横浜市がブルーカーボンをCO2クレジットとして初認証、温暖化対策に海洋資源を活用

2019年09月19日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

横浜市がブルーカーボンをCO2クレジットとして初認証、温暖化対策に海洋資源を活用の写真

横浜市は9月17日、海の公園の公園管理区域内に生息するアマモによるブルーカーボン(12.3t-CO2)をクレジットとして認証したと発表しました。ブルーカーボンのクレジット認証は初めての取組であり、昨今、ブルーカーボンをクレジットとして認証する環境が整ってきたことから実現しました。

高いCO2削減ポテンシャルを持つブルーカーボン

2009年10月に国連環境計画(UNEP)の報告書において、海洋生態系によって隔離・貯留された炭素が「ブルーカーボン」と定義されました。これにより、陸上の森林などに蓄積される炭素「グリーンカーボン」と異なる吸収源対策の新しい選択肢が提示されました。

四方を海に囲まれた日本にとっては、沿岸域の吸収源としてのポテンシャルは大きく、また生態系ベースのため副作用がほぼ無く、生態系サービスとの相乗効果が期待できます。

日本のブルーカーボンによる吸収量については、「ブルーカーボン研究会」が試算を行っています。その試算によると、都市緑地の効果が124万トン-CO2であるのに対し、ブルーカーボンは204~910万トン-CO2と1.6~7.3倍程度のポテンシャルを秘める結果が出ています(図1)。

ブルーカーボン研究会による日本沿岸域のCO2吸収量の試算結果

図1 ブルーカーボン研究会による日本沿岸域のCO2吸収量の試算結果 出典:農林水産省

多くの国がパリ協定の「自国が決定する貢献(NDC)」において、気候変動の緩和・適応の面から,ブルーカーボンの活用に言及しています。例えば、オーストラリア、米国、UAEはIPCC湿地ガイドラインによりブルーカーボンの算定を開始していますが、現状で日本は地球温暖化対策として定めていません。

日本においては、国土交通省が主催する「地球温暖化防止に貢献するブルーカーボンの役割に関する検討会」が2019年6月11日に立ち上げられ、ブルーカーボンを温暖化対策の施策とするための検討が進められています。

こうした中、横浜市は、海の公園の公園管理区域内に生息するアマモによるブルーカーボン(12.3t-CO2)をクレジットとして認証したと発表しました。ブルーカーボンのクレジット認証は初めての取組であり、昨今、ブルーカーボンをクレジットとして認証する環境が整ってきたことから実現しました。

市独自のプロジェクト「横浜ブルーカーボン」

カーボン・オフセットとは、自らのCO2等の温室効果ガス排出量のうち、削減困難な排出量の全部又は一部を、他の場所での排出削減、吸収活動に投資することにより相殺することをいいます。

横浜市では、平成23年度から海洋資源を活用した温暖化対策の検討を進めてきましたが、平成26年度より、横浜市独自のカーボンオフセットを中心とした新たな脱温暖化プロジェクト「横浜ブルーカーボン」をスタートしました。

「横浜ブルーカーボン」は、市民・企業・団体との協働により、ブルーカーボンとブルーリソースによる臨海部の資源を活かした地球温暖化対策に取り組み、環境保全や環境啓発などを付加することで、地球温暖化対策と市民にとって親しみやすい海づくりを同時に推進することを目的とする事業です。

これまでの横浜ブルーカーボン・オフセット制度では、わかめの地産地消、海水ヒートポンプ導入、LNG 燃料タグボート導入、ハイブリッドタグボート導入によりクレジットが創出されてきました(図2)。また、オフセットは、トライアスロン大会等のスポーツ・イベントや、温暖化対策の実施に強い熱意を持つ事業者の事業活動に対して実施されており、平成30年度には 164.4 t-CO2のカーボン・オフセットが実現しています。

今回、クレジット化されたブルーカーボンは、海草の一種であるアマモによるものです。横浜市では2015年度より、アマモ場が持つCO2を吸収し固定する効果、水質を改善する効果、生物多様性の増進に貢献する効果に着目し、アマモ場の調査・啓発活動を行ってきました。 その中で、海の公園の公園管理区域内に生息するアマモによるブルーカーボン(12.3 t-CO2)がクレジットとして認証されました。

海の公園は、1988年に、金沢地先埋立事業の一環として整備された、横浜で唯一の海水浴場をもつ公園です。千葉県から運んだ砂を使用しており、横浜市により人工的に造成されました。現在は、アマモのほかカニやアサリなど多くの生き物が生息しています。2019年6月時点の公園管理区域内に生息するアマモ密生域の面積は、77,804m2で、東京ドーム約1.7個分に相当します。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

横浜市がブルーカーボンをCO2クレジットとして初認証、温暖化対策に海洋資源を活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年09月19日

新電力ネット運営事務局

横浜市がブルーカーボンをCO2クレジットとして初認証、温暖化対策に海洋資源を活用

横浜市は9月17日、海の公園の公園管理区域内に生息するアマモによるブルーカーボン(12.3t-CO2)をクレジットとして認証したと発表しました。ブルーカーボンのクレジット認証は初めての取組であり、昨今、ブルーカーボンをクレジットとして認証する環境が整ってきたことから実現しました。

太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月23日

新電力ネット運営事務局

太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了

LEVIASは8月20日、太陽光ファンドの運営者に対し、セキュリティトークンを活用した資金調達スキームとなる「太陽光J-STO」の開発及び提供を行い、資金調達が完了したと発表しました。

排出量取引と炭素税の組み合わせ、石炭火力とガス火力が同等のコストとなる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月08日

新電力ネット運営事務局

排出量取引と炭素税の組み合わせ、石炭火力とガス火力が同等のコストとなる可能性

新たなカーボンプライシングとして、石炭火力発電所の新設を抑制するため、資本費も含めた発電コストが石炭火力発電と天然ガス火力発電で同等以上となるような課税の水準を設定することが国の委員会により検討されています。本記事では、カーボンプライシングに関する今後の可能性につき、概要を見ていきます。

太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月02日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答

金融庁は9月14日、金融機関が太陽光発電事業に関わる顧客マッチング業務について、銀行法の「その他の付随業務」として取り扱うことが可能との見解を示しました。この回答により、太陽光発電事業者が、金融機関と協力して顧客開拓していくビジネスモデルが広がっていく可能性があります。

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月25日

新電力ネット運営事務局

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は9月、プロジェクトファイナンスに関する考察をまとめた資料を発表しました。プロジェクトファイナンス市場は、1990年代以降、概ね右肩上がりに成長しており、近年は日本企業の存在感も増してきています。