メガソーラーの第2回入札、最安は16.47円/kWh、しかし上限額の15.50円を下回らず「落札者なし」に

2018年09月10日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

メガソーラーの第2回入札、最安は16.47円/kWh、しかし上限額の15.50円を下回らず「落札者なし」にの写真

低炭素投資促進機構は9月4日、2MW以上の大型太陽光発電を対象にした第2回入札の結果を公表しました。上限額は15.50円/kWhでしたが、入札に参加した全ての事業計画について、上限価格を下回る応札が無かったため、「落札者なし」との結果になりました。

メガソーラー第2回入札の結果公表

2017年4月から施行された改正FIT法により、価格競争を促す等の観点から、出力2000kW以上の太陽光発電設備については入札制度が導入されることとなりました。

第1回目のメガソーラー入札(出力2000kW以上)の結果については、2017年11月21日、低炭素投資促進機構が公表しました。落札9件で最安値は17.2円、最高値は21円/kWhという結果になりました。

第2回入札の結果については、2018年9月4日に同機構により公表されました。上限額は15.50円/kWhと設定(非公表)されましたが、入札に参加した全ての事業計画について、上限価格を下回る応札が無かったため、「落札者なし」との結果になりました。

上限価格「15.50円」は非公表となり、開札後に公表される

今回の第2回メガソーラー入札については、「落札者なし」との結果にはなりましたが、当初の募集していた容量は250,000kWでした。「入札参加資格の審査のために提出された事業計画」の合計は19件であり、合計393,128kWであったため、この時点では募集容量を超える応募がありました。

この後、「入札に参加することができる旨が通知された件数」は合計15件であり、出力の合計は334,400kWでした。この内、実際に入札参加した件数の合計は9件であり、出力合計としては196,960kWの規模となり、募集容量を下回りました。

今回、「落札者なし」となった大きな要因は、「15.50円/kWh」と設定された供給価格上限額です。入札された9件のうち、最低価格の案件でさえ16.47円/kWhとなり、上限価格を約1円上回る結果になりました。第一回目の最安値は17.2円であったため、約0.7円/kWhの改善が見られましたが、しかし「15.50円/kWh」を下回ることはなく、「落札者なし」となりました(図1)。

第2回目、不落の事業計画一覧

図1 第2回目、不落の事業計画一覧 出典:低炭素投資促進機構

2017年に実施された太陽光第1回入札では、募集容量を応札量が下回り、上限価格で落札された案件がありました。具体的には、第1回入札の募集容量は500MWでしたが、実際の応札量は募集量に大きく満たない約140MWでした。また、供給価格上限額は21.00円/kWhと設定されましたが、2件の案件が上限額での落札となりました(表1)。

こうしたことから、昨年度の調達価格等算定委員会において、今回の上限価格「15.50円」は非公表となり、開札後に公表することとされました。これを受けて、2018年8月2日に非公開の調達価格等算定委員会が開催され、その意見を尊重して経済産業大臣が決定しました。

落札者名(法人名) 供給価格(円/kWh) 発電設備の出力(kW)
株式会社HINA 17.2 7,260
カナディアン・ソーラー・プロジェクト株式会社 17.97 15,400
自然電力株式会社 18.97 18,000
19.39 10,500
QソーラーB合同会社 19.5 12,000
X-Elio17合同会社 19.95 30,000
ハンファエナジージャパン株式会社 20.49 30,006
ロイヤルリース株式会社 21 5,600
有限会社新日邦 21 12,600

表1 第1回目の落札結果 出典:低炭素投資促進機構資料より作成

第3回入札の募集容量は196,960kWの見込み

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年08月23日

新電力ネット運営事務局

太陽光ファンドにブロックチェーン技術を採用、「太陽光 J-STO」の資金調達が完了

LEVIASは8月20日、太陽光ファンドの運営者に対し、セキュリティトークンを活用した資金調達スキームとなる「太陽光J-STO」の開発及び提供を行い、資金調達が完了したと発表しました。

排出量取引と炭素税の組み合わせ、石炭火力とガス火力が同等のコストとなる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2019年05月08日

新電力ネット運営事務局

排出量取引と炭素税の組み合わせ、石炭火力とガス火力が同等のコストとなる可能性

新たなカーボンプライシングとして、石炭火力発電所の新設を抑制するため、資本費も含めた発電コストが石炭火力発電と天然ガス火力発電で同等以上となるような課税の水準を設定することが国の委員会により検討されています。本記事では、カーボンプライシングに関する今後の可能性につき、概要を見ていきます。

太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年10月02日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の新規開拓方法、金融機関との協力業務に新たな道、金融庁が回答

金融庁は9月14日、金融機関が太陽光発電事業に関わる顧客マッチング業務について、銀行法の「その他の付随業務」として取り扱うことが可能との見解を示しました。この回答により、太陽光発電事業者が、金融機関と協力して顧客開拓していくビジネスモデルが広がっていく可能性があります。

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月25日

新電力ネット運営事務局

増加を続けるプロジェクトファイナンス、電力が最も多く約36%、三菱UFJ銀行は6年連続で世界1位

石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は9月、プロジェクトファイナンスに関する考察をまとめた資料を発表しました。プロジェクトファイナンス市場は、1990年代以降、概ね右肩上がりに成長しており、近年は日本企業の存在感も増してきています。

日立造船、国内製造業で初めてのグリーンボンドを発行、3年債50億円の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年09月19日

新電力ネット運営事務局

日立造船、国内製造業で初めてのグリーンボンドを発行、3年債50億円

日立造船は9月、国内市場において公募形式による「日立造船グリーンボンド」の発行予定があることを発表しました。なお、今回の発行は、国内製造業で初めてのグリーンボンドの事例となります。