電力ニュース | PPSNEWS

研究開発補助を拡充 県、新年度予算3億円確保へ 再生エネ

研究開発補助を拡充 県、新年度予算3億円確保へ 再生エネの写真

出典:福島民報
2017年01月06日

県は平成29年度、水素や風力、バイオマスなど再生可能エネルギーの発電機器製造を目指す県内企業への研究・開発費の補助制度を拡充する。補助率は3分の2で、1件当たりの上限額を従来の2倍以上の数千万円程度とする。10件程度の採択を見込み、初年度は約3億円を確保する予定だ。県内全域の製造業者から補助額引き上げを求める声が出ている状況を踏まえ対応を決めた。

 

県が自主財源を基に平成26年度から実施してきた補助率3分の2、上限1000万円の再生可能エネルギー技術実用化事業(平成28年度まで採択延べ6件)を28年度で廃止し、上限を数千万円とする新たな補助制度を設ける。

出典:福島民報

最近のエネルギー・電力ニュース

研究開発補助を拡充 県、新年度予算3億円確保へ 再生エネの写真

出典:福島民報

2017年01月06日

研究開発補助を拡充 県、新年度予算3億円確保へ 再生エネ

県は平成29年度、水素や風力、バイオマスなど再生可能エネルギーの発電機器製造を目指す県内企業への研究・開発費の補助制度を拡充する。補助率は3分の2で、1件当たりの上限額を従来の2倍以上の数千万円程度と...
中国レネソーラ、屋根上太陽光で335MWを中国企業と共同開発の写真

出典:日経テクノロジーオンライン

2017年01月05日

中国レネソーラ、屋根上太陽光で335MWを中国企業と共同開発

中国の太陽光パネル大手であるレネソーラ(Renesola)社は1月3日、Beijing Enterprises Clean Energy Group(BECE)社と屋根上設置による335MW分の太陽光...
JEMAとJPEAが太陽光の「保守点検ガイドライン」、新認定制度を踏まえた規格にの写真

出典:日経テクノロジーオンライン

2017年01月05日

JEMAとJPEAが太陽光の「保守点検ガイドライン」、新認定制度を踏まえた規格に

日本電機工業会(JEMA)と太陽光発電協会(JPEA)は12月28日、「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」を公表した。IEC(国際電気標準会議)規格を元にした技術資料で、1500V以下の太陽光発...
「夏は涼しく冬は暖かい、快適に過ごせる家」の条件は?の写真

出典:BIGLOBEニュース

2017年01月05日

「夏は涼しく冬は暖かい、快適に過ごせる家」の条件は?

「夏は涼しく冬は暖かい家」の望みを叶える基礎となるのが、高断熱・高気密の工法です。   今回は、高断熱や高気密について考えていきます。 良い断熱材選びはコストより性能や耐久性で...
山形と新潟の木質バイオマス発電、東邦銀行が主幹事でプロジェクトファイナンスの写真

出典:日経テクノロジーオンライン

2017年01月05日

山形と新潟の木質バイオマス発電、東邦銀行が主幹事でプロジェクトファイナンス

東邦銀行は2016年12月27日、山形県と新潟県に開発中の木質バイオマス発電プロジェクトに対して、それぞれプロジェクトファイナンスを組成し、融資すると発表した。   このうち、山...

新電力ネットTOPへ