世界最大の浮体式洋上風力発電所、スコットランド沖で稼働開始

2017年10月31日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

世界最大の浮体式洋上風力発電所、スコットランド沖で稼働開始の写真

10月18日、ノルウェイのstatoilは浮体式洋上風力発電所をスコットランド沖で稼働開始したと発表しました。タービンの総出力は30MWで、浮体式洋上風力発電において世界最大規模であり、全長は253メートルに達します。その内の78メートルが海面下に沈み、構造物はバラストで浮上、ブイのように直立します。1基当たり3もの係留ケーブルが繋がることで安定する構造となります。

世界最大の浮体式洋上風力発電が稼働

海洋は世界の約70%をカバーしており、潜在的にはエネルギー資源を多く保有するものの、そのほとんどが利用されていません。こうした海洋の土地を利用する発電方法に洋上風力がありますが、陸上風力と比較するとコストが比較的高くなる傾向にあります。

ただし、洋上風力のコストも徐々に下がってきており、例えば2016年7月のオランダ政府の発表によると、ボルッセーレⅠ、Ⅱ計画(各35万kW)の入札において、最安値が7.27ユーロ・セント/kWh(約9.5円/kWh)となりました。その他、スウェーデンのVattenfallは、2016年11月にバルト海における洋上風力プロジェクト(60万kW)を、49.9ユーロ/MWh(約6.5円/kWh)で落札したと発表しています。

洋上風力のコストをさらに引き下げる可能性がある技術として、浮体式洋上風力があります。この浮体式洋上風力を、ノルウェイのstatoilはスコットランド沖で稼働開始したと発表しました。タービンの総出力は30MWで、浮体式洋上風力発電において世界最大規模であり、全長は253メートルに達します(図1)。

その内の78メートルが海面下に沈み、構造物はバラストで浮上、ブイのように直立します。1基当たり3つ、5基全体では15もの係留ケーブルが繋がることで安定する構造となります。

浮体式洋上風力発電所「Hywind Scotland」

図1 浮体式洋上風力発電所「Hywind Scotland」 出典:statoil

800メートルの水深でも設置可能

今回の浮体式洋上風力発電「Hywind Scotland」に用いられる風車は、翼長75メートルの羽根を3枚組み合わせた直径154メートルという規模になります。1基あたり6メガワットの出力があり、その風車が5基設置されるため約2万世帯に電力を供給する能力となります。

風車の全長は253メートルとなり、その内の海面部分は最大175メートル、海面下は78メートルとなります。構造物はバラストで浮上し、ブイのように直立します。設置場所は水深が95~129メートルとなっており、海底と風車が係留ケーブルでつながることで、安定するようになっています(図2)。3つの係留ケーブルと60トンの重りを各ケーブルの中点から垂らして張力を追加するバラストカテナリーレイアウトを採用しています。

着床式の洋上風力発電では、水深が50メートルを超えると採算性を確保することが難しくなってきますが、statoilによると、Hywindは浮体式のため800メートルの水深でも設置可能としています。

発電所はスコットランド北東部Aberdeenshire州Peterheadの沖合25キロの海面上に設置されています。この地域においては、平均風速は約10メートル/秒で、平均波高は1.8メートルとなっています。

「Hywind Scotland」の概要

図2 「Hywind Scotland」の概要 出典:statoil

2030年までに40〜60ユーロ/MWhを目指す

statoilは、風力エネルギー利用における先駆的企業の一社であり、既に100万人以上の家庭に洋上風力発電を供給できる資産を有しています。例えば、Statoilは、2012年から生産を開始している英国のheringham Shoal風力発電所を運営しています。加えて、Dudgeon洋上風力発電所も完成しており、電力生産も開始されています。

Statoilは2016年にドイツのArkona洋上風力発電所の権益50%を取得し、2019年に電力を供給する予定です。10月には、ブラジルに162MWのApodi太陽光発電を建設する準備をしており、40%の権益を取得すると発表しました。

浮体式洋上風力発電所は、2001年から開発を進めています。2009年には、浮体式設備で2.3MWの風力タービンのパイロット運転を行いました。開始以来、40GWhを超える電力を生産しており、40m/sの風速と19mの最大波高においても、システムの完全性が確認されています。

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

はてなブックマーク

執筆者情報

一般社団法人エネルギー情報センターの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

次世代太陽光発電「ペロブスカイト太陽電池」、国内外の最新動向と日本の戦略の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2024年04月06日

新電力ネット運営事務局

次世代太陽光発電「ペロブスカイト太陽電池」、国内外の最新動向と日本の戦略

今回は、ペロブスカイト太陽電池市場の規模拡大や国内の導入事例、海外の動向、そして今後の日本の戦略について紹介します。

2024年度にも国内で初導入が計画される潮流発電。世界の先進的な事例や、その仕組みと可能性とは!?の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2023年08月17日

新電力ネット運営事務局

2024年度にも国内で初導入が計画される潮流発電。世界の先進的な事例や、その仕組みと可能性とは!?

排他的経済水域世界第6位という海洋国である我が国において、海洋エネルギーは大きなポテンシャルを有しています。潮流発電は一定の規則性を持った潮汐力により、年間を通じて安定的で、予測可能な発電方式であることから今後の可能性として期待がされます。今回は、潮流発電(潮汐力発電)について紹介します。

太陽光パネルの廃棄とリユース・リサイクルの現状と課題の写真

一般社団法人 環境エネルギー循環センター(EECC)

2023年07月31日

EECC運営事務局

太陽光パネルの廃棄とリユース・リサイクルの現状と課題

導入が進んだ太陽光パネルの廃棄に関する問題について、政府が検討会を通じで業界団体にヒアリングをしています。その中で、実態が浮き彫りになってきた太陽光パネルのリユース・リサイクルの現状と課題についてご紹介します。

日本はポテンシャルが高い!?地熱発電を地域観光や企業の自家発電に活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年12月07日

新電力ネット運営事務局

日本はポテンシャルが高い!?地熱発電を地域観光や企業の自家発電に活用

電力高騰や原発再稼働などがメディアで取りざたされている電力業界。カーボンニュートラル社会に向けて、これから考えれることは何か。今回は、日本にはまだポテンシャルのあるクリーンエネルギーの一つである地熱発電を取り上げ、国内外の事例をご紹介します。

風力発電の最新の国内動向や、課題と解決策についての写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2022年09月29日

新電力ネット運営事務局

風力発電の最新の国内動向や、課題と解決策について

三菱商事の洋上風力の入札案件や豊田通商の陸上風力開発など、風力発電関連のニュースが多く取り上げられています。再生可能エネルギーとして日本では太陽光に次ぐ導入ポテンシャルがある風力発電の最新の国内動向をご紹介。また、課題や解決のための取り組みについても取り上げます。

 5日間でわかる 系統用蓄電池ビジネス ビジネス屋と技術屋が一緒に考える脱炭素