エネルギー調達最適化サービス

電気料金削減に関するご案内

日本では、2000年以降、段階的に小売自由化が行われてきました。はじめは、「特別高圧」区分の大規模工場やデパート、オフィスビルが電力会社を自由に選ぶことができるようになり、新規参入した電力会社「新電力」からも電気を購入することが可能になりました。

その後、2004年4月・ 2005年4月には、小売自由化の対象が「高圧」区分の中小規模工場や中小ビルへと徐々に拡大していきました。そして、 2016年4月1日からは、「低圧」区分の家庭や商店などにおいても電力会社が選べるようになりました。

電力自由化の歴史

出典:資源エネルギー庁「電力小売全面自由化特設サイト」

震災等を反省としたこれら改革により、電力業界は公平な市場が形作られつつあります。国が電気を使うお客様に不利益が一切なく、安心して切り替えられるよう改革を進めた結果、新電力であっても旧一般電気事業者であっても、お客様に安価な電気を提供できるような環境が整いました。

電力自由化の質問

出典:資源エネルギー庁「電力小売全面自由化特設サイト」

新電力への切替率は徐々に伸び、今となっては電力会社の比較検討も一般的になりつつあります。ただ、“未だに地域電力会社から電力切替をするのは不安”、“切替を一度行った後、再度の削減を試みても、思うように結果が出ない”、“一度切替を検討した経験があるが、手間がかかるのでやめた”という意見も頂いております。

このように現状維持のお客様の中には、地域電力会社で契約していれば価格も変わらず安心という方いますが、実は「地域電力会社の震災以降、電気料金は23-27%も値上がり」していて、消費税の増税が行われれば、30%近い値上がりになります。

電気料金の推移

大手電力の電気料金平均単価の推移 出典:資源エネルギー庁

そのため、当事務局は、安心して、電気代を最大限抑制したい皆さまに対して、「エネルギー調達最適化」サービスを提供いたします。なお、「エネルギー調達最適化」は、合算で500kW以上の施設を保有する需要家様を対象としております。ぜひとも全面自由化のメリットを皆様に実感頂けましたら幸いです。

電力切替に対する疑問

電力切替えについて

ご支援体制

「エネルギー調達最適化」サービスは、当事務局が長年にわたり蓄積してきた、エネルギー分野における広範なネットワークを活用し、独自の専門性を持つ協力会社と連携しながら進めます。貴社から保有施設の規模・業態や具体ニーズ等をヒアリングさせていただいた後、協力会社の選定を行い、最大限の価格削減を目指します。

ご支援体制

方法論

現状、電力会社にお見積りを依頼する場合、12ヶ月分の電気明細を送付するのみに留まることが一般的です。一方で「エネルギー調達最適化」は、必要な資料は同一(12ヶ月分の明細)ですが、電力明細から得られる電力利用データに基づき、原価を逆算して電力会社に指値にて交渉する手法を取ります。

これにより、原価に基づいた交渉が可能となります。また、豊富な削減実績DBを保有するため、偏差値から目標値を定め、原価調整と併せて最終価格を約定致します。加えて、大手・中小企業・公共団体も含めた多くの切替をご支援してきたスケールメリットが当方にはあり、それらのアセットも鑑みた目標値に基づき、料金単価に落とし込みます。

方法論
参考:自社で電力会社選定を行いたいお客様

ご自身で各電力会社からお見積もりを取りたい方につきましては、電力会社一覧をご参考ください。600社以上の電力会社から選定することができます。地元の企業から電力を選びたい方は、代理店一覧をご覧ください。地域に密着した企業から電力を購入することが可能です。

サービス費用

現状の電力料金から最大限のコスト削減を目標として取り組みます。そのため、現状の電力単価から3%以上の電気代の削減に成功した場合、本サービスの成功報酬として、契約期間中はサービス利用前の電気単価からの削減分の30%を頂きますので、予めご了承ください。成功報酬型のスキームであり、電気代の削減に至らなかった場合は費用がかかりません。

電力切替えコンサルの費用

利用条件

電力会社との信頼の下、原価交渉にて調整するため、下記の利用条件を定めております。

  1. 自社(グループ会社)全体で500kW以上の施設であること
  2. 1年以内に電力会社の切替予定があること
  3. (全ての電力会社との協議窓口)を一任いただくこと
  4. 着手前に成功報酬型の委任契約を締結いただくこと

サービスご利用の流れ

下記の「お問い合わせフォーム」にて、「エネルギー調達最適化」サービスのご利用を希望する旨をご連絡ください。その後、担当者からご連絡差し上げますので、お打ち合わせ等も含めまして、個別調整させて頂ければと思います。

お見積もりを進めるにあたり必要な資料は、12ヶ月分の電力明細PDF(もしくはExcel形式の電力利用データ)のみです。データを頂いた後、当方にて各電力会社と調整させて頂き、その結果を整理した上で、金額面にて公平に比較検討できる資料を提出いたします。その資料を参考に、電力会社を決定いただく流れとなります。

電話でのご質問等

03-6411-0859(10:00~18:00 土日祝休)

【ご参考】当事務局が提案可能な電気料金の削減に関するご提案一覧

電気料金の削減をご希望の皆様に対し、当事務局では下記スキームを取りそろえご提案しております。ご関心あるサービスございましたら、ぜひともお気軽にご連絡いただけますと幸いです。

建物の規模別により下記のご提案をしております(無料)

【家庭用】電気料金DB

ご家庭の皆様に関しては、料金プランDBをご利用ください。2000プラン以上の中からお好みの料金プランを比較することができます。価格面やオプションから皆様のライフスタイルに沿った電気料金プランをご利用ください。

家庭用プランDB
【低圧法人】個別プラン

6kW~50kWの低圧法人(年間電気代150万円以内が目安)の方に対しては、ウェブでのお申込みよりも安価な個別プランを提供しております。1~2社の電力会社に特価申請することで、貴社のみの安価なプランをご用意いたします。必要な資料は1ヶ月分の明細のみです。

個別プラン提案
【特高・高圧】一括見積

50kW以上の特別高圧・高圧(年間電気代150万円以上が目安)の方に対しては、一括見積を提供しております。大手・中小企業・公共団体も含めた多くの切替をご支援してきたスケールメリットを生かします。大型施設だけでなく、小型施設でも幅広くご利用頂いております。

一括見積

CO2削減、環境貢献をご希望の方(無料)

CO2フリープラン選定

当事務局は、皆様に最大限安価な価格設定にてCO2フリープランをご利用いただけるよう、日々情報収集や、エネルギー企業との関係構築を続けております。CO2フリーの電力プランを検討している方は、お気軽にお問い合わせください。

CO2フリープラン
PPAモデル

PPAモデルは、初期費用ゼロ円で太陽光発電を設置するものであり、なおかつ毎月の電気代を抑えられる可能性があります。再エネ導入によるCSR活動と電気代削減を両立できる可能性がありますが、契約期間や設置場所の制約等も大きいスキームとなります。

PPAモデル

有料サービス

エネルギー調達最適化

本ページにてご提案のサービスとなります。500kW以上の特別高圧・高圧(年間電気代5000万円以上が目安)の方がご利用できます。電力明細から得られる電力利用データに基づき、原価を逆算して電力会社に指値にて交渉する手法を取ります。

本ページ