家電の電気代 | ELECTRONICS

炊飯器

年間の電気代(目安):2501円

※炊飯器10製品から平均値を算出
※経産省省エネカタログより推計値計算
※1kWhあたり25円と仮定

炊飯器の省エネ方法

保温を短くする 保温は1時間で約1.6円かかります。風味も悪化し電力の消費も増えるので、短縮すると節約になります。
タイマー予約を活用 保温時間を少なくするため、タイマー予約の活用が効果的です。
電子レンジ 4時間以上保温する場合、電子レンジで温め直した方が節約できます。
待機電力の削減 使わないときは、プラグをコンセントから抜くことも省エネに繋がります。

製造年度の違いによる電気代

古い機種から買い替えると、ずいぶんと電気代を削減できます。2007年製から2015年製に買い替えると、 約22%の省エネになります。(目安)

下図のように、2007年製(2201 円)から2015年製(1200 円)に買い替えると、-1001 円(-45.48%)の電気代削減が期待できます。

炊飯器の製造年度による電気代比較

大きさによる電気代

一般的に、たくさん炊ける炊飯器ほど、電気代が高くなります。大家族用の大きな炊飯器になるほど、電気代が高くなる傾向にあるといえます。

サイズ(合) 電気代(円)
3~3.5 1256
5.5 2285
8~10 3383

※各サイズ毎に炊飯器5製品から平均値を算出
※経産省省エネカタログより推計値計算
※1kWhあたり25円と仮定

家電の売買について

家電は古い製品から切り替える等により、電気代が削減できる可能性があります。炊飯器の購入を検討したい場合は、Amazonの人気商品ページがあります。

また、古い家電はリサイクルショップが有料で引き取ってくれる場合があります。そのほか、家電を短期間試したい場合などは、レンタルショップを利用する方法もあります。

リサイクルショップ一覧
  1. リサイクルネット
  2. 買取センター
  3. 家電高く売れるドットコム
  4. BUY王(バイキング)
  5. 【ecofa(エコファ)】
レンタルショップ一覧
  1. ReReレンタル