COP26

COP26とは

2021年10月31日から11月13日にかけて、イギリスのグラスゴーで開催された「第26回国連気候変動枠組条約締約国会議」です。約130ヵ国の首脳や政府代表が参加しました。

The 26th Conference of the Parties to the United Nations Framework Convention on Climate Change (UNFCCC) was held in Glasgow, UK, from October 31 through November 13, 2021. Leaders and government representatives from about 130 countries participated in the conference.

もっと詳しく

COP26は2020年11月に開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となり、2021年の開催となりました。

会議では、世界の気温上昇を「1.5度に抑える努力を追求する」と記した成果文書「グラスゴー気候合意」を採択し、「パリ協定」の下で温室効果ガス削減を進めるための実施指針(ルールブック)も完成しました。

成果文書の内容をめぐり、地球温暖化の元凶となっている石炭火力発電の扱いが焦点となりましたが、中国とインドが「廃止」に難色を示し、段階的な「削減」という方針を明記することにとどまりました。

COPの合意文書で石炭制限に言及したのは異例のことで、脱石炭の流れが加速するとみられています。しかし、「パリ協定」で掲げられた「1.5度目標」の実現に向けた大きな一歩は踏み出せなかったとの見方もあります。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より
エネルギー・環境関連セミナーのご紹介