異常気象

異常気象とは

過去に経験した気象現象から大きく外れた現象のことをいいます。温室効果ガス排出量の増加に伴う地球温暖化が、異常気象の原因の一つと考えられています。

もっと詳しく

異常気象の代表的なものは、激しい数時間の気象(大雨や暴風など)、数か月も続く気象(干ばつなど)、極端な気象(冷夏・暖冬など)などです。その他、異常気象として扱われることが多い気象事象として、熱波、寒波、洪水、台風、長雨等があります。

気象庁では、「気温や降水量などが、ある場所(地域)・ある時期(週、月、季節)において30年に1回以下で発生する現象」を異常気象と定義しています。

IPCC(国連気候変動に関する政府間パネル)では、「特定地域における気象現象の確立分布からみて、10%以下あるいは90%以上の稀な現象を異常気象」と定義しています。

「キーワードでわかる! 脱炭素と電力・エネルギー[初級編]」より