VPP

電力の自由化により「Virtual Power Plant(VPP)」が注目されています。VPPとは、各地に分散している創エネ・蓄エネ・省エネリソース(太陽光、蓄電池、デマンドレスポンス等)を、IoTを活用して統合制御し、あたかも一つの発電所のように機能させることをいいます。

バーチャルパワープラントのメリットは、一つ一つでは小規模な発電施設や制御システムでも、それらを最新のIT技術によって連動させることで、電力網の需給バランスを最適化できるところにあります。バーチャルな電力会社は設備投資がほとんど必要ではないので、経済的であるというメリットも存在します。

バーチャルパワープラントを活用すると、これまでは電力を使うだけだった消費者が、時には電力供給する供給プレイヤーにもなるということが可能です。電力の消費者が節電や自家発電によって電力消費を減らした分を、発電したものとみなして、電力会社が買い取ったり市場で取引したりすることをネガワット取引といいますが、それを制御するのもバーチャルパワープラントの使い方の一つです。