独フォルクスワーゲン、ボタン一つで完全自立運転、そして会話も可能な電気自動車を発表

2017年03月09日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

独フォルクスワーゲン、ボタン一つで完全自立運転、そして会話も可能な電気自動車を発表の写真

3月6日、独フォルクスワーゲンはワンタッチで完全自立運転が可能な電気自動車「セドリック」についての情報を公表しました。自動運転だけではなく、乗客は目的地、行き方、運転時間、現在の交通状況、途中での短い休憩などについてセドリックと話すこともできます。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

フォルクスワーゲン初のコンセプトカーは、自立運転のEV

2017年度の第87回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、フォルクスワーゲンは「セドリック」を発表しました。人間の運転手が必要ではなく完全自立の電気自動車であり、フォルクスワーゲングループの最初のコンセプトカーとなります。

フォルクスワーゲングループにおける歴史変革プロセスは、「TOGETHER – Strategy 2025」によって始まりました。このグループ戦略における目標は、持続可能なモビリティを世界中に供給する企業の一つとなるため、新しい道を切り開くことです。この道のりにおいて、同社は現状のところは、従来の自動車製造において強みを維持していますが、これからは新しい優先事項を定義しています。その一つがeモビリティの推進であり、今回のジュネーブ国際モーターショーにおけるセドリックの発表は、そうした将来への戦略を示す具体的な前触れを提示した形となりました。

セドリックとフォルクスワーゲンCEOのMatthias Müller氏

セドリックとフォルクスワーゲンCEOのMatthias Müller氏 出典:Volkswagen

フォルクスワーゲングループはヨーロッパ最大の自動車メーカーであり、153カ国で車両を販売しています。欧州20カ国に120の生産拠点を持ち、さらにアメリカ、アジア、アフリカなど11カ国に展開しています。世界中の610,000人以上もの従業員が連日約42000台のペースで車両を生産しています。2017年には、約60種類もの新型車を世界中の顧客に届ける予定としています。

ボタンを押すだけで自動運転

セドリックが開発されたときに定義された目標は、一貫した削減、シンプルな操作、そして直観的にわかるハンドリングです。そうした観点から、ボタンを押すだけでセドリックは事前に指示した時間に正確に到着し、ユーザーを認識して両開きのドアを解放します。

開口部は広く、高いので、荷物があっても乗客が入ることができるよう設計されています。また、袋やスーツケースを入れるための余裕が十分にあり、これまでの自動車では不可能であった「ラウンジ」のような空間を提供できるとしています。こうした構造も、運転手が必要ではないためステアリング、ペダル、操縦席を取り除くことができるからです。

外観に関しては、新しいエンジニアリング構造により、モノリシックなボディが可能になりました。バッテリーパックは平らで、車軸の間に構成されています。また、コンパクトな電動モーターは車輪の高さにありますので、オーバーハング部分のスペースを取りません。ただ、自動運転センサとコンピュータなどのシステムは、前後のオーバーハングに配置されていますが、それも非常にコンパクトです。

会話もできる、フロントガラスはOLEDスクリーン

乗客が車に入ると、セドリックと会話することができます。乗客は目的地、行き方、運転時間、現在の交通状況、途中での短い休憩などについてセドリックと話すことができます。こうした機能があり、ユーザーはセドリックと個人秘書のように話すことができます。

フロントガラスは大きなOLEDスクリーンとなっており、これまでのように外の景色を見るだけでなく、通信やエンターテインメントのモニターとしても利用できます。

自動運転と人工知能のためのコア技術に数十億ユーロを投資

CEOのMatthias Müller氏によれば、フォルクスワーゲンは今後数年間、自動運転と人工知能のためのコア技術に数十億ユーロを投資するとしています。また、「TOGETHER – Strategy 2025」に示されているeモビリティの推進についても、2025年までに30以上の純粋な電気のみで駆動する自動車が発売される予定です。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

業界初、エネルギーハーベスティングによるIoT技術を活用したスマート農業の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月17日

新電力ネット運営事務局

業界初、エネルギーハーベスティングによるIoT技術を活用したスマート農業

4月25日、ふくしま未来農業協同組合は、NTT東日本の圃場センシングソリューションを導入し、4月より運用を開始したと発表しました。果樹の防霜対策を目的としており、業界初のエネルギーハーベスティングによるスマート農業の推進事例となります。

家庭用の蓄電池を「ブロックチェーン」で統合、再エネの出力制御を抑えるプロジェクト始動の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月08日

新電力ネット運営事務局

家庭用の蓄電池を「ブロックチェーン」で統合、再エネの出力制御を抑えるプロジェクト始動

5月2日、欧州の大手送電事業者TenneT社とドイツの蓄電池開発などを手がけるsonnen社は、再エネの出力変動が及ぼす送電網への影響を抑える実証プロジェクトを共同で開始すると発表しました。複数の家庭用蓄電池を「ブロックチェーン」で制御することで、再エネの出力制御を軽減することが期待されます。

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月24日

新電力ネット運営事務局

滑走路いらず、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」が飛行成功

4月20日、Liliumはドイツのバイエルン州において、垂直離着陸ができる世界で初めての電動飛行機「Lilium Jet」の飛行試験が成功したと発表しました。電動のため環境や騒音への影響が少なく、滑走路も必要でないことから、都市部での利用可能性も期待できます。

ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月19日

新電力ネット運営事務局

ほぼ100%の変換効率へ、省エネかつ長寿命なディスプレイ、ケンブリッジ大学が発見

3月30日、ケンブリッジ大学はイースト・アングリア大学、東フィンランド大学とのチームにおいて、変換効率がほぼ100%のディスプレイを開発したと発表しました。分子を回転させるこの新技術により、これまでより明るく・省エネでかつ長寿命なポテンシャルを実現します。

電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月17日

新電力ネット運営事務局

電気飛行機が世界最速の337.50km/hを達成、100人を1000km運ぶ旅客機に活用予定

4月4日、シーメンスは電気飛行機「330LE」のプロトタイプにおいて、世界最高記録である340km/hを達成したと発表しました。重量わずか50kgのモーターで260キロワットの出力を実現し、グライダーを76秒で600メートルまで引き上げる牽引力もあります。