スマートメーター設置の主体について

2015年08月26日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

スマートメーター設置の主体についての写真

スマートメーターを設置する主体と、それに付随するビジネスチャンス・サービスの在り方について見ていきます。第3者がスマートメータ設置に介入することにより、イノベーションが生まれることが期待されます。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

スマートメータの管理主体

スマートメーターの管理については、1.選定プロセス、2.調達プロセス、3.運用プロセスの3つのプロセスに大きく分類することができます。この中の運用プロセスについては、①取付工事、②不具合管理、③検針情報の提供等、④検満管理、⑤取替(回収)の各プロセスに分類することが可能です。

現行制度においては、スマートメーターの選定、調達、運用の全てのプロセスにおいて、一般送配電事業者が一貫して責任を負うこととされています。ただし、需要家選択肢の拡大、イノベーションの促進、スマートメーターの早期導入の実現といった観点から、一般送配電事業者とは別の第3者によるによるスマートメーターの設置について議論が進んでいます。

スマートメーターの調達プロセス

設置プロセスの区分整理

スマートメーターを第3者が設置可能になると、多様なサービスを各社が独自に開発することが可能になると想定されます。スマートメーター設置の全てのプロセスを第3者が行う場合、要求されるノウハウが高くなりますが、電力会社のシステムによらない多様なメーターの選択が可能となり、新しいサービスも生まれやすくなります。一方、スマートメーター設置プロセスの一部を担当する場合は、要求されるノウハウはある程度限定されますが、電力会社のシステム要件に適合する範囲でのメーター選択となります。設置に係る役割分担については、下記の3種類が想定されています。

(ⅰ)第三者がスマートメーターの選定、調達、運用の全てのプロセスについて一貫して責任を負うケース
(ⅱ)第三者がスマートメーターの選定、調達プロセスに責任を負うものの、運用プロセスについては電力会社が責任を負うケース
(ⅲ)電力会社が複数種類のスマートメーターを選定したうえで、第三者がその中から実際に設置するスマートメーターを選定し、調達、運用プロセスについては電力会社が責任を負うケース

スマートメーターの各プロセス別の責任主体

上記スマートメータの設置を行う際の費用負担については、現行では一般送配電事業者が負います。ただし、第3者が設置プロセスに介入した場合、一般送配電事業者がどの程度の費用負担を負うかについて、議論が進められています。

いずれにしましても、スマートメータの普及はほぼ強制的に実行されるため、それぞれの設置プロセスでビジネスチャンスが生まれる可能性があると考えられます。設置が進むにつれ、これまでにない情報の蓄積・伝達が可能になり、新しい新電力イノベーションが生まれることが期待されます。

前のページ:スマートメーター活用のサービスについて

123
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

平成27年度の省エネ大賞決定、153件の応募から50件の選出の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年02月12日

新電力ネット運営事務局

平成27年度の省エネ大賞決定、153件の応募から50件の選出

1月27日、省エネ大賞の表彰式が開催されました。全153件の応募中、50件(製品・ビジネスモデル部門:26件、省エネ事例部門:24件)が受賞しております。このコラムでは、省エネ大賞と受賞した事例の内容を概観します。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。

地産地消、太陽光・蓄電池・ヒートポンプ・HEMSを組み合わせた住宅システムの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月31日

新電力ネット運営事務局

地産地消、太陽光・蓄電池・ヒートポンプ・HEMSを組み合わせた住宅システム

5月31日、NTTドコモ、NTTファシリティーズ、日立化成、日立情報通信エンジニアリングが共同で取り組んでいる「ドイツ連邦共和国におけるスマートコミュニティ実証事業」において、太陽光パネル、蓄電池、ヒートポンプ、HEMSを組み合わせたシステムの実証運転を開始したとNEDOは発表しました。

スマートメーターの導入計画についての写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2015年08月13日

新電力ネット運営事務局

スマートメーターの導入計画について

スマートメーターとは、通信機能を備えた電力メーターのことです。電力事業者にとっては、事業の経済性向上に繋がり、電力利用者に対する新たなサービス提供にも繋がります。

七夕や夏至にライトダウンの全国キャンペーン、4時間の消灯で700万円の節電見込みの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月19日

新電力ネット運営事務局

七夕や夏至にライトダウンの全国キャンペーン、4時間の消灯で700万円の節電見込み

「ライトダウンキャンペーン」は、環境省の提唱したもので、施設や家庭の照明を消すことを呼びかけるものです。6月21日(夏至の日)及び7月7日(クールアース・デー、七夕)の夜8時から10時までの2時間、ライトダウンを実施するプロジェクトとなります。