太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答

2018年10月02日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答の写真

金融庁は9月14日、金融機関が太陽光発電事業に関わる顧客マッチング業務について、銀行法の「その他の付随業務」として取り扱うことが可能との見解を示しました。この回答により、太陽光発電事業者が、金融機関と協力して顧客開拓していくビジネスモデルが広がっていく可能性があります。

金融庁が回答、金融機関の太陽光発電マッチング業務は「可能」

現在、銀行に対しては、他業禁止規制が課されています。この規制の目的は、銀行業務に専念することによる効率性の発揮、利益相反取引の防止等というものです。

しかしながら、どういった業務が他業禁止規制の対象となるかは、判断が難しいケースもあります。一見すると、銀行業務と関連しないと考えられる業務であっても、銀行法第10条第2項の「その他の銀行業に付随する業務」に該当する可能性もあります。

こうしたケースの判断方法の一つとして、「グレーゾーン解消制度」があります(図1)。「グレーゾーン解消制度」は、事業に対する規制の適用の有無を、事業者が政府に照会することができる制度です。これにより、現行の規制の適用範囲が不明確な場合においても、安心して新規の事業活動を行えるようになります。企業ごとに照会・申請が可能であり、正式申請後、原則1ヶ月以内に回答が得られます。

グレーゾーン解消制度について

図1 グレーゾーン解消制度について 出典:経済産業省

この「グレーゾーン解消制度」を活用し、太陽光発電関連事業を請け負う事業者が、8月17日付で照会を行いました。照会の内容は、提携先金融機関が顧客である土地所有者及び太陽光発電事業を希望する事業者を紹介し、ビジネスマッチング手数料を収受することが「その他の銀行業に付随する業務」に該当するかを確認するものです。

9月14日に回答が行われ、金融庁は、金融機関が太陽光発電事業に関わる顧客マッチング業務について、銀行法の「その他の付随業務」として取り扱うことが可能との見解を示しました。この回答により、金融機関は太陽光発電事業を顧客に紹介することで、ビジネスマッチング手数料を得ることが正式に認められるようになります。これにより、太陽光発電事業者が、金融機関と協力して顧客開拓していくビジネスモデルが広がっていく可能性があります。

照会が行われた事業の概要

今回の「グレーゾーン解消制度」による照会が行われた事業概要は、太陽光発電関連業を請け負う事業者(当該事業者)が、新規需要の獲得のため、①太陽光発電事業を行いたいが土地を持っていない者と、②太陽光発電に適した遊休土地を所有しているが自身では発電事業を行う予定のない者とを結びつけるものです。

当該事業者による顧客開拓の方法として、提携先金融機関から上記①②に該当する顧客の紹介を受け、①の顧客が太陽光発電事業を開始した、又は②の顧客からの土地の取得が成約した場合、当該事業者から当該金融機関にビジネスマッチング手数料を支払うことが可能であるか照会が行われています。なお、今回の紹介業務では、宅地建物取引業法第2条第1号に規定する宅地は対象外となります。

金融庁による回答

金融庁による回答では、当該事業者及び当該事業者へ紹介する顧客が提携先金融機関の「取引先企業」である場合、銀行法第10条第2項柱書の「その他の付随業務」として取り扱うことが可能であるしています。

また、提携先金融機関が紹介する顧客が「取引先企業」ではない場合であっても、以下のような観点を総合的に考慮した上であれば、「その他の付随業務」として取り扱うことも可能であるとしています。

考慮すべき観点
  1. 当該業務が銀行法第10条第1項各号及び第2項各号に掲げる業務に準ずるか。
  2. 当該業務の規模が、その業務が付随する固有業務の規模に比して過大なものとなっていないか。
  3. 当該業務について、銀行業務との機能的な親近性やリスクの同質性が認められるか。
  4. 銀行が固有業務を遂行する中で正当に生じた余剰能力の活用に資するか。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月25日

新電力ネット運営事務局

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は9月、プロジェクトファイナンスに関する考察をまとめた資料を発表しました。プロジェクトファイナンス市場は、1990年代以降、概ね右肩上がりに成長しており、近年は日本企業の存在感も増してきています。

日立造船、国内製造業で初めてのグリーンボンドを発行、3年債50億円の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月19日

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内製造業で初めてのグリーンボンドを発行、3年債50億円

日立造船は9月、国内市場において公募形式による「日立造船グリーンボンド」の発行予定があることを発表しました。なお、今回の発行は、国内製造業で初めてのグリーンボンドの事例となります。

メガソーラーの第2回入札、最安は16.47円/kWh、しかし上限額の15.50円を下回らず「落札者なし」にの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月10日

新電力ネット運営事務局

メガソーラーの第2回入札、最安は16.47円/kWh、しかし上限額の15.50円を下回らず「落札者なし」に

低炭素投資促進機構は9月4日、2MW以上の大型太陽光発電を対象にした第2回入札の結果を公表しました。上限額は15.50円/kWhでしたが、入札に参加した全ての事業計画について、上限価格を下回る応札が無かったため、「落札者なし」との結果になりました。

太陽光発電の出力制御リスクを軽減、ネクストエナジー社が無償付与するサービス開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月31日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の出力制御リスクを軽減、ネクストエナジー社が無償付与するサービス開始

ネクストエナジー・アンド・リソース社は8月29日、電力会社の出力制御によって売電が制限された場合の収益減少を補填する「MAXIFIT®出力制御補償サービス」を開始すると発表しました。このサービスは、出力制御による売電金額損失分を、一定条件のもと5年間補償するものです。

大阪ガス、海外スタートアップへ初投資、VPPや蓄電池制御の新サービスにつなげるの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年08月29日

新電力ネット運営事務局

大阪ガス、海外スタートアップへ初投資、VPPや蓄電池制御の新サービスにつなげる

大阪ガスは8月、米国スタートアップ企業であるGrowing Energy Labs, Inc.と、蓄電池の最適運用に関する実証を日本において共同で行うことについて合意したと発表しました。8月から大阪ガス保有の実験集合住宅「NEXT21」及び今津グラウンドにおいて、蓄電池を利用した新サービスの実現に向けた実証試験を行うとしています。