バイオプラスチック

バイオプラスチックとは

生物資源(バイオマス)から作られたプラスチックです。

原料

主にデンプンや糖の含有量の多いトウモロコシやサトウキビなどから製造されます。技術的には木、米、生ゴミ、牛乳等からも製造可能であるとされています。

メリット

バイオプラスチックの大きな利点は、元来地上にある植物を原料とするため、地上の二酸化炭素の増減に影響を与えないカーボンニュートラルの性質を持っていることです。ただし、従来のプラスチックと同様にバイオプラスチックの製造時にもエネルギーを必要とするため、完全なカーボンニュートラルではないとの意見もあります。

バイオマス起源の素材を利用することで地球温暖化対策になります。植物が大気中の二酸化炭素を固定して生成した物質を使ってつくるプラスチックであるため、それを燃焼廃棄しても二酸化炭素の収支はゼロとなります。焼却する場合、燃焼熱が低い上、ダイオキシン類が発生しません。

バイオプラスチックの多くは生分解性プラスチックとしての性質を持ちます。微生物によって水と二酸化炭素に分解され、その二酸化炭素を元に植物が光合成によってデンプンを作り出し、デンプンからまた生分解性プラスチックの原料を作り出すことができるので循環性があります。

デメリット

バイオプラスチックの製造には化石燃料由来のエネルギーが必要であるためあまり環境に優しいとは言えません。この素材は家庭内ではなく堆肥化施設でのみ堆肥にすることができますが、国内のこのような施設は限られており施設の利用のしやすさには問題があります。また、バイオプラスチックに使用するバイオマスは栽培しなければなりません。主要なバイオマスである遺伝子組み換えのトウモロコシや大豆には有毒な農薬を撒かなくてはならず、これが環境汚染や土壌汚染の一因となります。

改善の可能性

バイオプラスチックの製造にはさまざまな方法があるため堆肥化可能なプラスチックには多様な特質や特性があります。生分解性プラスチック製造のほとんど全てには再生可能な有機物を使用します。また、バイオプラスチック市場は今の所非常に小規模なため堆肥化施設はどこにでもあるわけではなく、廃棄に関する問題が残っています。化学者たちはバイオプラスチックをより費用効率が高く環境に優しくするためのさまざまな方法を模索中です。

今後の展望

バイオプラスチック業界の今なお進行中の発展は、改善に向かう大きな可能性をうかがわせます。2016年現在、廃棄の懸念や基本的施設の問題そして生産設備や堆肥化施設の不足はバイオプラスチック市場の成長にとっては大きな課題になりえます。