太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了

2019年08月23日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了の写真

LEVIASは8月20日、太陽光ファンドの運営者に対し、セキュリティトークンを活用した資金調達スキームとなる「太陽光J-STO」の開発及び提供を行い、資金調達が完了したと発表しました。

太陽光発電ファンドにブロックチェーン技術を採用

2015年4月、東京証券取引所にインフラファンド市場が創設され、2016年6月には第1号銘柄となるタカラレーベン・インフラ投資法人が上場されるなど、太陽光発電ファンドは運用資産の1つとして徐々に知名度を増しています。

太陽光発電ファンドを資産運用の観点で見た場合には、固定価格買取制度(FIT制度)により長期・安定的な売電収入に裏付けられた安定キャッシュフローが見込まれ、年金資金などの長期安定運用ニーズに合致した投資となります。

一方で、保険である程度補完できるものの、落雷、動物の侵入、落石等による故障リスクや、出力制御リスクなど、特有のリスクを抱える投資対象でもあります。

投資対象としては一長一短あるものの、太陽光発電ファンドは再エネ普及を金融面から後押しできる商品と言えます。少額からでも参加可能であり、パリ協定など国際的なGHG低減の要求に資するものと考えられます。

こうした中、LEVIASは、太陽光ファンドの運営者に対し、セキュリティトークンを活用した資金調達スキームとなる「太陽光J-STO」の開発及び提供を行い、資金調達が完了したと発表しました。

デジタルトークンにより出資者の識別

今回の「太陽光J-STO」は、STO(Security Token Offering)という、発行者がブロックチェーン技術を活用してセキュリティ(証券型)トークンを発行することにより資金を調達する新しい資金調達方法を採用しています。

セキュリティ(証券)トークンの定義は一意ではありませんが、有価証券に該当する権利を保有することの証となるデジタルトークンをいいます。なお、「J-STO」におけるセキュリティトークンは、匿名組合(事業型ファンド)の契約上の地位を有することの証として出資者に付与され、売電収入が分配されることとなります。

なお、現在、日本ではSTOに関する法制度が未整備ないし不明確な状態であり、今後の法改正によりSTOに対する金融商品取引法の規制が変更される可能性があります。

そのため将来的に、「J-STO」におけるセキュリティトークンの二次流通市場が開設された場合は、投資家は自身の保有しているセキュリティトークンを第三者に譲渡できることができるようになる可能性があります。

LEVIASは、「LEVIAS STO Solution」を通じて、金融事業者、法律事務所、テクノロジー事業者その他の専門家とも協働して、世界の優秀な起業家を主に資金調達面でサポートしていくことを目指すとしています。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月23日

新電力ネット運営事務局

太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了

LEVIASは8月20日、太陽光ファンドの運営者に対し、セキュリティトークンを活用した資金調達スキームとなる「太陽光J-STO」の開発及び提供を行い、資金調達が完了したと発表しました。

排出量取引と炭素税の組み合わせ、石炭火力とガス火力が同等のコストとなる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月08日

新電力ネット運営事務局

排出量取引と炭素税の組み合わせ、石炭火力とガス火力が同等のコストとなる可能性

新たなカーボンプライシングとして、石炭火力発電所の新設を抑制するため、資本費も含めた発電コストが石炭火力発電と天然ガス火力発電で同等以上となるような課税の水準を設定することが国の委員会により検討されています。本記事では、カーボンプライシングに関する今後の可能性につき、概要を見ていきます。

太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月02日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答

金融庁は9月14日、金融機関が太陽光発電事業に関わる顧客マッチング業務について、銀行法の「その他の付随業務」として取り扱うことが可能との見解を示しました。この回答により、太陽光発電事業者が、金融機関と協力して顧客開拓していくビジネスモデルが広がっていく可能性があります。

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月25日

新電力ネット運営事務局

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は9月、プロジェクトファイナンスに関する考察をまとめた資料を発表しました。プロジェクトファイナンス市場は、1990年代以降、概ね右肩上がりに成長しており、近年は日本企業の存在感も増してきています。

日立造船、国内製造業で初めてのグリーンボンドを発行、3年債50億円の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月19日

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内製造業で初めてのグリーンボンドを発行、3年債50億円

日立造船は9月、国内市場において公募形式による「日立造船グリーンボンド」の発行予定があることを発表しました。なお、今回の発行は、国内製造業で初めてのグリーンボンドの事例となります。