国内の太陽光市場、2018年度は5460億円、2030年には3840億円まで縮小、富士経済が予測

2018年07月18日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

国内の太陽光市場、2018年度は5460億円、2030年には3840億円まで縮小、富士経済が予測の写真

7月12日、富士経済は太陽光発電関連市場を調査した結果を「2018年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望」にまとめたと発表しました。国内市場においては、2018年度の5460億円から、2030年には3840億円まで市場規模が縮小するとしています。

富士経済が太陽光発電関連市場を調査・分析

国際連合環境計画(UNEP)が発表した報告書によると、世界の再エネ発電分野の投資額は、従来の化石燃料等の投資額を2015年に初めて上回りました。2015年時点で、再エネ投資額は2650億ドルであったのに対し、それ以外では1930億ドル(化石燃料:1300億ドル、原子力:200億ドル、大規模水力:430億ドル)でした。

UNEPの最新の報告書によると、2017年においては再エネに2798億ドルが投資され、中でも太陽光発電は世界的にも加速的に拡大を続けています(図1)。これを後押しているのは、COP21以降の世界の低炭素化・脱炭素化の流れだと考えられます。

2017年における世界の再エネ投資額(2016年比)

図1 2017年における世界の再エネ投資額(2016年比) 出典:United Nations Environment Programme

このような中、富士経済は太陽光発電関連市場を調査した結果を「2018年版 太陽電池関連技術・市場の現状と将来展望」にまとめたと発表しました。国内市場においては、2018年度の5460億円から、2030年には3840億円まで市場規模が縮小するとしています。

調査方法としては、富士経済専門調査員による参入企業および関連企業・団体などへのヒアリングおよび関連文献調査、社内データベースを併用したとしています。また、2018年3月~6月の期間において調査が実施されました。

国内市場は2018年度以降、縮小傾向

2017年度は、改正FIT法の施行に伴う混乱が生じました(認定の遅れや、施工・販売側で法改正の対応に追われるなど)。その影響を工期が短い住宅用や低圧用が受け、2016年度と比較し市場は縮小しました。

2018年度は出力ベースで7800MW、金額ベースで5460億円の市場規模となりました。2018年度以降は市場が縮小傾向にあり、出力ベースでは6000から7000MWで推移すると予想しています。金額ベースでは、2030年度を3840億円と見込んでおり、2018年度の約70%になると分析しています(図2)。

太陽電池(国内市場)

図2 太陽電池(国内市場) 出典:富士経済

富士経済の注目するビジネス①、PPA(Power Purchase Agreement)

PPA(Power Purchase Agreement)とは、大きな枠組みとしては、電気事業者と発電事業者の間で結ぶ「電力販売契約」の事です。富士経済が注目ビジネスとするPPAモデルでは、PPA事業者が第三者から資金調達し、建物所有者の屋根上に太陽光発電システムを設置します。契約期間後、あるいは買電が一定ラインに達した後は、設備は建物所有者に無償譲渡されることとなります。

市場は、2017年度に本格的に立ち上がりました。初期投資を事業者側が負担するため、建物の選別が重要となります。多くは新築、既築であっても築年数の浅い建物が適用されます。

PPAモデルは、FIT制度のない米国で普及した事業モデルのため、FIT価格に左右されにくい側面を持つとされます。そのため、脱FITの道を進む日本において、今後の普及が期待されます。

市場規模は、2018年度に12億円(2017年度比6.0倍)、2030年度に823億円(2017年度比411.5倍)まで拡大すると予測しています。ただし現状では、FIT売電を前提としたものが多く、いかに太陽光発電の導入コストを下げていくかが市場の動向を左右すると分析しています。

市場規模 2017年度比
2017年度 2億円
2018年度見込 12億円 6.0倍
2030年度予測 823億円 411.5倍

富士経済資料より作成

富士経済の注目するビジネス②、O&Mサービス

O&Mサービスとは、太陽光発電所の運用(オペレーション)と保守(メンテナンス)を行うことで、長期的な発電事業を可能とするスキームです。富士経済は、非住宅向けのサービスを注目ビジネスとしています。

サービス内容は、発電量の管理から法定点検、緊急時の電気工事対応、草刈りや太陽電池モジュールの洗浄など多岐にわたります。これまでは、発電事業における需要が大きかったのですが、今後は高圧ミドルや低圧ミドルにおける需要が増えると見込んでいます。

また、改正FIT法の施行により太陽光発電所の適切な運用・保守を求める項目が盛り込まれました。これは、O&Mサービスの需要増加につながるものです。

ただし、改正FITにおいて現状では適切な運用・保守について具体的な方法が定められていません。そのため今後は、運用・保守の方法について厳格化するなど、制度面の強化が考えられます。また、O&Mサービスのさらなる低価格化が進むと分析しています。

市場規模 2017年度比
2017年度 471億円
2018年度見込 567億円 118.1%
2030年度予測 1225億円 2.6倍

富士経済資料より作成

世界市場は金額ベースでは縮小傾向、しかし出力ベースでは増加との予測

世界市場は2014年以降、中国、米国、日本の3ヶ国がけん引してきました。しかし、モジュール価格の下落によって太陽光発電の導入ハードルが低くなり、需要地は新興国を含め世界各地に広がっています。

2017年は、中国が突出した導入量を達成したこともあり、出力ベースでは初めて100GWを突破しました。富士経済によると、参入企業の多くは、中国の需要が落ち着くことを予想しつつも、設備増強の計画を進めているとしています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

「RE100」加盟の城南信金、ISEP・GIA・SBISLと協力、本業の金融を活かし再エネ普及の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年06月11日

新電力ネット運営事務局

「RE100」加盟の城南信金、ISEP・GIA・SBISLと協力、本業の金融を活かし再エネ普及

城南信用金庫(城南信金)、環境エネルギー政策研究所(ISEP)、玄海インベストメントアドバイザー(GIA)、SBIソーシャルレンディング(SBISL)の4社は、再生可能エネルギー事業を促進するため、業務提携に関する覚書を締結したと発表しました。

JEPXの価格変動リスクを抑える電力先物、金融により大勢が電力市場に参加できる可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2018年04月09日

新電力ネット運営事務局

JEPXの価格変動リスクを抑える電力先物、金融により大勢が電力市場に参加できる可能性

経済産業省は4月、電力先物市場の在り方に関する検討会の報告書をまとめ発表しました。適切な電力先物市場の創設に向け、「電力先物市場の在り方に関する検討会」が平成29年12月から計4回開催されており、それらの内容が取りまとめられております。

2018年度の税制改正が決定、省エネや再エネ投資に関する新たな税制が新設の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月26日

新電力ネット運営事務局

2018年度の税制改正が決定、省エネや再エネ投資に関する新たな税制が新設

2030年度のエネルギーミックス実現に向け、省エネ投資促進によるエネルギー効率改善のほか、再エネの更なる導入拡大を進めることが重要と考えられます。こうした中、平成29年12月14日、与党より平成30年度税制改正大綱が公表され、12月22日に閣議決定されました。 今回の記事では、平成30年度税制改正の大綱における各省庁のエネルギー関連事項をまとめます。

2018年概算要求、再エネ・省エネ・蓄電池における新規一覧、FIT終了後に対応した補助金もの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年12月18日

新電力ネット運営事務局

2018年概算要求、再エネ・省エネ・蓄電池における新規一覧、FIT終了後に対応した補助金も

今回のコラムでは、各省における2018年度の概算要求を基に、再エネ・省エネ・蓄電池における新規補助金を整理します。例えばFIT関連では、買取期間が終了した住宅用太陽光発電設備に対して、家庭用蓄電池や蓄熱設備の設置を支援する補助金が新規事業として概算要求に組み込まれています。

日本初の住民主体による地熱発電、熊本地震からの復活、資金をクラウドファンディングで調達の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年11月13日

新電力ネット運営事務局

日本初の住民主体による地熱発電、熊本地震からの復活、資金をクラウドファンディングで調達

10月31日、熊本県の「わいた温泉郷」で、2016年の熊本地震で損傷した地熱発電の生産井戸の代わりとなる地熱井戸の掘削費用を、クラウドファンディングで調達する募集が完了しました。募集期間は2017年4月18日~2017年10月31日となり、一口あたりの金額は10,800円、254人が参加しました。