コモディティ統計情報 | COMMODITY

天然ガス価格の推移

天然ガスのスポット価格です。スポット価格とは、長期契約ではなく一回の取引ごとに成立する市場価格となります。スポット市場とは反対に、先物取引では、将来に商品を受け渡す条件で売買の取引を行う市場となります。

Henry Hubは、米国南部ルイジアナ州にある天然ガスの集積地名です。ここで売買される天然ガスの価格がNYMEXの先物価格の指標値となっており、米国の天然ガス指標価格の呼称にもなっています。

天然ガス価格の推移(通関統計)|(Excel)

天然ガスのスポット価格(USドル/百万BTU)

天然ガスのスポット価格(Henry Hub)の推移詳細
2013/2 2013/3 2013/4 2013/5 2013/6 2013/7 2013/8 2013/9 2013/10 2013/11 2013/12 2014/1
3.33 3.81 4.17 4.04 3.83 3.62 3.43 3.62 3.68 3.64 4.24 4.71
2014/2 2014/3 2014/4 2014/5 2014/6 2014/7 2014/8 2014/9 2014/10 2014/11 2014/12 2015/1
6.00 4.90 4.66 4.58 4.59 4.05 3.91 3.92 3.78 4.12 3.48 2.99
2015/2 2015/3 2015/4 2015/5 2015/6 2015/7 2015/8 2015/9 2015/10 2015/11 2015/12 2016/1
2.87 2.83 2.61 2.85 2.78 2.84 2.77 2.66 2.34 2.09 1.93 2.28
2016/2 2016/3 2016/4 2016/5 2016/6 2016/7 2016/8 2016/9 2016/10 2016/11 2016/12 2017/1
1.99 1.73 1.92 1.92 2.59 2.82 2.82 2.99 2.98 2.55 3.59 3.30

年次推移

天然ガス価格のスポット統計(年次)

天然ガスのスポット価格(Henry Hub)の推移詳細(年次)
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
3.95 4.39 4.00 2.75 3.73 4.39 2.63

コモディティページを読んだ人はこの記事も読んでいます

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月15日

新電力ネット運営事務局

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用

3月15日、中国電力は石炭火力発電所から発生する「石炭灰」を活用した製品の製造・営業・販売を、グループ会社である「中国高圧コンクリート工業」へ移管したと発表しました。中国電力グループとして、さらなる販売拡大を目指すための体制強化を行った形となります。

2016年のCO2濃度、観測史上最高の405.1ppmに、南極では400万年で初めて400ppm到達の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月14日

新電力ネット運営事務局

2016年のCO2濃度、観測史上最高の405.1ppmに、南極では400万年で初めて400ppm到達

米海洋大気局(NOAA)は10日、大気中の二酸化炭素濃度が観測史上過去最高の405.1ppmに達したと発表しました。産業革命前の水準と比較すると、CO2濃度は43%増加したことになり、2017年に入ってからも増加傾向にあります。

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月26日

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスクの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月09日

新電力ネット運営事務局

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスク

グリーンピース・インターナショナルのラウリ・ミルヴィエルタ氏は、5月に「新規石炭火力発電所による 大気環境および健康への影響 」の調査結果を発表しました。調査によると、今後の新規石炭火力の建設における健康リスクは、260 人/年(95%信頼区間 140〜370)の早期死亡者数と、30人の低出生体重児として現れます。