家電の電気代 | ELECTRONICS

エコキュート

年間の電気代(目安):49175円

※エコキュート10製品から平均値を算出
※JISに基づく(中間期外気温16℃、夏期外気温25℃、冬期外気温7℃)、毎日使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

エコキュートの省エネ方法

入浴は間隔をあけずに 家族で複数人いる場合は、時間を空けずにお風呂に入り、保温時間を一時間短くすると一か月で約100円の節電ができます。(目安)
浴槽にふたをする 次の人が入浴するまで放熱を防ぐためにふたをすると、一か月で約50円の節約になります。(目安)
設定温度を低めに 給湯温度を2℃低く設定すると、1か月で約150円の節電が出来ます。(目安)
お湯をこまめに止める 食器をまとめ洗いにし、お風呂などで出しっぱなしにせず止める習慣をつけて、使用時間を10分減らすと1か月で約200円節約できます。(目安)
高温たし湯にする 追炊きや自動保温よりも、高温たし湯にした方がお湯の熱が無駄なく利用でき、素早く温まるので省エネになります。
休止モードを使う 数日間家を空けて使わない場合は休止モード設定にし、無駄な沸き増しをしないことで節約になります。

製造年度の違いによる電気代

古い機種から買い替えると、ずいぶんと電気代を削減できます。

下図のように、2013年製(46450 円)から2015年製(31450 円)に買い替えると、-15000 円(-32.29%)の電気代削減が期待できます。

エコキュートの製造年度による電気代比較

大きさによる電気代

一般的に、容量が大きいものほど電気代が高くなります。

容量(ℓ) 電気代(円)
370 45631
460 59607

※各サイズ毎にエコキュート5製品から平均値を算出
※JISに基づく(中間期外気温16℃、夏期外気温25℃、冬期外気温7℃)、毎日使用した場合
※1kWhあたり25円と仮定

家電の売買について

家電は古い製品から切り替える等により、電気代が削減できる可能性があります。エコキュートの購入を検討したい場合は、Amazonの人気商品ページがあります。

また、古い家電はリサイクルショップが有料で引き取ってくれる場合があります。そのほか、家電を短期間試したい場合などは、レンタルショップを利用する方法もあります。

リサイクルショップ一覧
  1. リサイクルネット
  2. 買取センター
  3. 家電高く売れるドットコム
  4. BUY王(バイキング)
  5. 【ecofa(エコファ)】
レンタルショップ一覧
  1. ReReレンタル