ガソリンエンジン

ガソリンエンジンとは

自動車や小型商業車、自動二輪車などに使用されています。

ガソリンエンジンの背景

1885年、ドイツ人のゴットリープ・ダイムラーが4ストロークエンジンを開発し、木製の二輪車にエンジンを載せ、翌年1886年に四輪車を開発しました。同じ1886年にドイツ人のカール・ベンツがガソリンエンジンを搭載した三輪車を開発し販売されました。

ガソリンエンジンのメリット

  1. 少ない燃料で長距離走行が可能。
  2. ディーゼルエンジンより、静粛性が高く比較的軽量で製造コストが安い。

ガソリンエンジンのデメリット

  1. 地球温暖化を加速させる(二酸化炭素を排出するため。)
  2. 騒音(自動車特有のエンジン音がする。)

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンとの対比

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンは、燃焼方式に違いがあります。ガソリンエンジンは、ガソリンと空気を混合して燃焼室に送り込み圧縮します。ディーゼルエンジンは、空気のみを燃焼室に送り込み圧縮し、燃料を高圧噴射し混合します。さらに、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの排出ガスに違いがあります。ガソリンエンジンは、二酸化炭素・一酸化炭素・水素炭素を排出し、一方ディーゼルエンジンは、粒子状物質・窒素酸化物を排出します。

今後の展望

ガソリンエンジンには、地球温暖化防止のために二酸化炭素削減が求められています。ガソリンは価格が高騰することもあり、二酸化炭素も排出するため自動車メーカーは二酸化炭素の排出を削減できるハイブリット車の開発に力を入れています。

懸念

近年では、環境にやさしい車を求める人が多くなっています。そのため、二酸化炭素を排出するガソリンエンジンよりディーゼルエンジンが注目されています。ガソリンエンジンには、自動車特有の音がありますが、その音は自動車が来たことを知らせてくれる大切な合図でもあります。自動車特有の音を残しつつ、エンジン部分を環境にやさしくしていき、ガソリンエンジンの良い所を残し、ディーゼルエンジンの良い所を取り入れることも大切です。