100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性

2016年04月25日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性の写真

オランダにおいて、2025年までに電気自動車以外の車両販売を禁止する法案が可決する見込みです。ガソリン車やディーゼル車だけではなく、ハイブリッド車までも規制の対象となる可能性がある内容となっています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

ハイブリッドカーさえも禁止、電気自動車のみ販売できる法案の可決見込み

今回の法案は、オランダにおいてガソリンなどの化石燃料を利用する自動車の新規販売を、2025年までに禁止するものです。環境に優しいとされるハイブリッドカーでさえも、化石燃料を利用するので規制の対象となります。

この電気自動車に関する法案は、オランダの下院議会に提出され、賛成多数の状況にあります。上院議会でも通過すれば、強制力のある法として施行される可能性があり、化石燃料による自動車の新規販売を完全に禁止する世界初の事例となります。

仮に、法案の内容が変更されずに施行されると、100%電気の力で走る電気自動車のみが新規販売可能となります。水素を利用して電力を取り出す燃料電池を搭載した車両は、規制の対象にはならない見込みです。ただし、2025年度は「期間が短すぎる」として実現可能性を疑問視する意見もでており、今後も引き続き法案の詳細や採用の可否そのものが議論されます。

電気自動車の販売に適した条件を持つオランダ

オランダは、日本と異なり土地が狭いため、電気自動車の普及に有利な地域条件となっています。電気自動車の航続距離は短く、充電にも時間がかかるため、国土が狭いほど電気自動車の普及が容易となります。オランダにおける主要都市間の距離は、200キロメートル未満であり、国の東西間の距離は約160kmであり、総面積は九州程度と非常にコンパクトです。

「Inside EVs」によると、2015年にオランダ国内で販売された電気自動車は約4万3000台で、全自動車の販売台数約45万台の9.6%を占めており、世界の中でも高い割合です。

自動車の国内販売台数のうち、約22%を電気自動車が占めるノルウェーには及びませんが、米国の0.66%、英国の1.1%、カナダの0.35%などと比較すると、オランダは電気自動車の割合が高いです。オランダは、今回の法案以外にも、2018年までに電車に供給する電力を全て風力発電とする計画を立てるなど、化石燃料を排除するための計画を立てています。

日本における電気自動車の割合は0.1%程度

一般財団法人自動車検査登録情報協会のデータによると、平成28年1 月末時点で、2輪車を除く自動車の日本における保有台数は、77,660,051台でした。

一方で、平成26年度における「電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・燃料電池自動車」の全てを合計した保有台数は 114,868台であり、約0.14%です。オランダなどと比較すると、まだまだ低い割合であり、今後の普及が期待されます。

年度末  H22  H23 H24  H25 H26
EV 乗用車  4,636  13,266  24,983  38,794  52,639
貨物車  7  11  25  31  384
乗合車  11  15  22  28  37
特種車  16  30  31  34  35
軽自動車 4,360  8,940  13,646  15,870  17,611
PHV 乗用車  379  4,132  17,281  30,171  44,012
FCV 乗用車  –  –  –  –  150
EV・PHV 合計 9,409 26,394 55,988 84,928  114,868
HEV 乗用車 1,404,137  2,012,559  2,833,443  3,792,886  4,640,743
貨物車 9,717  11,118  12,204  13,200  13,727
乗合車  677  738  857  969  1,036
特種車 3,464  4,243  5,313  6,144  6,907
軽自動車 405  351  288  188  54,931
HEV 合計 1,418,400  2,029,009  2,852,105  3,813,387  4,717,344
EV・PHV・FCV・HEV 合計  1,427,809  2,055,403  2,908,093  3,898,315  4,832,212

表1 日本における次世代自動の保有台数 出典:一般社団法人次世代自動車振興センター

日本においては、電気自動車などの割合はまだまだ低いですが、年々と保有台数を伸ばしてきています。平成22年度の保有台数は約9400台であったのに対し、平成26年度は約11万4000台と、4年間で18倍近く伸びています(図1)。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

平成28年度の新エネ大賞決定、IHIと新日鐵住金による高比率バイオマス混焼の火力発電などが受賞の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月23日

新電力ネット運営事務局

平成28年度の新エネ大賞決定、IHIと新日鐵住金による高比率バイオマス混焼の火力発電などが受賞

2月15日、平成28年度の新エネ大賞表彰式が東京ビッグサイトにて開催されました。経済産業大臣賞1件、資源エネルギー庁長官賞2件、新エネルギー財団会長賞4件、審査委員長特別賞1件の合計8件が選ばれ、賞状と副賞(楯)の授与が行われました。

世界初、楽天ドローンによる長距離の荷物配送に成功、南相馬市が連携協力の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月22日

新電力ネット運営事務局

世界初、楽天ドローンによる長距離の荷物配送に成功、南相馬市が連携協力

2月16日、南相馬市は「ドローンなどを活用した物流システムの構築」などが盛り込まれた連携協定を楽天と締結したと発表しました。締結式では、楽天が取り組んでいるドローンを活用した配送サービス「そら楽」のデモンストレーションが行われました。

コンビニ初、ローソンが慶大とIoT活用でBELS「五つ星+ZEB認証」、電力調達を6割削減見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月14日

新電力ネット運営事務局

コンビニ初、ローソンが慶大とIoT活用でBELS「五つ星+ZEB認証」、電力調達を6割削減見込み

2月13日、ローソンは「バーチャルパワープラント構築実証事業」の一環として環境配慮店舗をオープンすると発表しました。慶應義塾大学SFC研究所と共に、IoT化された機器による制御・節電を通じて電力リソース創出の実証実験を行うものです。

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月26日

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。