化石燃料 (Fossil fuel)

化石燃料とは

Non-renewable resources including coal, petroleum, and natural gas formed from dead plants and animals that have been fossilized over the years by geological pressure and geothermal heat.

動植物などの死骸が長い年月を経て地圧・地熱などによって化石になり、やがて石炭や石油、天然ガスとなった再生不可能な資源です。ガソリンや灯油、発電やガスなど人間の経済活動に使われています。

化石燃料は約200年前から人間がエネルギー資源として使用し始め、主に蒸気機関の改良などに使われ、世界各国で産業革命を促しました。化石燃料は消耗性エネルギーで、生成に数百万年かかります。

現在の化石燃料の消費速度は、発生速度をはるかに超えています。2016年時点の可採年数は、石油が約50年、天然ガスが約50年、石炭が約150年といわれています。

近年、化石燃料の使用による大気汚染で呼吸器疾患や、酸性雨、地球温暖化などの公害、環境問題を引き起こす原因と認識されています。そのため、再生可能エネルギーなどによる対策が進められています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介