バイオレメディエーション

バイオレメディエーションとは

生物が持つ化学物質の分解能力、蓄積能力などを利用して、汚染環境を修復する技術で、重金属や有機化合物による土壌汚染や海洋汚染の浄化に用いられます。

メリット

  1. 常温・常圧のためエネルギーをあまり必要としません
  2. コストが安いです
  3. 汚染の現場で、直接浄化を行うことができます
  4. 操業中であっても、浄化を行うことができます
  5. 広範囲にわたる汚染の浄化を行うことができます

デメリット

  1. 浄化に時間がかかります
  2. 高濃度汚染地では、微生物が死んでしまうので、適用することができません
  3. 浄化の過程で、有害な物質が生成する可能性があります
  4. 複数の汚染物質が含まれる場合の浄化が難しいです

今後の展望

国内で行われている環境浄化法のうち、バイオレメディエーションの利用は、2016年現在で約10%前後ですが、既存の環境浄化法と比較して、非常にコストが安く、効果も大きいことから、今後、ますます利用されるようになると考えられています。