スマートメーターの導入計画について

2015年08月13日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

スマートメーターの導入計画についての写真

スマートメーターとは、通信機能を備えた電力メーターのことです。電力事業者にとっては、事業の経済性向上に繋がり、電力利用者に対する新たなサービス提供にも繋がります。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

スマートメーターとは

スマートメーターとは、通信機能を備えた電力メーターのことです。現在の電力メーターは、ほとんどが機械式のメーターで、無線機能や遠隔操作機能は持っていません。このスマートメーターが普及することにより、電気事業者にとっては、毎月の電力量を調べるための人件費削減や、電力使用量を正確に計測できるなどといった経済的なメリットが発生します。電気を使う側にもメリットがあり、例えばデータ通信機能を使って、電気消費量を30分ごとにパソコンやスマートフォンに知らせるといったサービス利用も可能になります。

導入期間

スマートメーターが日本全体に設置される目標時期は、2024年度末となっています。高圧部門(工場等)については、2016年度までに全数スマートメーター化し、低圧部門(家庭等)については、2024年度末までに導入する見込みです。スケジュールのイメージについては、下の表をご確認ください。

スマートメーターの導入計画

次の記事:スマートメーター活用のサービスについて

123
はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月10日

新電力ネット運営事務局

凸版印刷が電子ペーパーPOP開発、電気代いらずで販促強化

3月10日、凸版印刷(本社:東京都千代田区)は、屋内の光だけで稼働する電子ペーパーPOPを開発したと発表しました。スーパーやドラッグストアなどの店頭販促向けPOPとして、2016年度内のサンプル出荷を目指します。

太陽光発電システム搭載住宅のゼロエネルギー邸が59%、蓄電池で自給率倍増の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年03月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電システム搭載住宅のゼロエネルギー邸が59%、蓄電池で自給率倍増

3月9日、積水化学工業が「太陽光発電システム搭載邸のゼロエネルギー達成度及び蓄電池搭載邸の運転実績調査(2015)」を発表しました。太陽光発電・HEMS搭載住宅のゼロエネルギー達成度と、蓄電池の運転実績等を調査した内容となっております。

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月25日

新電力ネット運営事務局

100%電気の力で走る自動車のみ販売できる法案、オランダで可決可能性

オランダにおいて、2025年までに電気自動車以外の車両販売を禁止する法案が可決する見込みです。ガソリン車やディーゼル車だけではなく、ハイブリッド車までも規制の対象となる可能性がある内容となっています。

九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月16日

新電力ネット運営事務局

九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献

5月11日、福岡工業大学(福岡市東区)工学部電気工学科の田島研究室は、焼酎製造時に生じる「粕(かす)」を活用した充電池を開発したと発表しました。九州で大量に発生する焼酎かすの新たな活用法を開拓したことで、地域の環境保護や産業の活性化が期待されます。

保守管理を重視する改正FITに向け、ドローンによる太陽光パネル検査サービス開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年10月03日

新電力ネット運営事務局

保守管理を重視する改正FITに向け、ドローンによる太陽光パネル検査サービス開始

エナジー・ソリューションズ株式会社(東京都千代田区)は、ドローンを活用したIR(赤外線) 検査サービス「ドローンアイ」を 9 月 12 日より提供開始しました。2MW ソーラーの検査が15 分程度で可能であり、従来のソーラーモジュールIR検査と比較し約3分の1のコストに抑えられるといいます。