世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年01月26日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

石炭火力発電のCO2回収、政府による補助がない事例としては世界初

CO2の排出量が多い石炭火力発電所において、CO2の回収技術は非常に重要です。このCO2回収技術について、インドのCarbon Clean Solutions社は政府の補助金なしでビジネス運用できる画期的な技術の計画を発表しました。

この技術・システムは、インド南部のTuticorin市に建設された化学プラントに設置されました(図1)。発電所は10メガワットの規模であり、計画通りに進めば、年間で約6万トンにも及ぶCO2が回収されます。それら回収したCO2は、Tuticorin Alkali Chemicals & Fertilizers社によって、生活用品・医薬品・先端技術の分野まで幅広く利用される重曹の生産に利用されます。

回収したCO2は重曹生産に利用

今回の新しい方式によるCO2回収の要は、特殊な新しい溶媒の利用にあります。現在CO2回収貯蔵に使われているアミン系溶媒に比べ、効率ではわずかに上回る程度ですが、稼働に必要なエネルギーが少なく、腐食性などでも優るため、初期費用・維持費用ともに大きく抑えられるとのことです。その結果、二酸化炭素1トン当り$60~90と考えられているコストから、$30へ削減できると考えられています。

CO2回収については、回収貯蔵(CCS=Carbon Capture and Storage)に関するものもありますが、今回の技術は再利用(CCU=Carbon Capture and Utilisation)する方式です。CCSは、排出されるCO2を地中に押し込めますが、CCUでは回収したCO2を早期に再利用します。Tuticorin市のプラントは、CO2を重曹生産に利用しており、世界初の補助金を活用しないCCU活用の発電所といえます。

Carbon Clean Solutions社では、世界中で石炭から排出されるCO2のうち、回収・再利用が可能な割合は5~10%と想定しています。この割合であると、再生可能エネルギー等と比較すると温暖化への影響は限定的であるといえます。ただ、産業用の蒸気ボイラーを現実的に0にすることは難しく、さらに再利用可能エネルギーでボイラーを動かすのも難しいため、今回の技術が温暖化の緩和に貢献することが期待されます。

石炭火力発電所の外観

図1 石炭火力発電所の外観 出典:Carbon Clean Solutions

石炭火力発電の世界における流れ

石炭火力発電はCO2排出量等が問題となり、日本など一部の例外はありますが、特に先進国においては縮小の方向に向かっています。例えば、イギリスは2025年までに石炭火力の利用を終えると発表し、フランスはパリ協定の国際的なリーダーとして、輸出信用への厳しい制限および国内の石炭火力発電所の閉鎖などを実施しています。

G7伊勢志摩サミットの直前の2016年5月20日に、英国シンクタンク「Third Generation Environmentalism」が発表した先進7か国(G7)の石炭に関するスコアカードを見てみます。そのスコアカードによると、日本は最も石炭火力発電の新規計画が多いとされています。また、閉鎖される発電所の数も非常に少ないです(図2)。「Third Generation Environmentalism」によると、日本には約50基の建設計画があり、その設備容量は22.5ギガワット、CO2排出量は年間1億3500万トンに達します。そうしたこともあり、G7における石炭スコアカードにおいて、最下位のランキングとなりました。

大きな流れとしては、特に先進国において、石炭火力発電所は世界的に縮小の傾向にあります。この流れの根本は石炭火力発電所によるCO2の排出量にあり、その課題が解決されなければ発電所の廃止は徐々に広がっていくものと考えられます。今回の技術は、そうした石炭火力発電所のCO2排出を再利用するものであり、環境貢献も含め、新たなビジネスを生み出していくことが期待されます。

G7における石炭火力発電の動向

図2 G7における石炭火力発電の動向 出典:Third Generation Environmentalism

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年01月26日

新電力ネット運営事務局

世界初、政府の補助金なしでCO2の回収から重曹の生成までする石炭火力発電所

2017年1月、インドのCarbon Clean Solutions社は、世界初となる政府による補助金を活用しないCO2回収技術を用いた石炭火力発電の計画を発表しました。これまで高コストであったCO2回収技術を半分以下に抑えることで、補助金なしのビジネス展開を可能としています。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスクの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月09日

新電力ネット運営事務局

石炭火力による健康被害の想定値、東京・千葉において260人/年の早期死亡リスク

グリーンピース・インターナショナルのラウリ・ミルヴィエルタ氏は、5月に「新規石炭火力発電所による 大気環境および健康への影響 」の調査結果を発表しました。調査によると、今後の新規石炭火力の建設における健康リスクは、260 人/年(95%信頼区間 140〜370)の早期死亡者数と、30人の低出生体重児として現れます。

都市ガスの安定供給評価、南海トラフ地震でも重大被害は発生しない想定の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月27日

新電力ネット運営事務局

都市ガスの安定供給評価、南海トラフ地震でも重大被害は発生しない想定

4月22日、ガスシステム改革小委員会が開催され、震災におけるガス供給安定性の評価について議論されました。これまでに発生した地震におけるガス関連設備の被害などを整理し、将来大地震が発生した際の影響を評価する内容です。

石炭火力発電の最高峰、IGFCの実現に向けて一歩前進の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月06日

新電力ネット運営事務局

石炭火力発電の最高峰、IGFCの実現に向けて一歩前進

4月4日、NEDOはCO2分離・回収型酸素吹IGCCの実証事業を今年度から開始したと発表しました。石炭火力発電から排出されるCO2を大幅に削減することが可能であり、IGFCの実現にも繋げる内容となります。