コモディティ統計情報 | COMMODITY

原油価格の推移

EIAの「World Energy Outlook」による原油価格の予測・見通しです。下記4つのシナリオにおける予測値となります。

  1. 新政策シナリオ :各国で採用されようとしている確度の高いエネルギー・環境政策の実施を
             前提としたシナリオ
  2. 現行政策シナリオ:今までのトレンドに大きな変化を織り込まないシナリオ
  3. 450シナリオ :温室効果ガスの大気中濃度を450ppm以下にするシナリオ
  4. 低油価シナリオ :石油価格は2010年代末まで1バレル50ドル前後の水準にとどまり、
             その後徐々に上昇に転じ2040年に1バレル85ドルとなるシナリオ

原油価格関連データ一式|(Excel)

原油価格の予測・見通し($/バレル)

実質価格
名目価格

原油価格の予測・見通し($/バレル)

新政策シナリオ(実質)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 80 113 128
現行政策シナリオ(実質)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 83 130 150
405シナリオ(実質)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 77 97 95
低油価シナリオ(実質)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 55 70 85
新政策シナリオ(名目)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 89 153 210
現行政策シナリオ(名目)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 92 176 246
405シナリオ(名目)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 85 131 156
低油価シナリオ(名目)の推移詳細
2014 2020 2030 2040
97 61 95 140

そのほか、世界銀行が発行するCommodity Markets Outlookによると、下記表のような予測データがあります($/bbl)。

2017 2018 2019 2020 2025
55.2 59.9 62.7 65.6 82.6

出典:World Bank

コモディティページを読んだ人はこの記事も読んでいます

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月15日

新電力ネット運営事務局

中国電力、「石炭灰」製品を販売拡大するため体制強化、緑化基盤材や土壌改良材などに活用

3月15日、中国電力は石炭火力発電所から発生する「石炭灰」を活用した製品の製造・営業・販売を、グループ会社である「中国高圧コンクリート工業」へ移管したと発表しました。中国電力グループとして、さらなる販売拡大を目指すための体制強化を行った形となります。

2016年のCO2濃度、観測史上最高の405.1ppmに、南極では400万年で初めて400ppm到達の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月14日

新電力ネット運営事務局

2016年のCO2濃度、観測史上最高の405.1ppmに、南極では400万年で初めて400ppm到達

米海洋大気局(NOAA)は10日、大気中の二酸化炭素濃度が観測史上過去最高の405.1ppmに達したと発表しました。産業革命前の水準と比較すると、CO2濃度は43%増加したことになり、2017年に入ってからも増加傾向にあります。

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月26日

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスクの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月09日

新電力ネット運営事務局

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスク

グリーンピース・インターナショナルのラウリ・ミルヴィエルタ氏は、5月に「新規石炭火力発電所による 大気環境および健康への影響 」の調査結果を発表しました。調査によると、今後の新規石炭火力の建設における健康リスクは、260 人/年(95%信頼区間 140〜370)の早期死亡者数と、30人の低出生体重児として現れます。