入札情報 | TENDER

くりりんセンター余剰電力売却

調達機関 十勝環境複合事務組合
調達機関所在地 北海道
売却期間 平成29年7月1日から平成30年3月31日
予定売却電力量 11,445,000kwh
証明書等の
受領期限
告示の日から平成28年12月2日(金)までの、土曜日、日曜日及び国民 の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休 日」という。)を除く毎日、9時から17時まで。
入札書類等の
受領期限
① 郵送による方法:入札書類を書留郵便により開札日の前日、平成28年12月21日(水)17時必着 ② 持参による方法:開札日に開札場所へ入札書類を持参
開札日時 平成28年12月22日(木)13時30分

出典:十勝環境複合事務組合

この入札概要を読んだ人はこの記事も読んでいます

省エネや補助金の獲得につながるIoT、新電力企業が取り組む実例から見るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年09月14日

新電力ネット運営事務局

省エネや補助金の獲得につながるIoT、新電力企業が取り組む実例から見る

今後、スマートな工場・ビル・住宅の実現により500万kl近くのエネルギーが削減できると見込まれています。このコラムでは、新電力企業による「電力の見える化」サービスや、それに付随する補助金獲得の優位性について見ていきたいと思います。

エネルギー使用合理化補助金の公募開始、評価項目には政策的意義もの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月07日

新電力ネット運営事務局

エネルギー使用合理化補助金の公募開始、評価項目には政策的意義も

6月6日、環境共創イニシアチブは「平成28年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」の公募を開始したと発表しました。期限は、平成28年7月1日(金)17:00必着です。省エネや電気需要平準化で幅広く使える補助金となります。

再エネ補助金開始、固定価格買取制度(FIT)を使わない設備で利用可能の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月09日

新電力ネット運営事務局

再エネ補助金開始、固定価格買取制度(FIT)を使わない設備で利用可能

4月28日、再エネ設備の導入を支援する補助金「再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金」の公募が開始しました。固定価格買取制度の設備認定を受けない発電設備などを対象に費用補助を実施する内容となっております。

蓄電池補助金、補助額が3倍の30万円/kWに、申請期間も1年間延長の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月13日

新電力ネット運営事務局

蓄電池補助金、補助額が3倍の30万円/kWに、申請期間も1年間延長

本コラムでは、蓄電池と再エネ設備で利用できる「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」について概要を見ていきたいと思います。公募期間が1年間延長され、補助額の計算も申請者にとって有利な改革が実施されました。

【ものづくり補助金】3分の2の費用補助、エネルギー事業含め幅広く対応の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月29日

新電力ネット運営事務局

【ものづくり補助金】3分の2の費用補助、エネルギー事業含め幅広く対応

2月5日、中小企業庁が「ものづくり補助金」の受け付けを開始したと発表しました。エネルギー事業でも利用できる可能性がある、非常に幅広い事例をカバーできる補助金です。申し込みの締め切り日は4月13日となっており、それまでに申請書を提出する必要があります。