108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象|PPS-NET

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象

2017年04月11日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象の写真

昨今、国際的にもCO2排出抑制に対する意識が高まっており、経済的かつ効果的な対策の重要性が増しています。そうした中、事業者による省エネの取り組みを促進するため、省エネ診断に係る費用を補助する制度が実施されます。5月から受付開始ですが、4月中の予約で上限まで埋まる可能性の高い補助金となっています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

省エネ診断や省エネ設備を導入する際に補助

昨今、パリ協定など国際社会から二酸化炭素削減への要請が高まっていることもあり、国としても対策をする必要性が高まっています。そのような環境のため、昨年から引き続き、平成29年度も環境省の「CO2削減ポテンシャル診断推進事業」が実施されることとなりました(図1)。この補助金の目的は、設備機器の効率的な運用や低炭素機器の普及を促進し、環境保全に資することです。この補助金により、企業等が省エネ診断を実施し、省エネ設備を導入する際の費用負担が軽減することが見込まれます。

CO2削減ポテンシャル診断推進事業の概要

図1 CO2削減ポテンシャル診断推進事業の概要 出典:環境省

108万円の省エネ診断に100万円の補助

補助金の内容としては、診断機関が派遣され、設備の導入・運用状況、エネルギー消費状況を確認し、現場に合った具体的なCO2削減対策が提案されるものです。対象は、直近年度のCO2の年間排出量が50トン以上3000トン未満の事業所であり、交付額は上限100万円です(表1)。消費税も含め、108万の費用が必要となる省エネ診断であっても、この補助金を利用することで消費税分の8万円の負担ですむこととなります。

年間CO2排出量 募集コース 上限額(税別) 公募期間
50t以上3,000t未満 計測あり 100万円 平成29年5月1日~5月31日の17時必着
計測なし 50万円

表1 出典:低炭素エネルギー技術事業組合資料より作成

平成28年度の採択数は606件

平成28年度の採択実績では、606件の応募があり、その内557件が採択されました(表2)。採択率は9割以上と非常に高いですが、応募する事業者も多く予算額に達するのも早いです。そうしたこともあり、平成29年度においては5月から公募が始まりますが、確実性を高めるためには早め(4月中目安)に診断機関などに相談することが重要です。

なお、本補助金を受けたい場合は、当センターにおいても診断機関を紹介することが可能ですので、ご希望の方はお問い合わせフォームにてご連絡ください。

応募件数 採択件数
606 557

表2 出典:低炭素エネルギー技術事業組合資料より作成

過去の事例、ピークシフトやインバーター導入で省エネ対策

これまでの事例として、例えばコネクタ、ICソケットを製造する企業の省エネ対策を見てみます。このケースにおいては、既に空調負荷対策、水銀灯のLED化などの省CO2対策を実施してきましたが、一層の対策実施の知見を得るため、省エネ診断を受けた背景があります。その結果、クリーンルームの運用改善を実施するほか、ファンのインバータ化やデマンドピーク対策により、計約170t-CO₂/年の削減が可能であると試算されました(図2)。これは一つの事例ですが、様々な業種・業態の事業所が専門的な省エネ診断に基づき、改善の知見を得ることが可能です。

診断事例(コネクタ、ICソケット製造)

図2 診断事例(コネクタ、ICソケット製造) 出典:低炭素エネルギー技術事業組合

省エネ診断を受けた企業、省エネ設備の投資も3分の1が補助

上記の省エネ診断を受けた事業所については、省エネ設備を導入すると対象経費の3分の1(中小企業は原則として2分の1)の補助を受けることも可能です。高効率空調機への更新など、診断の提案に基づいた低炭素機器の導入や運用改善等の対策を実施することで、CO2の年間排出量を10%以上(中小企業以外は20%以上)削減できる事業者が対象となります。下記の図は昨年度(平成28年度)の補助事業概要ですが、29年度も近い形になることが想定されます(図3)。

平成28年度の事業による基本要件

図3 平成28年度の事業による基本要件 出典:低炭素エネルギー技術事業組合

設備導入に対する補助金の公募は2度あり、一度目は5月開始、そして2回目は8月開始の各々ともに一ヶ月間です(表3)。なお、補助の対象となる経費は、当該事業における①本工事費(材料費・労務費・直接経費・共通仮設費・現場管理費・一般管理費)、②付帯工事費、③機械器具費、④測量及試験費、⑤設備費、⑥事務費となります。

対象 条件 上限額(税別) 公募期間
CO2削減ポテンシャル診断事業を受診した事業所 CO2の年間排出量を10%以上(中小企業以外は20%以上)削減
  1. 補助対象経費の3分の1(中小企業は原則として2分の1)
  2. 上限額は3000万円(LED照明機器の導入事業では1500万円)
  1. 第1次公募:平成29年5月1日~5月31日の17時必着
  2. 第2次公募:平成29年8月1日~8月31日の17時必着

表3 出典:低炭素エネルギー技術事業組合資料より作成

設備投資の補助、昨年は111件の応募があり72件が採択

設備投資の補助については、平成28年度の実績として111件の応募があり72件が採択されました(表4)。6割程度の採択率であり、9割の採択率を持つ省エネ診断と比較すると割合が下がる結果となっています。

応募数 採択数
一次公募 10 7
二次公募 101 65

表4 出典:低炭素エネルギー技術事業組合資料より作成

省エネ診断を実施する診断企業を探している方

省エネ診断・設備投資の補助金を受けたい場合は、当センターにおいても診断機関を紹介することが可能ですので、ご希望の方は下記お問い合わせフォームにてご連絡ください。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月11日

新電力ネット運営事務局

108万円の省エネ診断に100万円の補助、CO2排出が50トン以上3000トン未満の事業者が対象

昨今、国際的にもCO2排出抑制に対する意識が高まっており、経済的かつ効果的な対策の重要性が増しています。そうした中、事業者による省エネの取り組みを促進するため、省エネ診断に係る費用を補助する制度が実施されます。5月から受付開始ですが、4月中の予約で上限まで埋まる可能性の高い補助金となっています。

省エネや補助金の獲得につながるIoT、新電力企業が取り組む実例から見るの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年09月14日

新電力ネット運営事務局

省エネや補助金の獲得につながるIoT、新電力企業が取り組む実例から見る

今後、スマートな工場・ビル・住宅の実現により500万kl近くのエネルギーが削減できると見込まれています。このコラムでは、新電力企業による「電力の見える化」サービスや、それに付随する補助金獲得の優位性について見ていきたいと思います。

エネルギー使用合理化補助金の公募開始、評価項目には政策的意義もの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月07日

新電力ネット運営事務局

エネルギー使用合理化補助金の公募開始、評価項目には政策的意義も

6月6日、環境共創イニシアチブは「平成28年度 エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」の公募を開始したと発表しました。期限は、平成28年7月1日(金)17:00必着です。省エネや電気需要平準化で幅広く使える補助金となります。

再エネ補助金開始、固定価格買取制度(FIT)を使わない設備で利用可能の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月09日

新電力ネット運営事務局

再エネ補助金開始、固定価格買取制度(FIT)を使わない設備で利用可能

4月28日、再エネ設備の導入を支援する補助金「再生可能エネルギー事業者支援事業費補助金」の公募が開始しました。固定価格買取制度の設備認定を受けない発電設備などを対象に費用補助を実施する内容となっております。

蓄電池補助金、補助額が3倍の30万円/kWに、申請期間も1年間延長の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月13日

新電力ネット運営事務局

蓄電池補助金、補助額が3倍の30万円/kWに、申請期間も1年間延長

本コラムでは、蓄電池と再エネ設備で利用できる「再生可能エネルギー接続保留緊急対応補助金」について概要を見ていきたいと思います。公募期間が1年間延長され、補助額の計算も申請者にとって有利な改革が実施されました。