太陽光発電

太陽光発電とは

太陽光発電とは太陽の光を「太陽電池」から電気に変えて発電する再生可能エネルギーです。太陽光発電は化石燃料を使った火力発電に比べたら環境汚染のリスクが非常に低いという利点があります。

太陽電池とは

太陽電池とは1839年にフランスの物理学者アレクサンドル・エドモン・ベクレルが発見され、電力器具であります。原理は光を太陽電池に当てていくことで、電子が光のエネルギーを回収しそれを外部に拡散していくのでそれを半導体で電気に変えていくという仕組みです。

背景

石油危機による資源不足といったエネルギー問題・温室効果ガスによる地球温暖化などの環境問題を踏まえて化石燃料に代わったエネルギーが注目されるようになっていきました。

規制緩和によるメリット・デメリット

規制緩和によって太陽光発電の普及が進み一般の家庭でも取り付けることができるようになるため自分の家で電気が造れるようになります。その結果エネルギー問題、環境問題の解決につながります。しかし規制緩和が進んでも電力を大規模に供給するライフラインがまだ未透明であること、天候に左右されやすく・維持費もかかってしまうことがあります。

海外の動向

①アメリカ

2001年に国家エネルギー法2007年に脱石油資源と温室効果ガスの排出を減らすためエレルギー自給安全保障法を成立させ、オバマ大統領のグリーンニューディール政策で太陽光発電が一般にも広まるようになりました。

②ドイツ

石炭資源が豊富であったドイツでは2000年に再生エネルギー法を制定して以来再生可能エネルギーの促進のために固定価格買取制度を導入した結果太陽光発電の生産数世界1位になりました。

③中国

急速な経済発展を進めた結果、環境問題が深刻な社会現象になったのを背景に中国では太陽光発電に注目が集まるようになり中国のメーカーは生産を増やしている傾向です。

将来の展望と懸念

今後太陽光発電は規制緩和によって多くが設立され温室効果ガスも減少しますが、電気を大量に供給できるようになると電力会社の送量需要以上になってしまい途中で再生可能エネルギーを買い取らなくなること、また天候に左右されやすいので安定した供給ができるのかという解決しなければいけない問題がたくさんあります。