固定価格買取制度、2017年3月31日までに接続契約で現行の価格や仕組み維持|PPS-NET

固定価格買取制度、2017年3月31日までに接続契約で現行の価格や仕組み維持

2016年06月13日

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

固定価格買取制度、2017年3月31日までに接続契約で現行の価格や仕組み維持の写真

第190回通常国会にて、固定価格買取制度の根拠となる法律の改正法が5月25日に成立、6月3日に公布されました。現状の固定価格買取制度の価格などを維持するには、2017年3月31日までに接続契約し、速やかに運転開始する必要があります。(一般社団法人エネルギー情報センター 新電力ネット運営事務局)

2017年3月31日までに接続契約で、現行の価格や仕組みを維持

改正FIT法は、再生可能エネルギーの最大限の導入と国民負担の抑制の両立を図り、エネルギーミックスを実現するために見直されたものです。2017年4月1日に施行される見込みとなっております。

現状のFIT法における買取の基本的な仕組みや価格を維持したい場合は、改正FIT法の施行日である2017年3月31日までに電力会社と接続契約を締結し、速やかに運転開始する必要があります。「接続契約」には、工事費負担金の支払いに関する契約を含むため注意が必要です。既に認定を受けている方であっても、平成29年3月31日までに電力会社との接続契約が締結出来ていない場合には、原則として認定が失効されます。

ただし、電力会社との接続契約には時間がかかるために、条件によっては猶予期間が設けられます。例えば、平成28年7月1日以降に認定を受けた場合は、認定から9ヶ月間の猶予が設定されています(図1)。

なお、2017年3月31日までに接続契約を締結したい場合は、2016年6月30日までに接続の申込みするよう各電力会社からHP等で案内がされています。

固定価格買取制度における猶予期間

図1 固定価格買取制度における猶予期間 出典:資源エネルギー庁

認定から運転開始まで、事業用太陽光では3年、住宅用は1年

固定価格買取制度の認定から実際に運転を開始するまでの期限が太陽光発電に設けられます。これまで、買取価格が高いときにFIT認定を受け、太陽光システムが安くなってきたときに運転を開始する事例が目立ったからです。こうなると、太陽光発電の設置者は、FITが想定するIRR以上の利益を享受できる構造となります。

認定から運転開始までの期間は、事業用太陽光では3年、住宅用太陽光で1年となりました。これは、認定~運転開始までの期間の実データや、事業者ヒアリング等を踏まえ、認定取得後の工事や手続等に通常要する時間が考慮された期間となります(図2)。

太陽光の認定から運転開始までの期間の分布

図2 太陽光の認定から運転開始までの期間の分布 出典:資源エネルギー庁

事業用太陽光、期限を過ぎれば毎年買取価格の下落

運開遅延による利益を発生させないよう、3年の期限を過ぎた場合、認定時の価格から買取価格を毎年一定割合(例:年5%)下落させるか、買取期間を短縮されます。系統事由等、個別の事情は考慮されない仕組みとなります。買取価格の引下げ幅・買取期間の短縮度合い等については、今後の調達価格等算定委員会で議論されます。

住宅用は、期限内に運転できない場合は認定を失効

住宅用太陽光に関しては、基本的には系統事由は発生しないため、1年の期限内に運開できない場合は認定が失効されます。

270日ルールについては、自動失効ではなく取り消し事由

土地・設備の確保に関する270日ルールについては、認定の自動失効ではなく、取消し事由となります。また、設備の変更に伴い新しい認定を求め、買取価格を変更させる仕組みは新制度以降は適用しないことも盛り込まれています。

はてなブックマークGoogle+でシェア

執筆者情報

新電力ネット運営事務局の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

新電力ネット運営事務局

EICは、①エネルギーに関する正しい情報を客観的にわかりやすく広くつたえること②ICTとエネルギーを融合させた新たなビジネスを創造すること、に関わる活動を通じて、安定したエネルギーの供給の一助になることを目的として設立された新電力ネットの運営団体。

企業・団体名 一般社団法人エネルギー情報センター
所在地 東京都新宿区新宿2丁目9−22 多摩川新宿ビル3F
電話番号 03-6411-0859
会社HP http://eic-jp.org/
サービス・メディア等 https://www.facebook.com/eicjp
https://twitter.com/EICNET

関連する記事はこちら

パナソニックの太陽光発電、夏場の発電効率低下を約半減、出力温度係数は世界最高水準の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月26日

新電力ネット運営事務局

パナソニックの太陽光発電、夏場の発電効率低下を約半減、出力温度係数は世界最高水準

パナソニックは5月24日、シリコン系太陽電池モジュールの出力温度係数において、量産レベルとして世界最高水準となる-0.258%/℃を達成したと発表しました。同社のこれまでの出力温度係数は-0.29%/℃であったため、0.032ポイント上回る技術向上を実現したこととなります。

大林組、3MWクラスの大型風力発電でも超大型クレーンを使わずに組み立てる装置を開発の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月22日

新電力ネット運営事務局

大林組、3MWクラスの大型風力発電でも超大型クレーンを使わずに組み立てる装置を開発

5月19日、大林組は巴技研と共同で、大型風車であっても超大型クレーンを使わない組み立てを可能とする「ウインドリフト」を開発しました。陸上用では最大規模となる3MWクラス大型風車でも対応可能であり、建設コストの低減も期待できる装置となります。

日本初、三井造船が機械式の波力発電装置を設置、9年間に及ぶ研究成果の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月15日

新電力ネット運営事務局

日本初、三井造船が機械式の波力発電装置を設置、9年間に及ぶ研究成果

5月10日、三井造船は日本で初めて「機械式波力発電装置」を設置し、波力発電の実証試験を開始したと発表しました。新たな運転制御方法の効果、荒天時の耐久性の確認など実証項目を確認し、2017年の夏頃まで実施する予定です。

使用済み食用油から製造されたバイオ混合燃料で飛ぶ旅客機、200人以上が搭乗したエアバスA350で運航の写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年05月10日

新電力ネット運営事務局

使用済み食用油から製造されたバイオ混合燃料で飛ぶ旅客機、200人以上が搭乗したエアバスA350で運航

5月3日、シンガポール空港はサンフランシスコ線に投入するA350-900で、バイオ燃料による太平洋横断飛行を開始したと発表しました。最初のフライトは、5月1日にシンガポール行きの便としてサンフランシスコを出発し、206人の乗客が搭乗しました。

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWhの写真

一般社団法人エネルギー情報センター

2017年04月28日

新電力ネット運営事務局

蓄電池を併設するメガソーラーとしては国内最大級、リチウムイオン電池の容量は17.5MWh

4月28日、ソフトバンクグループのSBエナジーと三菱UFJリースは、大規模太陽光発電所である「ソフトバンク苫東安平ソーラーパーク 2」を設置し、共同で発電事業を行うと発表しました。出力規模は約 64.6MWとなり、蓄電池併設型の太陽光発電としては国内最大級となります。