エネルギー革命

エネルギー革命とは

主に、今現在使用されているエネルギー資源がほかの資源へと急激に変化することを指します。

背景

18世紀における産業革命において、薪や木炭から石炭への転換が生じ、熱源や動力源の主力になる第一次エネルギー革命が行われました。1950年代にも中東での巨大油田発見をきっかけに石炭から石油へのエネルギー革命が行われました。

エネルギー革命により起こったこと

木炭から石炭へ移行したことにより、蒸気機関車を発達させ、産業革命を促進し、先進国の工業化を後押ししました。さらに石炭から石油に移行することで燃料が軽くなり、飛行機などの内燃機関の発達や産業をさらに高度化することにつながりました。

エネルギー革命によって懸念されるデメリット

エネルギー資源の獲得できない日本など地域は輸入に頼る必要があったり、石油産出地域をめぐる争いがおきたりしてしまうこともあります。さらに1950年代のエネルギー革命後、石油が世界中で使われすぎたことによって地球の環境を破壊してしまうことや、石油資源が枯渇してしまうことも懸念されています。そのため、新しいエネルギーへのエネルギー革命をする必要があります。

海外や日本でのエネルギーに関する動き

欧州では偏西風や水力などの自然エネルギーによって水素を生み出し、その水素を用いて燃料電池を駆動させることを目指しています。太陽光の利用や、日本の海に豊富に埋蔵されるといわれているメタンハイドレードというガスを有効に活用して新たなるエネルギー資源の実用化に向かっています。

これから期待されるエネルギー革命

原発事故や環境破壊をきっかけとして新たなる再生可能エネルギーや自然エネルギーを用いた新たなるエネルギー革命が期待されています。さらにエネルギー革命がおこるということは、装置の全面作り直しになり、大きな需要を作り出し、環境問題や資源問題だけでなく、景気を回復させるのに非常にいい方法になるとも考えられています。