北海道電力によるエリアインバランスの誤算定、全国のインバランス料金にも影響が及ぶ

2017年02月03日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

北海道電力によるエリアインバランスの誤算定、全国のインバランス料金にも影響が及ぶの写真

中部電力に引き続き、北海道電力も1月23日に誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響を経産省に報告しました。誤算定によるエリアインバランス量は合計で約3億58百万kWhとなります。また、今回の誤算定で全国各エリアのインバランス料金精算にも影響が及びます。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

北海道電力、誤算定によるエリアインバランス量を経産省に報告

中部電力に引き続き、北海道電力は1月23日に誤算定によるエリアインバランス量(kWh)報告値への影響を経産省に報告しました。2017年1月12日に、北海道電力が経済産業省へインバランス誤算定を報告し、同日付で経済産業省から報告徴収を受領したことへの対応となります。今回の1月23日における報告の前、1月18日にも誤算定の概要、原因、再発防止策等について取りまとめ、経済産業省へ報告しています。

2016年4月から11月までの、誤算定がなかった場合のエリアインバランス量は合計で約1億97百万kWhの不足となります。また、誤算定によるエリアインバランス量は合計で約3億58百万kWhとなります(図1)。

誤算定によるエリアインバランス量(kWh)への影響

図1 誤算定によるエリアインバランス量(kWh)への影響 出典:北海道電力

なぜ誤算定したのか

エリアインバランスは、発電インバランス(発電実績 - 発電計画)と 需要インバランス(需要計画 - 需要実績)を加算したものです。このエリアインバランスの算定について、域外分の考慮漏れがあり、それが誤算定の原因だと考えられています(図2)。

北海道におけるエリアインバランスの誤算定例

図2 北海道におけるエリアインバランスの誤算定例 出典:北海道電力

今回、北海道のエリアおよび需要インバランスが正しく算定されていなかったことにより、現行のインバランス制度が開始された平成28年4月以降の調整項(α値)の算定に影響を及ぼすこととなります。調整項(α値)の算定に影響を及ぼしているため、調整項(α値)の補正が必要となります。つまり、北海道エリアのみならず、全国各エリアのインバランス料金精算にも影響が及ぶこととなります(図3)。

北海道電力のエリアインバランス誤算定による全国への影響イメージ

図3 北海道電力のエリアインバランス誤算定による全国への影響イメージ 出典:北海道電力

改善や再発防止に向けた取り組み、システム改修による対策などで対応

北海道電力は今回の件について、改善策と再発防止策を打ち出すことにより対応するとしています。まず、改善策としては「システム改修による対策」を実施するとしています。内容としては、託送業務システムの改修を実施し、エリアインバランス算定の定義を正しいものに見直すものです。

これまで、エリアインバランス算定プログラムの作成に際して、仕様の根拠となる書類等の確認が不十分であり、本来考慮すべき「域外分」の加減がシステムに反映されていなかったとしています。この託送業務システム改修は、平成29年3月末完了を目指すとのことです。なお、それまでの対策としては、暫定的に、手処理によりエリアインバランス によりエリアインバランス算定を実施します。

再発防止策としては、「システム構築におけるチェック体制の強化」を実施するとしています。まず、これまでの問題点として下記の2点を挙げています。

  1. 制度変更に関する情報収集の不足
  2. 仕様の確認が不十分

上記2点の問題点に対応するために、「システム構築におけるチェック体制の強化」として、下記3点の対応をとるとしています。

  1. 他の一般送配電事業者と連携した自社仕様の確認
  2. システム仕様検討箇所による確実な仕様確認
  3. 再発防止対策の水平展開を実施

電力の安定供給には影響なし

今回のエリアインバランスの誤算定について、インバランス料金はあくまで発電・小売電気事業者等と一般送配電事業者との間の取引に関するものです。そのため、一般の電気を利用している需要家にとっての影響はないものとしています。

ただ一方では、発電・小売電気事業者等には一定の影響・損害が発生してしまいます。その損害の度合いについては、北海道電力だけでは算定できないため、関係機関等と協力しながら算定作業を進めるとのことです。その算定結果をもとに、影響のある団体等と協議を進めるとしています。

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

2017年度のインバランス単価が決定、平均は6.41円/kWhとなり昨年から2.39円の引き下げの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月23日

新電力ネット運営事務局

2017年度のインバランス単価が決定、平均は6.41円/kWhとなり昨年から2.39円の引き下げ

3月21日、経済産業省は「インバランス料金の算定の基となる単価の告示」を行いました。平均は6.41円/kWhとなり、昨年度の8.80円と比較すると2.39円(約27%)の引き下げとなります。

ガス自由化の認知度は約7割、内閣府がガスと電力の自由化アンケートを集計の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月22日

新電力ネット運営事務局

ガス自由化の認知度は約7割、内閣府がガスと電力の自由化アンケートを集計

3月2日、内閣府の「消費者委員会第28回公共料金等専門調査会」において、電力・ガス小売自由化に関する消費者意識のアンケート分析結果が発表されました。一次調査では全国の男女40000人に対して、平成29年1月~2月にインターネット調査により実施されています。ガス自由化の認知度や、電力自由化における比較サイトの利用状況などが集計された内容となります。

ガスと電力を比較する、エネルギーの利用用途と自由化による競争(6)の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月07日

新電力ネット運営事務局

ガスと電力を比較する、エネルギーの利用用途と自由化による競争(6)

前回から引き続き、「電力とガスの違いについて~それぞれの特徴から考察する~」といったテーマにて連載コラムを掲載いたします。第6回目となる今回は、そもそもガスと電気というエネルギーはどのように利用され、それがエネルギー間の競争に繋がるのか、といったことを見ていきます。

ガスと電力を比較する、自由化によって参入する企業の動向・特徴(5)の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年03月01日

新電力ネット運営事務局

ガスと電力を比較する、自由化によって参入する企業の動向・特徴(5)

前回から引き続き、「電力とガスの違いについて~それぞれの特徴から考察する~」といったテーマにて連載コラムを掲載いたします。第5回目となる今回は、自由化によって参入した企業数や動向、そして各企業の特徴について見ていきたいと思います。

ガスと電力を比較する、自由化されるセグメントや需要全体における市場規模(4)の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年02月28日

新電力ネット運営事務局

ガスと電力を比較する、自由化されるセグメントや需要全体における市場規模(4)

前回から引き続き、「電力とガスの違いについて~それぞれの特徴から考察する~」といったテーマにて連載コラムを掲載いたします。第4回目となる今回は、自由化によって生まれる市場や、そもそもの需要全体における市場規模について見ていきます。