家電の電気代 | ELECTRONICS

スマートフォン

年間の電気代(目安):82円

※スマートフォン10製品から平均値を算出
※1日1回充電、電圧は3.6Vとする。
※1kWhあたり25円と仮定

スマートフォンの省エネ方法

ディスプレイの明るさを抑える ディスプレイの明るさを調節できる機種では、ディスプレイを少し暗くすると電気代が減ります。ただし、目の負担にならない程度にしましょう。
不要な通信機能をオフにする 例えばWi-Fiが使えない場所ではWi-Fiをオフにしたり、位置情報が必要ない場所では位置情報に関する機能をOffにしたりしましょう。設定画面で切り替えができる場合が多くあります。

製造年度の違いによる電気代

古い機種から買い替えても、電気代はほとんど変わりません。

下図のように、2013年製(99 円)から2015年製(95 円)に買い替えると、-3 円(-3.33%)の電気代削減が期待できます。

スマートフォンの製造年度による電気代比較

大きさによる電気代

近年は、スマートフォンのサイズにはあまり差がありません。

※各サイズ毎にスマートフォン5製品から平均値を算出
※1日1回充電、電圧は3.6Vとする。
※1kWhあたり25円と仮定

システム・機能による電気代

スマートフォンの電気代はバッテリーの容量によって決まります。容量が大きいほど、そのバッテリーの電気を使いきるまでの電気代は高くなります。例えばバッテリーの容量が2400mAhのスマートフォンの場合は、1日に1回バッテリー内の電気を一回使い切るとした場合、電気代は年間78.84円となりますが、バッテリーの容量が3440mAhの場合には、電気代は年間112.68円となります。ただし、バッテリー容量が大きいということはその分充電なしで長時間使い続けられるということですので、一概にその損得を測ることはできません。

バッテリーの容量 年間電気代(円)
1434mAh 47
2400mAh 79
3440mAh 113

※各システム・機能毎にスマートフォン5製品から平均値を算出
※1日1回充電、電圧は3.6Vとする。
※1kWhあたり25円と仮定

家電の売買について

家電は古い製品から切り替える等により、電気代が削減できる可能性があります。スマートフォンの購入を検討したい場合は、Amazonの人気商品ページがあります。

また、古い家電はリサイクルショップが有料で引き取ってくれる場合があります。そのほか、家電を短期間試したい場合などは、レンタルショップを利用する方法もあります。

リサイクルショップ一覧
  1. リサイクルネット
  2. 買取センター
  3. 家電高く売れるドットコム
  4. BUY王(バイキング)
  5. 【ecofa(エコファ)】
レンタルショップ一覧
  1. ReReレンタル