ビルオーナーとテナントによる新電力事業の可能性

2015年11月16日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

ビルオーナーとテナントによる新電力事業の可能性の写真

新電力への切り替えは、テナントの方にとっては簡単ではありません。基本的に建物ごとの契約となるため、オーナーの理解が必要なためです。そこで、グリーンリースの考えを取り入れた新電力事業の可能性について考察します。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

テナントによる新電力切り替え

テナントの皆様にとって、日々の電気代はできる限り削減したい項目であるかと思います。そのため、新電力への切り替えにより電気代を削減したいケースも増えると想定されますが、現状では基本的に建物(受電設備単位)ごとの契約になるため、簡単に新電力に変更はできません。ただし、2016年度から本格的に始まるグリーンリースを取り入れることにより、ビルオーナーとテナント双方にメリットの生まれるビジネスの形が形成される可能性が高まります。

新電力とグリーンリース

グリーンリースの考え方

グリーンリースとは、ビルに対する省エネや環境配慮を推進することにより、ビルオーナーとテナント双方にメリットが生まれる契約体系のことです。例えば、省エネ設備の設置に必要な費用を、ビルオーナーとテナントの双方で分担し、削減した光熱費の利益を適切に配分するような契約となります。一般的に、グリーンビルディング化に要した費用の回収は、長きにわたります。現状の場合、その負担を光熱費の削減効果が見込めないビルオーナが回収可能なケースは限定されます。テナント側としても、よほど契約期間が長いなどの状況がない限り、簡単には省エネ等への設備投資に手を出しづらいです。その点、グリーンリースでは双方が設備投資を回収可能な契約を形作ることが可能です。

新電力による光熱費削減の場合を見ると、現状では新電力への変更が直接的にはビルオーナーにとって経済的便益を生みません。なぜなら、電気代の支払いはテナントによって行われるため、その経済効果はテナントが享受するからです。そのため、新電力への切り替えによるビルオーナー側のインセンティブを生みづらい構造となります。貸借の条件として電気代が安くなることを条件づけるメリットはありますが、必ずしも新電力への切り替えに積極的になるとはいえません。一方テナント側も、自社のみではなく、ビル全体の契約変更が必要なため、新電力への切り替えに対し消極的になる可能性が高いと思われます。

ここでグリーンリースの考え方を取り入れると、新電力切り替えによる利益をビルオーナーとテナントの双方が享受可能な配分とするなど、新たなビジネスモデル形成の可能性が生まれます。その際、環境配慮への設備投資と新電力をグリーンリースに組み込んだビジネス展開などが期待できます。

グリーンリース概念図

省エネ事業や社内環境改善への展開

グリーンリースモデルの場合、省エネによる費用削減がビルオーナーにも還元されるため、積極的に設備投資を実施するケースも増えていくと想定されます。そこに新電力事業に関心のある層を組み込み、契約の切り替えと併せて、省エネや社内の環境改善を実施するような環境コンサル・ビジネスが生まれる可能性が期待できます。

このようなポテンシャルを持つグリーンリースですが、現在はJ-REITの大和証券オフィス投資法人や、日本リテールファンド投資法人などが一部で実施するのみです。まだまだ普及には至っていませんが、2016年から制度も構築されていき、普及が加速していくと見込まれています。

グリーンリースのメリット

補助金の活用

この続きを読むには会員登録(無料)が必要です。

無料会員になると閲覧することができる情報はこちらです
電力の補助金

補助金情報

再エネや省エネ、蓄電池に関する補助金情報を一覧できます

電力料金プラン

料金プラン(Excel含)

全国各地の料金プラン情報をExcelにてダウンロードできます

電力入札

入札情報

官公庁などが調達・売却する電力の入札情報を一覧できます

電力コラム

電力コラム

電力に関するコラムをすべて閲覧することができます

電力プレスリリース

プレスリリース掲載

電力・エネルギーに関するプレスリリースを掲載できます

電力資格

資格取得の支援

電験3種などの資格取得に関する経済支援制度を設けています

次の記事:環境不動産とESG投資による新電力を活用したCSR活動

12
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

中部電力、新型プリウスPHV向けサービスを開始、ポイントや費用・CO2削減レポートなどのメリットの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月21日

新電力ネット運営事務局

中部電力、新型プリウスPHV向けサービスを開始、ポイントや費用・CO2削減レポートなどのメリット

2月15日、中部電力は新型プリウスPHV向けの新サービスの提供について発表しました。新サービス「カーエネ」は、「PHVつながるでんきサービス」の一つとして、エコ運転や充電をサポートする付加価値をユーザーに提供します。

原発の賠償費用が標準家庭で18 円/月の負担増に、期間は2020年から2060年までの40年間の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月16日

新電力ネット運営事務局

原発の賠償費用が標準家庭で18 円/月の負担増に、期間は2020年から2060年までの40年間

2月9日、「電力システム改革貫徹のための政策小委員会」において、原子力事故に係る賠償への備えに関する負担の在り方が提示されました。全ての需要家から公平に回収する過去分の額が約2.4 兆円と算出され、標準家庭では18 円/月を40年間かけて負担する計算となります。

東京都がCO2排出量の小さい電力・熱供給事業者を認定、キャップ&トレード制度においてCO2削減量に算定可能の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月09日

新電力ネット運営事務局

東京都がCO2排出量の小さい電力・熱供給事業者を認定、キャップ&トレード制度においてCO2削減量に算定可能

2月7日、東京都は「低炭素電力」・「低炭素熱」の認定供給事業者を決定したと発表しました。低炭素電力認定供給事業者については、昨年は4事業者であったのが本年度は13事業者となり、9事業者の増加となります。

ガス事業の歴史を振り返る、ガス自由化までの流れと変遷(3)の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月07日

新電力ネット運営事務局

ガス事業の歴史を振り返る、ガス自由化までの流れと変遷(3)

前回から引き続き、「電力とガスの違いについて~それぞれの特徴から考察する~」といったテーマにて連載コラムを掲載いたします。第3回目となる今回は、ガス自由化によって生まれる料金プランの多様性や、どういったデメリットがあるのか、といった部分についてフォーカスしていきます。

北海道電力によるエリアインバランスの誤算定、全国のインバランス料金にも影響が及ぶの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月03日

新電力ネット運営事務局

北海道電力によるエリアインバランスの誤算定、全国のインバランス料金にも影響が及ぶ

中部電力に引き続き、北海道電力も1月23日に誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響を経産省に報告しました。誤算定によるエリアインバランス量は合計で約3億58百万kWhとなります。また、今回の誤算定で全国各エリアのインバランス料金精算にも影響が及びます。