A重油、C重油、軽油、ナフサ価格 | INDUSTRIAL

産業用油価格の推移

  • 納入価格
  • A重油・C重油価格
  • 通関統計

A重油(大型ローリー、小型ローリー)、軽油(インクタンク)は、火力発電の燃料に使われる原油の価格と相関があります。各燃料等の概要については下記をご確認ください。

  1. A重油     :農業・漁業に関する機器で利用する原料
  2. 大型ローリー  :可積載量8KL以上のローリーでの納入価格
  3. 小型ローリー  :可積載量8KL未満のローリーでの納入価格
  4. 軽油      :主としてディーゼルエンジンの燃料として使用されます
  5. インクタンク価格:大口需要者であるバス会社などの所有する給油所に直接納入するときの価格

産業用油価格の一式(A重油_C重油_軽油_ナフサ)|(Excel)

全国の産業用油価格推移(円/リットル)

A重油(大型ローリー)価格の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
84.8 85.2 83.9 82.1 81.8 83.5 84.1 84.9 86.8 87.6 89.5 90.2
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
89.0 89.3 89.5 89.4 90.7 91.7 90.7 89.3 86.1 82.9 75.7 66.2
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
65.3 66.2 65.3 66.8 67.7 65.2 61.2 58.2 56.2 55.8 53.0 47.9
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
45.6 44.4 45.8 47.0 49.1 48.4 47.9 47.6 49.1 50.5 54.5 57.8
A重油(小型ローリー)価格の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
91.3 91.7 90.8 89.4 89.1 90.7 91.2 92.0 93.5 94.3 96.0 96.6
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
95.7 95.9 96.2 96.3 97.3 98.3 97.7 96.4 93.9 90.9 84.6 76.0
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
74.5 75.1 74.6 75.8 76.4 74.4 70.7 67.9 66.0 65.0 62.2 57.5
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
55.1 53.8 55.3 56.0 57.9 57.5 57.0 56.9 58.2 59.2 63.1 66.0
軽油(インクタンク)価格の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
115.6 116.2 115.3 113.1 112.8 115.5 117.3 117.3 118.5 119.5 121.3 121.4
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
119.4 120.1 122.4 123.5 125.1 126.0 124.5 122.4 118.3 114.2 105.7 95.0
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
94.2 97.0 97.3 99.4 101.6 98.9 92.8 89.6 88.6 90.6 88.1 82.0
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
78.4 77.4 79.5 80.6 83.5 82.6 81.8 81.9 83.5 85.1 89.5 91.5

年次推移

全国の産業用油価格推移(年次)

A重油(大型ローリー)価格の推移詳細(年次)
2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
65.0 90.4 54.0 63.2 74.8 77.6 84.6 87.9 62.3
A重油(小型ローリー)価格の推移詳細(年次)
2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
71.4 96.7 61.4 69.9 81.7 84.2 91.5 95.0 71.6
軽油(インクタンク)価格の推移詳細(年次)
2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
69.7 82.6 94.5 99.1 120.5 84.0 94.7 106.9 108.1 116.1 120.3 94.4

重油は、原油を蒸留する工程でガソリンや灯油、軽油を取り出した後に残る石油製品です。A重油の利用用途としては、中小工場のボイラー用、ビル暖房用、小型船舶用ディーゼルエンジン用、ビニールハウス暖房用燃料が挙げられます。C重油は電力、化学、紙パルプ工業等のボイラー用、大型船舶用ディーゼルエンジン用燃料として使用されています。

産業用油価格の一式(A重油_C重油_軽油_ナフサ)|(Excel)

A重油・C重油価格(円/kl)

A重油価格の推移詳細
2004年度 2005年度(4~6) 2005年度(7~9) 2005年度(10~12) 2005年度(1~3) 2006年度(4~6) 2006年度(7~9) 2006年度(10~12) 2006年度(1~3) 2007年度(4~6) 2007年度(7~9) 2007年度(10~12)
40588 46800 51800 57500 57800 61200 64900 63500 58400 60500 67850 69650
2007年度(1~3) 2008年度(4~6) 2008年度(7~9) 2008年度(10~12) 2008年度(1~3) 2009年度(4~6) 2009年度(7~9) 2009年度(10~12) 2009年度(1~3) 2010年度(4~6) 2010年度(7~9) 2010年度(10~12)
77550 85000 107700 83600 47500 49700 59700 60700 64700 67000 64200 62200
2010年度(1~3) 2011年度(4~6) 2011年度(7~9) 2011年度(10~12) 2011年度(1~3) 2012年度(4~6) 2012年度(7~9) 2012年度(10~12) 2012年度(1~3) 2013年度(4~6) 2013年度(7~9) 2013年度(10~12)
68900 78800 78600 74700 77000 84900 74400 77700 83000 88700 87000 91000
2013年度(1~3) 2014年度(4~6) 2014年度(7~9) 2014年度(10~12) 2014年度(1~3) 2015年度(4~6) 2015年度(7~9) 2015年度(10~12) 2015年度(1~3) 2016年度(4~6) 2016年度(7~9) 2016年度(10~12)
94100 92300 92900 89200 69500 64400 70100 58800 49600 47500 52400 52200
C重油価格の推移詳細
2004年度 2005年度(4~6) 2005年度(7~9) 2005年度(10~12) 2005年度(1~3) 2006年度(4~6) 2006年度(7~9) 2006年度(10~12) 2006年度(1~3) 2007年度(4~6) 2007年度(7~9) 2007年度(10~12)
30663 37250 41600 46850 47800 51650 54050 51150 48900 53550 58450 64250
2007年度(1~3) 2008年度(4~6) 2008年度(7~9) 2008年度(10~12) 2008年度(1~3) 2009年度(4~6) 2009年度(7~9) 2009年度(10~12) 2009年度(1~3) 2010年度(4~6) 2010年度(7~9) 2010年度(10~12)
67500 75100 91050 53600 31500 39050 48600 48900 50450 53250 48800 48850
2010年度(1~3) 2011年度(4~6) 2011年度(7~9) 2011年度(10~12) 2011年度(1~3) 2012年度(4~6) 2012年度(7~9) 2012年度(10~12) 2012年度(1~3) 2013年度(4~6) 2013年度(7~9) 2013年度(10~12)
56350 66450 62950 60500 64600 69050 59600 63900 70050 73050 73150 75750
2013年度(1~3) 2014年度(4~6) 2014年度(7~9) 2014年度(10~12) 2014年度(1~3) 2015年度(4~6) 2015年度(7~9) 2015年度(10~12) 2015年度(1~3) 2016年度(4~6) 2016年度(7~9) 2016年度(10~12)
78400 76650 76650 69300 50100 53900 51400 42300 31350 35500 37450 39050

年次推移

A重油・C重油価格(年次)

A重油価格の推移詳細(年次)
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
37275 35375 35900 36375 40588 53475 62000 68887 80950 58700 65575 77275
2012 2013 2014 2015
80000 90200 85975 60725
C重油価格の推移詳細(年次)
2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011
25338 25113 26725 27250 30663 43375 51437 60937 62812 46750 51812 63625
2012 2013 2014 2015
65650 75087 68175 44737

原油関連製品のCIF価格です。CIF価格とは、輸送による運賃や保険料、為替変動を組み込んだ価格であり、日本における実質的な価格といえます。

  1. LSC重油     :主に電力会社が発電用燃料として使う重油
  2. A重油(農業用) :農業などに利用される石油石炭税が免除された重油製品
  3. A重油(その他 ):A重油において、農業用を除いた製品
  4. ナフサ(石化用):石油化学製品を生産する原料。石油化学基礎製品や石油化学誘導品などの価格に影響
  5. ナフサ(その他):ナフサにおいて、石化用以外の製品

産業用油価格の一式(A重油_C重油_軽油_ナフサ)|(Excel)

通関統計(千円/kl)

※データがブランクである場合は0円と表示されます
出典:財務省

通関統計(LSC重油)の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
68.93 69.82 70.84 70.64 70.19 68.56 67.76 68.59 68.24 69.62 72.81 75.52
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
74.49 73.90 73.83 72.84 75.01 74.63 73.71 74.22 75.10 71.96 64.67 51.56
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
48.66 48.93 47.67 51.91 53.16 50.86 45.46 41.86 41.15 38.21 36.16 29.48
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
26.85 26.09 27.53 28.84 32.34 32.07 33.49 33.05 34.92 38.04 44.90 47.08
通関統計(A重油(農業用))の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
78.67 0.00 70.40 72.56 0.00 0.00 0.00 77.44 0.00 76.91 0.00 79.95
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
0.00 81.17 0.00 80.00 0.00 77.07 76.28 74.47 70.09 63.10 0.00 51.78
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
0.00 53.68 0.00 0.00 58.80 49.31 46.46 0.00 39.95 0.00 0.00 29.21
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
0.00 0.00 0.00 36.60 0.00 36.51 34.79 35.85 0.00 0.00 0.00 0.00
通関統計(A重油(その他))の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
66.69 75.99 78.70 89.52 94.49 0.00 0.00 81.60 71.65 0.00 76.94 0.00
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
96.03 159.90 102.38 85.58 85.65 73.73 77.42 81.78 85.23 88.25 98.77 67.04
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
98.30 57.94 43.43 60.19 61.13 62.73 62.96 47.38 45.89 99.71 50.96 44.22
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
44.58 32.93 42.04 28.37 29.73 28.68 31.44 29.62 40.79 36.08 39.13 44.60
通関統計(ナフサ(石化用))の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
61.49 65.54 65.88 63.82 60.78 61.06 61.62 63.14 64.48 64.72 68.25 71.12
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
70.48 68.38 67.52 68.06 68.21 68.67 69.18 68.98 68.00 64.64 59.91 50.09
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
43.39 41.37 45.24 45.83 49.84 49.00 46.15 40.87 39.12 38.35 39.26 36.95
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
31.36 27.74 28.37 29.46 30.99 30.20 29.38 28.19 28.83 31.40 35.12 38.22
通関統計(ナフサ(その他))の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
70.75 71.13 74.14 69.87 66.73 70.34 72.56 69.80 70.97 71.83 75.37 79.54
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
77.11 77.03 72.11 75.66 78.05 71.08 72.45 70.21 74.69 70.49 61.39 59.83
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
50.64 45.22 53.55 52.10 57.20 52.30 53.48 46.92 42.43 43.02 42.84 39.70
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
36.04 31.36 33.18 36.89 35.92 32.89 32.02 31.34 31.90 34.19 38.97 41.08

年次推移

通関統計(年次)

通関統計(LSC重油)の推移詳細(年次)
2012 2013 2014 2015
63.82 69.09 73.32 46.30
通関統計(A重油(農業用))の推移詳細(年次)
2012 2013 2014 2015
65.21 74.32 75.27 50.00
通関統計(A重油(その他))の推移詳細(年次)
2012 2013 2014 2015
64.76 78.31 94.07 63.14
通関統計(ナフサ(石化用))の推移詳細(年次)
2012 2013 2014 2015
53.07 63.24 67.76 44.04
通関統計((ナフサ(その他))の推移詳細(年次)
2012 2013 2014 2015
59.16 70.57 73.32 49.96

コモディティページを読んだ人はこの記事も読んでいます

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月15日

新電力ネット運営事務局

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用

3月15日、中国電力は石炭火力発電所から発生する「石炭灰」を活用した製品の製造・営業・販売を、グループ会社である「中国高圧コンクリート工業」へ移管したと発表しました。中国電力グループとして、さらなる販売拡大を目指すための体制強化を行った形となります。

2016年のCO2濃度、観測史上最高の405.1ppmに、南極では400万年で初めて400ppm到達の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月14日

新電力ネット運営事務局

2016年のCO2濃度、観測史上最高の405.1ppmに、南極では400万年で初めて400ppm到達

米海洋大気局(NOAA)は10日、大気中の二酸化炭素濃度が観測史上過去最高の405.1ppmに達したと発表しました。産業革命前の水準と比較すると、CO2濃度は43%増加したことになり、2017年に入ってからも増加傾向にあります。

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月26日

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスクの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月09日

新電力ネット運営事務局

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスク

グリーンピース・インターナショナルのラウリ・ミルヴィエルタ氏は、5月に「新規石炭火力発電所による 大気環境および健康への影響 」の調査結果を発表しました。調査によると、今後の新規石炭火力の建設における健康リスクは、260 人/年(95%信頼区間 140〜370)の早期死亡者数と、30人の低出生体重児として現れます。