バイオマス発電 (Biomass power generation)

バイオマス発電とは

Electricity is generated by directly burning or gasifying biological resources. Biomass refers to resources derived from living organisms, such as wood, livestock waste, and food waste.

バイオマスとは生物から生まれた資源のことで、森林の間伐材、家畜の排泄物、食品廃棄物などが挙げられます。その生物資源を直接燃焼したりガス化するなどして電気を起こします。

光合成によりCO₂を吸収して成長するバイオマス資源を燃料とした発電は、CO₂を増加させずにエネルギーを作り出せるクリーンな発電方法です。加えて、廃棄物の再利用や減少につながり、循環型社会構築に大きく寄与します。

最近では、化石燃料と一緒に燃焼することで発電を安定化させる「石炭・バイオマス混合燃焼」の手法も注目されています。一方で小規模分散型の設備になりがちで、安定的に燃料を確保することや、保管場所などのスペースの確保といった課題があります。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介