家電の電気代 | ELECTRONICS

レコーダー

年間の電気代(目安):725円

※レコーダー10製品から平均値を算出
※1日2時間、毎日使用した場合、ICレコーダーは除く
※1kWhあたり25円と仮定

レコーダーの省エネ方法

省エネ機能を使う 待機時の消費電力を抑えるために省エネ機能を使って抑えると節約できます。
電源をオフにする 録画や再生以外は電源をオフにして、テレビのみの消費電力に抑えると節約になります。
ディスクを抜く ディスクが入っていると読み取りの動作をすることがあるので、抜いておくと節電できます。
熱がこもらないようにする 暑くなり過ぎるとファンが作動して温度をさげようとするので、熱がこもらない場所や空間にゆとりがある場所に置くと節電になります。
クイック起動設定にしない クイック起動設定にしてしまうと、待機中も本体内部の回路が働いていしまうので、設定しないでおくと節電になります。

製造年度の違いによる電気代

古い機種から買い替えると、機能が増える分、少し電気代を浪費してしまいます。

レコーダーの製造年度による電気代比較

大きさによる電気代

一般的に、容量が大きいものほど電気代が高くなります。

容量(GB) 電気代(円)
~500 394
501~ 862

※各サイズ毎にレコーダー5製品から平均値を算出
※1日2時間、毎日使用した場合、ICレコーダーは除く
※1kWhあたり25円と仮定

システム・機能による電気代

一般的に、HDDレコーダーが一番電気代が高くなります。

レコーダーの種類 電気代(円)
ブルーレイ 635
DVD 932
HDD 1370

※各システム・機能毎にレコーダー5製品から平均値を算出
※1日2時間、毎日使用した場合、ICレコーダーは除く
※1kWhあたり25円と仮定