箱根で日産の電気自動車をカーシェアリング、神奈川県が実施

2016年06月21日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

箱根で日産の電気自動車をカーシェアリング、神奈川県が実施の写真

6月20日、神奈川県は箱根のホテルに電気自動車を配置し、カーシェアリングモデル事業「かながわEVシェアリングIN箱根」を実施すると発表しました。観光客のレンタル利用と、ホテルの業務にも電気自動車を活用することにより、電気自動車の一層の普及拡大を図ることを目的としています。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

箱根で電気自動車のカーシェアリング

「かながわEVシェアリングIN箱根」は、平成28年7月8日(金)~平成29年1月8日(日) の期間に、電気自動車のカーシェアリングを実施するものです。神奈川県が実施するものであり、貸し出す車種は「日産リーフ」と「日産e-NV200」の2種類となります(図1)。

カーシェアリングで利用される日産リーフと日産e-NV200

図1 カーシェアリングで利用される日産リーフと日産e-NV200 出典:神奈川県

電気自動車の申し込み、貸し出しはホテル(4施設)で行われます(表1)。なお、利用料金はショートコースで15分ごとに300円、ロングコースでは6時間/5,000円、12時間/8,000円などの設定です。ロングコースに関しては、提携施設で利用可能な1,000円相当のクーポンが付いてきます(図2)。

「かながわEVシェアリングIN箱根」の概要

図2 かながわEVシェアリングIN箱根」の概要 出典:神奈川県

ホテル 住所 貸し出し
天成園 足柄下郡箱根町湯本682 リーフ:1台、e-NV200:1台
箱根ホテル小涌園 足柄下郡箱根町二ノ平1297 リーフ:1台、e-NV200:1台
吉池旅館 足柄下郡箱根町湯本597 e-NV200:1台
調整中 リーフ:1台

表1 「かながわEVシェアリングIN箱根」において電気自動車が貸し出されるホテル

電気自動車のカーシェアリング、全国各地で実施

電気自動車を用いたカーシェアリングサービスは、海外ではパリのAutolib(オートリブ)などの先行事例があります。また、国内でも2014年3月の規制緩和によってワンウェイ方式(貸渡し車両が他の路外駐車場等に返還され、必ずしも配置事務所に返還されない形態)でのサービス提供が可能となり、全国で複数の取り組みが行われています。

神戸市にて実施された「sea:mo」

「sea:mo」は、乗り捨て利用が可能なワンウェイ型のカーシェアリングの実証実検であり、2015年8月22日~2016年3月14日までの期間で神戸市にて実施されました。公共交通機関の補完を目的としたものであり、環境省の「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の採択を受けて、日本ユニシス、ユビテック、三菱重工業、六甲産業の4社がコラボレーションし実現したものです。

一般的な乗り捨て方式のカーシェアリングの場合、車両が特定の貸し出しポートに偏ってしまうことが多く、運用面で課題を抱えていました。しかし、「sea:mo」では車両需給予測システムを使って各貸出ポートの状況から車両の偏りを事前に予測し、効率的な配車・回送を実現ました(図3)。

ポート(乗り捨て場所)の一覧

図3 ポート(乗り捨て場所)の一覧 出典:神戸市

ワンウェイ方式のカーシェアリング、国内初はベンツの電気自動車

メルセデス・ベンツ日本、オリックス自動車、アマノは、2014年9月1日~2015年3月31日の期間、ワンウェイ(乗り捨て)方式のカーシェアリングサービスを実施しました。国内のワンウェイ方式によるカーシェアリングは、これが初の事例となります。サービス名称は、「スマート ワンウェイ カーシェアリング」(愛称「smaco」)であり、神奈川県横浜市内にて実施されました(図4)。

本サービスは、国土交通省通達の「いわゆるワンウェイ方式のレンタカー型カーシェアリングの実施に係る取り扱いについて」に基づき、取り組まれたものです。メルセデス・ベンツのマイクロコンパクトカーである「スマート電気自動車」20台を導入、アマノグループが管理する横浜市内全8カ所の駐車場を拠点にオリックス自動車がカーシェアリングサービスを提供する内容です。

スマート ワンウェイ カーシェアリング(smaco)における貸渡・返却場所

図4 スマート ワンウェイ カーシェアリング(smaco)における貸渡・返却場所 出典:オリックス

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 〒160-0022
東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0858
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

大口需要家、省エネ9割以上が実施、照明関連の取り組みが最多の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年04月12日

新電力ネット運営事務局

大口需要家、省エネ9割以上が実施、照明関連の取り組みが最多

2月中旬から3月上旬にかけ、大口需要家、小口需要家、家庭それぞれに 対して、節電に関するアンケートが9電力会社管内において実施されました。このコラムでは、大口需要家の節電アンケート内容について概観を見ていきたいと思います。

九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年05月16日

新電力ネット運営事務局

九州で大量に発生する焼酎かすを利用した充電池を開発、廃棄に悩む業界に貢献

5月11日、福岡工業大学(福岡市東区)工学部電気工学科の田島研究室は、焼酎製造時に生じる「粕(かす)」を活用した充電池を開発したと発表しました。九州で大量に発生する焼酎かすの新たな活用法を開拓したことで、地域の環境保護や産業の活性化が期待されます。

事業者の省エネ取組をクラス分けする制度開始、約1割に注意文書を送付の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年06月02日

新電力ネット運営事務局

事業者の省エネ取組をクラス分けする制度開始、約1割に注意文書を送付

資源エネルギー庁は、本年度より省エネ取組状況に応じて事業者をクラス分けする「事業者クラス分け評価制度」を開始しました。5月31日、経済産業省は平成27年度定期報告に基づくクラス分け結果をとりまとめ公表しました。

暮らしを豊かにする電力サービス、IoTがもたらす新電力事業の新たな可能性の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年08月18日

新電力ネット運営事務局

暮らしを豊かにする電力サービス、IoTがもたらす新電力事業の新たな可能性

今後の電力業界においては、"モノ"がインターネットとつながる「IoT」が一つの大きなテーマになるといわれています。今回のコラムでは、このIoTがもたらす新電力事業の新たな可能性について、その概要を見ていきたいと思います。

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2016年11月09日

新電力ネット運営事務局

太陽光発電と海水のみで作物を育てられる農場がオーストラリアで開始

これまで、砂漠のように気候条件が厳しく水が少ない地域では、農業を営むことが難しいとされてきました。今回オーストラリアで開始された「Sundrop Farm」は、太陽光と海水を利用することにより、従来は農業に適さないとされた地域でも、高品質な生産物を生み出せるポテンシャルがあります。