太陽光発電の満足度調査、国産メーカーが満足度上位にランクイン

2017年01月24日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

太陽光発電の満足度調査、国産メーカーが満足度上位にランクインの写真

住宅リフォーム関連サービスを展開するローカルワークスは、1月19日に太陽光発電メーカーの満足度調査結果を発表しました。アンケートを利用した調査を実施しており、太陽光発電を実際に導入した950人を対象としています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

メーカー別の満足度、東芝製品が一位を獲得

日本における太陽光発電の導入量は、2012年に始まった固定価格買い取り制度(FIT)の後押しもあり近年飛躍的に伸びています。FITの始まる前である2011年には総発電量に占める太陽光の割合は0.6%程度でしたが、2015年には3.3%程度と、たったの4年間で5倍以上に伸びています。

このようにFITによる太陽光発電ブームが到来したのですが、実際に太陽光発電を導入した方々は満足しているのか、といったことを調べたのが今回のアンケート調査です。ローカルワークスが今回実施したアンケートは、5年以内に太陽光発電を導入した、戸建て住宅に住む25歳以上の950名を対象としたものです。性別は、男性が63%、女性が37%という内訳となります。住まいのエリアは、関東地方が34%、近畿地方が17%、東海エリアが13%、北海道・東北エリアが12%、九州・沖縄エリアが10%、中国・四国地方が9%、北陸・北信越エリアが5%です。

アンケートの集計結果を見ると、「大変満足」、もしくは「満足」と回答した割合が最も高かったメーカーは東芝でした。大変満足が6%、満足が63%となりますので、合計で7割近くが満足以上の感想を持っている結果となりました。次点で京セラが2位となり(54%)、パナソニック(53%)、シャープ(51%)、三菱電機(49%)と続きます(図1)。 東芝、パナソニックなど国産メーカーが満足度上位にランクインする結果となりました。

満足度調査の結果

図1 満足度調査の結果 出典:ローカルワークス

見積もり依頼した会社数、1社のみが約半数の46%

太陽光発電を導入するにあたっては、業者に見積もり依頼をする必要があります。その見積もりをする企業数ですが、1社のみとの回答が46%になっています。一方で、2社以上から相見積りを取る割合は54%でした。概ね半々ですが、相見積を取るケースの方が若干回答数が上回る結果となりました。

太陽光発電の購入先は、リフォーム専門店が最も多く25%となりました。次点で家電量販店(19%)、ホームセンター(9%)、ネット専門店(7%)と続きます(図2)。太陽光パネルを取り扱うウェブサイトも増えてきていますが、リフォーム専門店・家電量販店・ホームセンターを合わせると、半数以上が実際の店舗などに足を運んで購入する結果となりました。

太陽光発電の購入先、見積件数

図2 太陽光発電の購入先、見積件数 出典:ローカルワークス

約半数が10年間で初期費用を回収可能という結果に

太陽光発電は数百万円するケースも珍しくありません。一般的には高価な買い物であり、初期費用の投資回収期間は非常に重要な要素です。今回のアンケート調査では、実際に太陽光発電を導入した後で、10年で初期費用を回収できると答えた割合は44%でした。一方で15年以上と長期にわたるケースは19%となり、逆に9年以下と短期のケースは13%でした。日射量や屋根の角度・形状など、どれだけ太陽光にとって適地であるかといった要素が、大きく影響を与えていると考えられます。

では、導入前のシミュレーションではどのような結果になっているのでしょうか。太陽光発電の導入を検討する際はシミュレーションを実施しますが、10年で初期費用を回収できると考えていた割合は74%です。ただ、前述の通り実際に設置した後の測定では、10年で回収できる割合は44%でした。9年以下の場合は、シミュレーションの見込みでは11%、実際の測定では13%となっています(図3)。つまり、シミュレーションよりも投資回収期間が短くなる運のよいケースも稀にありますが、期間が多少なりとも長くなるケースの方が多い結果となりました。

費用回収期間の見込みと実情

図3 費用回収期間の見込みと実情 出典:ローカルワークス

太陽光発電を導入して満足している意見を個別に見てみると、例えば「発電量と使用電気料が分かるので節電の意識が高まる」、「売電収入がある上に電気料金が下がったこと。環境に貢献しているという満足感もある。」、「当初計画した通りの収入を手間をかけずに得ることができていること。」、「太陽光発電に加えてオール電化も導入し、深夜電力のおかげで光熱費が非常に浮いている。」などという意見がありました。単純な売電収入だけではなく、節電意識が高まったことや、オール電化導入による経済メリットなどが満足度を押し上げているといえます。

一方で不満な点は、「天気が悪いと発電効率が落ちてしまうところ。」、「見積通りに設置費用を回収できるか、非常に不安。」、「光の反射で近所の人に迷惑をかけていないか不安になるところ。」、「今後はメンテナンスや交換が必要になってくると思うと心配。」、「屋根においてあるソーラーパネルの見栄えが良くない。」などという意見がありました。理由は多岐にわたりますが、天候による不安定さ、今後の収益性やメンテナンスの必要性、近隣住民への影響などをデメリットとして挙げる声があるようです。

太陽光発電にはメリットもデメリットもそれぞれあり、設置者の環境により投資回収期間も大きく変わります。今回のアンケート調査は、実際の購入者の生の声を集計したものであり、こうした意見が業界に反映され、顧客満足度を高めていくことが期待されます。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月28日

新電力ネット運営事務局

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWh

4月28日、ソフトバンクグループのSBエナジーと三菱UFJリースは、大規模太陽光発電所である「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク 2」を設置し、共同で発電事業を行うと発表しました。出力規模は約 64.6MWとなり、蓄電池併設型の太陽光発電としては国内最大級となります。

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月26日

新電力ネット運営事務局

改正FITに伴う太陽光発電の認定失効、認定された約315万件の内45万件以上が失効見込

4月21日、経済産業省は改正FIT法に伴う認定失効について、全国で45.6万件が失効する見込みだと発表しました。出力ベースに換算すると2766万kWとなる見込みであり、認定された出力全体の約4分の1にあたる規模となります。

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月20日

新電力ネット運営事務局

風力発電で圧縮空気を作り蓄電する、天候による出力変動を制御する技術

4月20日、NEDOと早稲田大学、エネルギー総合工学研究所は、圧縮空気エネルギー貯蔵システムの実証試験を開始したと発表しました。従来、風力発電は天候による出力変動が課題でしたが、電気が余っているときに圧縮空気とすることで蓄電池のような役割を持たせることができます。

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月18日

新電力ネット運営事務局

太陽光のZEN POWERが破産、FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高

帝国データバンクによると、福岡のZEN POWER(資本金3000万円、福岡市博多区博多駅前2-3-7)は、2016年12月22日に福岡地裁へ自己破産を申請、4月5日に同地裁より破産手続き開始決定を受けました。FIT導入後では3番目の規模、九州では過去最高の太陽光関連の倒産となります。

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクトの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月14日

新電力ネット運営事務局

「12」の再エネ普及対策、今後5年間の各府省庁による連携プロジェクト

4月11日、「再生可能エネルギー・水素等関係府省庁連絡会議」の第1回が開催され、水素・再エネの導入拡大に向けた取り組みが検討されました。このコラムでは、今後5年間程度の再生可能エネルギー導入拡大に向けた、各府省庁の連携プロジェクトについて見ていきます。