シェアリングエコノミー (Sharing economy)

シェアリングエコノミーとは

A social system in which goods, services, places, etc. are shared and exchanged by the many people who use them.

物・サービス・場所などを、多くの人と共有・交換して利用する社会的な仕組みのことをいいます。テクノロジーの進歩と消費者のマインドが時代とマッチして、シェアリングエコノミーの市場規模は拡大し続けています。また、シェアリングエコノミーによって、過剰なモノの生産を減らして環境負荷を軽減できると期待されています。

シェアリングエコノミーのサービスは、大きく次の5つに分類されます。①「空間」をシェアするサービス(民泊、ホームシェア、駐車場シェアリングなど) ②「移動手段」をシェアするサービス(カーシェアリング、ライドシェアリング、シェアリングサイクルなど) ③「モノ」をシェアするサービス(フリマアプリ、レンタルサービスなど) ④「スキル」をシェアするサービス(家事代行、子育てシェア、クラウドソーシングなど) ⑤「お金」をシェアするサービス(クラウドファンディングなど)

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[中級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介