エシカル消費(Ethical consumption)

エシカル消費とは

This means for each consumer to take into consideration solutions to social issues for themselves and support businesses that are working on such issues in their consumption activities.

消費者それぞれが各自にとっての社会的課題(環境や人権問題など)の解決を考慮し、そうした課題に取り組む事業者の商品やサービスを選択・応援しながら消費活動を行うことです。エシカルは「倫理的な・道徳上の」という意味を持つ言葉です。

最近は環境保全や地域・社会への考慮といったニュアンスで捉えられることが多い概念で、それを実践できる身近な行動の一つが「エシカル消費」です。SDGsの12番目に「つくる責任 つかう責任」があるように、持続可能な生産消費形態を確保するという機運が高まっています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より