電力市場|MARKET

北海道の電力市場

  • 市場規模
  • 販売実績のある企業数

市場規模・セグメント別|(Excel)

法人用の市場規模

特別高圧

契約電力量が2000kW以上の市場

高圧

契約電力が50~2000kWの市場

家庭・小規模事業者の市場規模

低圧

契約電力が50kW未満の市場

特別高圧において販売実績のある企業数

契約電力量が2000kW以上において販売実績のある企業数

高圧において販売実績のある企業数

契約電力が50~2000kWにおいて販売実績のある企業数

低圧において販売実績のある企業数

契約電力が50kW未満において販売実績のある企業数

このページを読んだ人はこの記事も読んでいます

中部電力、新型プリウスPHV向けサービスを開始、ポイントや費用・CO2削減レポートなどのメリットの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月21日

新電力ネット運営事務局

中部電力、新型プリウスPHV向けサービスを開始、ポイントや費用・CO2削減レポートなどのメリット

2月15日、中部電力は新型プリウスPHV向けの新サービスの提供について発表しました。新サービス「カーエネ」は、「PHVつながるでんきサービス」の一つとして、エコ運転や充電をサポートする付加価値をユーザーに提供します。

原発の賠償費用が標準家庭で18 円/月の負担増に、期間は2020年から2060年までの40年間の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月16日

新電力ネット運営事務局

原発の賠償費用が標準家庭で18 円/月の負担増に、期間は2020年から2060年までの40年間

2月9日、「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」において、原子力事故に係る賠償への備えに関する負担の在り方が提示されました。全ての需要家から公平に回収する過去分の額が約2.4 兆円と算出され、標準家庭では18 円/月を40年間かけて負担する計算となります。

東京都がCO2排出量の小さい電力・熱供給事業者を認定、キャップ&トレード制度においてCO2削減量に算定可能の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月09日

新電力ネット運営事務局

東京都がCO2排出量の小さい電力・熱供給事業者を認定、キャップ&トレード制度においてCO2削減量に算定可能

2月7日、東京都は「低炭素電力」・「低炭素熱」の認定供給事業者を決定したと発表しました。低炭素電力認定供給事業者については、昨年は4事業者であったのが本年度は13事業者となり、9事業者の増加となります。

ガス事業の歴史を振り返る、ガス自由化までの流れと変遷(3)の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月07日

新電力ネット運営事務局

ガス事業の歴史を振り返る、ガス自由化までの流れと変遷(3)

前回から引き続き、「電力とガスの違いについて~それぞれの特徴から考察する~」といったテーマにて連載コラムを掲載いたします。第3回目となる今回は、ガス自由化によって生まれる料金プランの多様性や、どういったデメリットがあるのか、といった部分についてフォーカスしていきます。

北海道電力によるエリアインバランスの誤算定、全国のインバランス料金にも影響が及ぶの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月03日

新電力ネット運営事務局

北海道電力によるエリアインバランスの誤算定、全国のインバランス料金にも影響が及ぶ

中部電力に引き続き、北海道電力も1月23日に誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響を経産省に報告しました。誤算定によるエリアインバランス量は合計で約3億58百万kWhとなります。また、今回の誤算定で全国各エリアのインバランス料金精算にも影響が及びます。