都市ガス小売の全面自由化について

2015年09月11日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

都市ガス小売の全面自由化についての写真

電力市場の開放から1年後の2017年を目処に、都市ガス小売りの全面自由化が実施される予定です。このコラムでは、都市ガスの全面自由化に関するスケジュールなど、基礎的な内容をご紹介いたします。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

都市ガス小売の全面自由化とは

一般ガス事業者による小売の地域独占を撤廃し、幅広いガスの小売事業参入を可能とすることを、都市ガス小売の全面自由化と言います。電力の自由化と同様に、消費者は様々な企業から都市ガス購入を検討できるようになります。都市ガス小売りの全面自由化について、大まかなスケジュールは下記図をご参考下さい。

都市ガス自由化のスケジュール

都市ガス事業の現状

都市ガス事業(一般ガス事業)は都市部を中心に普及しており、供給区域は国土の6%弱となっております。現状の利用件数は約2,900万件であり、LPガスの利用件数(約2,400万件)とほぼ同数となります。都市ガスは大小様々な約200の事業者が地域密着で事業を展開しており、電力の10社体制と比べると細分化されております。

供給区域

都市ガスの供給区域

ガス・電力利用の件数・会社数

ガス利用件数

インフラ整備の状況

都市ガスの整備状況

次のページ:都市ガス小売の普及ポテンシャル

123
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

東京電力、ピーク時の最大電力が4年連続減少の想定、自由化や節電が影響の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月10日

新電力ネット運営事務局

東京電力、ピーク時の最大電力が4年連続減少の想定、自由化や節電が影響

4月8日、電力需給検証小委員会が開催され、各電力会社の需給見通し等が発表されました。このコラムでは、東京電力における2016年度のピーク時発電量や需給見通しを見ていきたいと思います。

電力自由化から一ヶ月、新電力切替は約82万件、各地域の趨勢を見るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月10日

新電力ネット運営事務局

電力自由化から一ヶ月、新電力切替は約82万件、各地域の趨勢を見る

5月10日、電力広域的運営推進機関は4月30日時点で約82万件が新電力への切り替えを申請したと発表しました。全国における家庭部門の電力契約数は約7800万件のため、電力自由化が始まってから一ヶ月間で、全体の約1%が電力会社を切り替えた計算となります。

電力自由化で広がる異業種からの参入、新しいビジネスとしての可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月23日

新電力ネット運営事務局

電力自由化で広がる異業種からの参入、新しいビジネスとしての可能性

電力小売りの全面自由化から半年が経過し、異業種からの参入も活発になってきています。今回のコラムでは、そうした異業種から参入した企業の電力小売ビジネスについて、どういったメリットがあるのか、基本と全体像を見ていきたいと思います。

中部電力、誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月19日

新電力ネット運営事務局

中部電力、誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWh

中部電力は、1月13日に誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響を経産省に報告しました。誤算定によるエリアインバランス量は合計で約5億56百万kWhとなります。

都市ガス小売りの普及ポテンシャルの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年09月18日

新電力ネット運営事務局

都市ガス小売りの普及ポテンシャル

都市ガス事業の採算性について、ガス事業者の現状を基に概要を見ていきます。加えて、ガス事業者の新規参入率の推移や、都市ガス利用の機器形態を家庭用・商業用などに分類してご説明いたします。