家電の電気代 | ELECTRONICS

アイロン

年間の電気代(目安):1248円

※アイロン10製品から平均値を算出
※週に1回、1時間使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

アイロンの省エネ方法

かける前にシワを伸ばす 洗濯の脱水を1分ほどにしたり、シワになりやすいシャツなどの服は洗濯時に畳んでネットに入れ、干すときは厚みのハンガーでかけるとシワを伸ばすことができ、アイロンの時間短縮ができ節約になります。
かける順番を工夫する 低温でポリエステルの服などを先にかけ、徐々にシャツなど高温でかけていき、最後に余熱で小物類にかけると、時間短縮ができ節約になります。
一方向にかける 左右に引っ張り伸びない方向にそってかけるなど、繊維の方向を見極めてかけると時間短縮ができ節約になります。
アルミコーティングされたアイロン台 アルミコーティングされたアイロン台は、熱効率を発揮し素早いアイロン仕上げが可能なので時間短縮にもなり、アイロンの設定温度を中か弱に落として使用できるので節約になります。
まとめてアイロンがけ 毎日こまめにするよりまとめてアイロンをかけた方が節約になります。

製造年度の違いによる電気代

古い機種から買い替えると、少し電気代を削減できます。

下図のように、2005年製(1440 円)から2015年製(1200 円)に買い替えると、-240 円(-16.67%)の電気代削減が期待できます。

アイロンの製造年度による電気代比較

大きさによる電気代

一般的に、サイズが大きいものほど電気代は高くなります。

サイズ(幅×高さ×奥行mm) 電気代(円)
小~中(~100×~139×~199) 893
大(101~×140~×200~) 1392

※各サイズ毎にアイロン5製品から平均値を算出
※週に1回、1時間使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

システム・機能による電気代

一般的に、スチームよりコードレスタイプのほうが電気代が高くなります。

アイロンの種類 電気代(円)
スチーム 1200
コードレス 1620
ミニ 172

※各システム・機能毎にアイロン5製品から平均値を算出
※週に1回、1時間使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

家電の売買について

家電は古い製品から切り替える等により、電気代が削減できる可能性があります。アイロンの購入を検討したい場合は、Amazonの人気商品ページがあります。

また、古い家電はリサイクルショップが有料で引き取ってくれる場合があります。そのほか、家電を短期間試したい場合などは、レンタルショップを利用する方法もあります。

リサイクルショップ一覧
  1. リサイクルネット
  2. 買取センター
  3. 家電高く売れるドットコム
  4. BUY王(バイキング)
  5. 【ecofa(エコファ)】
レンタルショップ一覧
  1. ReReレンタル