軽あっぷるパワー 0 32 32
みんな電力 0 30 30
豊通ニューエナジー 0 13 13
滋賀電力 0 7 7
池見石油店 0 6 6

表1 一年間で新規に販売開始した新電力一覧(上から販売量順) 出典:資源エネルギー庁資料より作成

3月の販売実績、エネットがトップの982228Mwh

2016年3月における販売実績では、エネットがトップの982228Mwhとなっております。一方、王子・伊藤忠エネクス電力販売は、直近1年間で台頭した新電力としてはトップの販売量ですが、全体で見ると19位であり、エネットと比較すると、約26倍もの開きがあります(図2)。

このように、既存の新電力の存在感がまだまだ強い一方、参入企業数も一年間で2倍近くになり、着実に勢力を伸ばしています。2016年4月からは電力小売りの全面自由化が始まったため、今後はより電力業界への参入が加速していくと考えられます。

新電力会社の販売量ランキング(3月実績値)

図2 新電力会社の販売量ランキング(3月実績値) 出典:資源エネルギー庁資料より作成

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

電力自由化から一ヶ月、新電力切替は約82万件、各地域の趨勢を見るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月10日

新電力ネット運営事務局

電力自由化から一ヶ月、新電力切替は約82万件、各地域の趨勢を見る

5月10日、電力広域的運営推進機関は4月30日時点で約82万件が新電力への切り替えを申請したと発表しました。全国における家庭部門の電力契約数は約7800万件のため、電力自由化が始まってから一ヶ月間で、全体の約1%が電力会社を切り替えた計算となります。

都市ガス小売りの普及ポテンシャルの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年09月18日

新電力ネット運営事務局

都市ガス小売りの普及ポテンシャル

都市ガス事業の採算性について、ガス事業者の現状を基に概要を見ていきます。加えて、ガス事業者の新規参入率の推移や、都市ガス利用の機器形態を家庭用・商業用などに分類してご説明いたします。

月に4700円以上(目安)でお得なENEOSでんき、セット割引やポイント付加もの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月15日

新電力ネット運営事務局

月に4700円以上(目安)でお得なENEOSでんき、セット割引やポイント付加も

電力自由化に向け、石油元売りの最大手JXエネルギーが一般家庭向けの料金プランを発表しました。このコラムでは、JXエネルギーが販売する電力の概観を見ていきたいと思います。

地図をつかって勝ち残る電力自由化、地理情報システム(GIS)の新たな可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月28日

新電力ネット運営事務局

地図をつかって勝ち残る電力自由化、地理情報システム(GIS)の新たな可能性

電力自由化により異業種・代理店参入が加速する中、他社から一歩先んじるマーケティングの重要性が高まりつつあります。そこで、GIS(地理情報システム)で世界最大のシェアを誇るESRIジャパンの方々に、地図を使ったマーケティングと電力自由化について話を聞きます。

川内原発は継続稼働、地震の影響12.6ガルで停止基準260ガルを下回るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月17日

新電力ネット運営事務局

川内原発は継続稼働、地震の影響12.6ガルで停止基準260ガルを下回る

14日、熊本県において震度7を観測する地震が発生、その後16日にマグニチュード7.3の地震が発生するなど、大規模な地震が相次いでいます。このコラムでは、原発の状況や地震における注意点などを見ていきたいと思います。