廃棄物発電

廃棄物発電とは

ごみを焼却する際の「熱」で高温高圧の蒸気を作り、その蒸気でタービンを回して発電する発電方法です。

背景

1990年代後半から、焼却技術の向上やダイオキシン問題への対応による廃棄物焼却施設の大規模化などに伴い、廃棄物発電は発展してきました。また、地球温暖化対策の観点から、化石燃料の代替エネルギーとしても、廃棄物発電の導入が推進されるようになりました。

廃棄物発電の仕組み

廃棄物発電は、廃棄物を燃やし、水蒸気を発生させて電気を作ります。廃棄物発電の方法は大きく分けて、焼却炉による従来型、ガス化溶融炉を使用した次世代型、通常のごみ発電よりも発電効率を高くしたスーパーごみ発電に分類されます。

RDF(廃棄物固形燃料)について

廃棄物発電やボイラーの燃料として、廃棄物の固形燃料が登場しました。これを英語の略称で RDF(Refused Derived Fuel)と言います。廃棄物の不純物を取り除いて乾燥させ、接着剤と石灰を混ぜて作られます。RDFはダイオキシンが発生しにくく、専用の焼却炉で効率よく電気を作ることができます。これをRDF発電といいます。RDF発電は、焼却炉を大型化させるよりも、ずっと効率が良い発電方法といわれています。

廃棄物の利用方法

廃棄物には、熱エネルギーを電力や熱そのものとして利用する方法と、RDF・可燃性ガス・炭化燃料に加工する利用方法があります。廃棄物エネルギーとして 電力や熱を使用する場合、焼却施設から離れている地域への送電などが難しいとされています。燃料として加工する場合も、加工する分のエネルギーがかかり、効率が下がります。そのため、電力の充分な地域では熱エネルギーを重点的に活用し、熱の需要がない地域では燃料化を取り入れるなど、地域の条件に合わせて 選択することが必要です。

公共施設での他の発電方法

下水道施設の最終処分場で残る下水汚泥をガス化させることによってできるバイオガス発電も近年注目を浴びています。また、他のバイオガス発電として生ごみのバイオガス発電も注目されていますが、生ごみの資源化施設としてバイオガスを回収する施設はまだ多くはありません。

今後の課題・展望

廃棄物発電は費用回収と費用対効果からある程度の規模と一定の廃棄物量が必要となります。人口減少や市民の意識改善によってゴミの排出削減が進む中、これからは一つの自治体だけで廃棄物処理をしていくのではなく、複数の自治体が連携して、廃棄物処理計画をたてて、運営をしていくことも大切になってきます。そうすることによって発電設備を充実させることができ、さらにごみ発電の効率もよくなっていくと考えられます。しかし、廃棄物は基本的にできるだけ減らしていくことが大切なので廃棄物発電によって安易になんでも燃やせばよいという考えにならないことが大切です。